カテゴリー  [ レース回顧 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サトノクラウンの強さばかりが目立った弥生賞 一方シャイニングレイの敗因は? ~2015弥生賞レース回顧~


 出走11頭中7頭が重賞ホースということで、レベルの高い一戦と呼ばれていた今年の弥生賞。

 結果は人気馬が明暗分ける形となった訳だが、その差は何だったのか?レースを振り返りながら考えてみたい。

スポンサーサイト
[ 2015/03/09 12:39 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

終わってみれば勝って当然だったサクラゴスペル ~2015オーシャンSレース回顧~


 高松宮記念の前哨戦として今年も行われた「第10回 オーシャンステークス(G3)」。

 直線外から豪快の追い込みを決めたのは、7番人気とそれほど高くない評価だった伏兵サクラゴスペルだった。

[ 2015/03/08 20:00 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

雨と展開が有力馬の明暗を分ける結果に そしてブチコの敗因は? ~2015チューリップ賞レース回顧~


  あいにくの雨の中行われた桜花賞トライアル、「第22回 チューリップ賞(G3)」。

 唯一関東からの参戦となったココロノアイが、雨馬場を諸共せずに鋭く伸びて快勝。関東馬有利の桜花賞路線に、また1頭関東所属の有力馬が誕生する結果となった。

[ 2015/03/08 16:00 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

1400mのスペシャリスト誕生!?ダイワマッジョーレが大外一気で阪急杯を制す ~2015阪急杯レース回顧~


 梅雨時ほどではないが、この時期の競馬も意外と雨に祟られることが多い。

 今年は不良馬場での競馬となった阪急杯。果たして高松宮記念に繋がる結果になったのか?各馬の走りを振り返ってみたい。

[ 2015/03/02 21:30 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

怯まず最内を抜けてくる姿に、あの名牝の姿がダブったヌーヴォレコルト ~2015中山記念レース回顧~


 3強対決に沸いた昨日の中山記念。

 雨が降る中、なかなか見ごたえのあるレースが展開された訳だが、上位馬たちのレース振りについて簡単に振り返ってみたい。

[ 2015/03/02 12:10 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

今年のフェブラリーSはスタートから積極的に出していく事の大切さを示すような結果だった ~2015フェブラリーSレース回顧vol.2~


 今年のフェブラリーSのレース回顧。

 今回は2着から5着までに入った馬について考えてみたい。

[ 2015/02/23 12:06 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

天才武豊がレースを支配し、コパノリッキーを連覇へと導く ~2015フェブラリーSレース回顧vol.1~


 史上初となる、同一馬による連覇によって幕を閉じた今年のフェブラリーS。

 勝ち馬コパノリッキーが見せた強さはまごうこと無きものであり、史上初の偉業を達成するに相応しい名馬であったことを示していた。

 終わってみればコパノリッキー一色に染まった今年のフェブラリーS。恒例のレース回顧は当然のことながら、堂々たる主役を務めた勝者から始めてみたいと思う。

[ 2015/02/22 21:55 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

アンビシャス、ミュゼエイリアン、アヴニールマルシェ。素質馬たちの巻き返しは有るのか!? ~2015共同通信杯レース回顧vol.3~


 注目を集めた共同通信杯のレース回顧も今回が最後。

 この記事では3着のアンビシャス、4着ミュゼエイリアン、そして2番人気ながら5着と人気を裏切ったアヴニールマルシェについて振り返りたいと思う。

[ 2015/02/18 08:00 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

ドゥラメンテの共同通信杯での敗因について考えてみた ~2015共同通信杯レース回顧vol.1~


 クラシックの登竜門と呼ばれる共同通信杯(GⅢ)で1番人気に指示されるも、2着と敗れたドゥラメンテ。

 前走のセントポーリア賞を圧勝した時は、一部で「ダービー馬間違いなし!」とすら言われた素質馬が何故敗れたのか?今回の記事ではドゥラメンテ1頭に絞って回顧してみたい。

[ 2015/02/17 08:00 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

ラブリーデイ、スズカデヴィアス、レッドデイヴィス。GⅠ馬相手に激走した彼らの走りを振り返る ~2015京都記念レース回顧vol.3~


 3つ目となった京都記念のレース回顧記事もこれが最後。

 順番が逆になったが、今回は見事レースを制したラブリーデイと2着のスズカデヴィアス、4着のレッドデイヴィスについて簡単に振り返ってみたい。

[ 2015/02/16 22:50 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。