スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダート路線で活躍したシーキングザダイヤの息子がインド最強馬に輝く


 名牝シーキングザパールの息子として、日本のダート路線で活躍したシーキングザダイヤ。

 種牡馬入りしてからは1シーズンだけ日本で供用された後、2009年にアメリカへと移動。その後は更にチリに渡って種牡馬生活を送っていることは、一部の熱心な競馬ファンには知られていた。

 そのシーキングザダイヤの産駒が、なんとインドで大活躍しているという。その馬の名はクエーサー(QUASAR)。インドで既に複数のGⅠを制した同馬が、この度インド競馬における最強馬決定戦を制したというので、そのレース映像をご紹介したい。

スポンサーサイト
[ 2015/03/09 21:50 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

戦争で片足を失くした騎手が義足を着けレース復帰! 見事な騎乗ぶりで3着と大健闘


 2月13日、イギリスのサンダウン競馬場で多くの人々に感動と勇気を与えるような、素晴らしい出来事があった。

 この日、同競馬場で行われた障害レース「ロイヤルアーティラリーゴールドカップ」に出走したバリーアリアマンに騎乗していたのが、職業軍人でもあるガイ・ディズニー騎手。

 彼はアフガニスタン紛争に参加した際、戦闘に巻き込まれ右脚を負傷。膝から下を切断するという不幸に見舞われるのだが、そのアクシデントにも負けず義足を着けて同レースへ出走。見事3着に入線するという快挙を成し遂げた。

[ 2015/03/06 22:19 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

ハープスター、ワンアンドオンリーにとって最強のライバル出現!? デザインズオンロームがドバイ前哨戦、香港ゴールドカップを完勝


 世界各地で今月末に行われるドバイWCデーに向けて、出走を予定している有力馬たちが前哨戦を戦っている。

 3月1日、香港では今年から国際G1レースに認定された香港古馬3冠シリーズの第2戦、香港ゴールドカップ(芝2000m)が行われた。

 このレースに登場したのが、ドバイ・シーマクラシック(首G1)に出走を予定している香港最強馬デザインズオンローム。

 1番人気に支持された同馬は、その人気に応え同レースを完勝。ドバイ・シーマクラシックの有力馬の1頭に名乗りを上げた。

[ 2015/03/04 08:00 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

ドバイワールドカップのTVコマーシャルが公開されました


 今年で20回目の節目を迎えるドバイワールドカップ。

 そのTVCMが先頃メイダンレーシングの公式アカウントからYoutubeにUPされたのでご紹介しよう。

 今年からダートに回帰し行われるドバイワールドカップだが、日本からはホッコータルマエとエピファネイアが挑戦を表明している。果たしてどうなるのであろうか?

 世界中から強豪が集まるドバイワールドカップ。果たしてヴィクトワールピサのような快挙をまた見ることが出来るのか。3月28日が今から待ち遠しい。

[ 2015/02/27 08:00 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

クリストフ・スミヨン騎手が一週間で重賞3勝(しかも3カ国で)の離れ業を達成!


 日本でもお馴染みの、世界的名手クリストフ・スミヨン騎手。

 そのスミヨン騎手が先週3ヶ国で騎乗し、それぞれの国で重賞制覇を果たすという離れ業を成し遂げた。

[ 2015/02/25 12:00 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

スノーフェアリーが初仔を出産


 2010年、2011年のエリザベス女王杯(GⅠ)を連覇し、日本の競馬ファンにもお馴染みの名牝スノーフェアリー。

 2013年に持病の屈腱炎を再発し引退。昨年から生まれ故郷のアイルランドで繁殖牝馬として新生活を送っていたが、この程初仔となる父Elusive Pimpernelの牝馬が無事誕生したようだ。

[ 2015/02/18 12:00 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

マフトゥールがUAE2000ギニーを快勝!ドバイWCデーの前哨戦3レースを回顧


 今年のドバイWCデーに向けて、連日熱い戦いが繰り広げられているドバイ・メイダン競馬場。

 現地時間の12日にはドバイWCデー諸競走の前哨戦にあたるGⅢ3レースが行われ、それぞれのレースに本番を見据える有力馬たちが出走してきた。

 今回はその3レースを簡単に回顧してみたい。

[ 2015/02/14 08:00 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

怪物シェアドビリーフがドバイWC前哨戦を快勝!


 昨年のアメリカ競馬を沸かした2頭が出走するということで、GⅡながらもレース前から世界中の注目を集めていたサンアントニオ招待ステークス(米GⅡ、ダート1810m)。

 今年のドバイ遠征を見据えてここに登場してきたのが、ここまでGⅠ4勝の実績を誇るシェアドビリーフと、こちらもGⅠ4勝、昨年のアメリカ2冠馬であるカリフォルニアクローム。

 今後のアメリカ競馬を背負って立つと噂される2頭の対決。現地のサンタアニタ競馬場は元より、世界中の競馬ファンが興奮し熱視線を送った同レースだが、その決着もファンの期待を裏切らないものだったのではないだろうか。

[ 2015/02/08 11:34 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

キズナの兄であるサンデーブレイク産駒フランキーフォーフィンガースが、ドバイWC前哨戦で勝利!


 2月6日、ドバイのメイダン競馬場でドバイワールドカップ(首GⅠ、以下ドバイWC)の前哨戦、GⅡマクトゥームチャレンジ・ラウンド2が行われた。

 オールウェザー素材であるタペタから、ダートに変更されたメイダン競馬場1900mを舞台に行われたこのレース。

 勝ったのはスタートから先手を奪い逃げの戦法に出たサンデーブレイク産駒、フランキーフォーフィンガースだった。

[ 2015/02/06 21:30 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

トレヴが凱旋門賞3連覇に向けて始動!


 昨年の凱旋門賞で2連覇を達成した後、一旦は現役引退を表明したトレヴ。

 しかしその後陣営は引退を撤回し現役続行を表明。凱旋門賞3連覇という偉業に挑戦する為、生まれ故郷のケスネー牧場で休養に入っていた。

 そのトレヴが先ほど自厩舎に帰厩。いよいよ凱旋門賞3連覇の偉業に向け始動した。

[ 2015/02/06 12:00 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。