月別アーカイブ  [ 2012年07月 ] 

≪ 前月 |  2012年07月  | 翌月 ≫

第二・第三のオルフェーヴルを期待するのは結構だが、果たしてそう上手く行くのだろうか?

2012_07_31ミツワオーロラ

【スポーツ報知】マックイーンの娘、乗馬から繁殖へ…奇跡の血が蘇る
http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20120730-OHT1T00257.htm
 昨年の3冠馬オルフェーヴルに、今年の皐月賞馬ゴールドシップ。「父ステイゴールド×母の父メジロマックイーン」の組み合わせから、2年連続でクラシックホースが生まれた。生産界にとっては、まさに黄金の配合。北海道新冠町の大栄牧場(浜口寛社長)は、生産馬で一度は手放したメジロマックイーン産駒のミツワオーロラ(牝10歳)を探し出し、繁殖として乗馬クラブから買い戻した。ステイゴールドとの種付けも、無事に成功。“奇跡の血”を求めたストーリーが動き出した(以下略)

ドリームジャーニーとオルフェーヴルの兄弟。そして今年の皐月賞馬ゴールドシップなどの活躍で生産界の注目を大きく浴びることになった「父ステイゴールドx母父メジロマックイーン」という配合。

この驚異的とも言えるニックスにより続々と活躍馬が輩出される現状に、馬産地の人たちは皆血眼になってメジロマックイーン産駒の繁殖牝馬を探しているんだろうなとは思っていたが・・・やはり予想通りの状況だったみたいである(苦笑)
スポンサーサイト



[ 2012/07/31 22:20 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)

秋華賞で逆転を狙うアイムユアーズ

2012_07_31クイーンS@アイムユアーズ

今年も3歳馬と古馬との激突の構図となったクイーンS(G3)。

春の牝馬クラシックで好走を続けてきたアイムユアーズが1番人気に推されたが、初めての古馬相手のレースにも全く動じず、堂々たるレース振りで完勝。打倒ジェンティルドンナに名乗りを挙げる見事な走りで、3つめの重賞タイトルを獲得した。
[ 2012/07/31 12:00 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)

福永祐一騎手がようやく初勝利をあげる



【日刊スポーツ】福永「めっちゃうれしい♪♪」米遠征1勝
http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20120730-992278.html
 米国に遠征している福永祐一騎手(35)が29日、デルマー競馬場で3鞍に騎乗し、3R未勝利戦(AW1200メートル)のスイッチトゥザリードで1着となり、今遠征初勝利を挙げた。福永は「勝つことができて安心しています。これまで騎乗させてくれた調教師、馬主等協力してくれたすべての人に感謝しています。8月にはさらに活躍できればと思っています」とコメント。また遠征と同時に開設した自身のフェイスブックでは「めっちゃうれしい♪♪」と喜びを表現していた。

アメリカ遠征中の福永祐一騎手が待望の初勝利を挙げたようだ。

7月始めからアメリカで騎乗を始め、約1ヶ月で掴んだ初勝利。下手をすればこのまま未勝利で帰ってくる事態も考えられただけに、まずは良かったと思う。
[ 2012/07/31 09:00 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)

あの歴史的名馬の蹄鉄が、東日本大震災のチャリティーオークションに出品!

2012_07_29チャリティー

【Yahooオークション】ソーユーシンク使用済み蹄鉄と写真(額装済)
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c358894747#
ソーユーシンク ( SO YOU THINK ) は南北両半球で合わせてG1レースに10勝した名馬です。
同馬の使用済み蹄鉄を、バリードイルで撮影された写真と額に入れました。
もちろんエイダン・オブライエン調教師のサイン入りです。この写真はエイダンの奥さんでプロ並みのカメラの腕前を持つアン・マリーに撮影してもらいました。
よく見てもらうと、エイダンが被っているのはジャパンカップの帽子であることも確認できます。 同馬は今年からオーストラリアにて種牡馬として繋養されるために6月のプリンスオブウェールズステークス(G1, 1着。)を最後に競走生活から引退しました。
 
この商品を制作するにあたって、クールモアスタッドをはじめ、バリードイル、そしてオブライエンファミリーの多大なる協力をいただきました。彼らもまたテレビに映し出された地震の惨状を目の当たりにして何か力になれないか、と動いてくれた人々です。 

ソーユーシンク(SO YOU THINK)
http://www.coolmore.com/stallions-view.php?id=135&list=australia

クールモアスタッド
http://www.coolmore.com/

※業者の方及び転売目的の落札はお断りいたします。

競馬ファンにとっては垂涎の的と言える一品が、東日本大震災におけるチャリティーオークションの品物として、Yahoo!オークションに上場された。
[ 2012/07/29 21:30 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)

将来有望そうなグランデアモーレ

2012_07_19グランデアモーレ
2012_07_29グランデアモーレ

サンデーサイレンスの2x3という強烈なインブリードを持つ馬として、橋田満厩舎所属のアドマイヤドバイが注目されていた29日札幌5Rのメイクデビュー札幌(芝1800m)。

しかしこのレースを制したのは圧倒的1番人気に支持されたアドマイヤドバイではなく、出走8頭中5番人気という低評価だったネオユニヴァース産駒の牝馬、グランデアモーレだった。
[ 2012/07/29 19:08 ] 次代のスター候補生たち | TB(0) | CM(-)

英国ダービーは厳しいが・・・(苦笑) 大物の相を持つマイネルエテルネルがデビュー勝ち

2012_07_29マイネルエテルネル
2012_07_29マイネルエテルネル血統

マイネルの岡田総帥がその素質に惚れ込み、来年の英国ダービーに登録しているとして話題になっていたマイネルエテルネルが、29日の小倉5Rメイクデビュー小倉(芝1200m)に登場。

単勝1.4倍という圧倒的人気に支持された同馬だったが、スタートから楽に先手を奪うとそのまま楽にレースを展開。直線でも他馬を全く寄せ付けることない楽勝振りで、見事デビュー戦を勝利で飾った。
[ 2012/07/29 18:03 ] 次代のスター候補生たち | TB(0) | CM(-)

メイショウユウダチは、第二のメイショウバトラーになれるのか!?


2012_07_26メイショウユウダチ血統表

日曜日の中京5R、メイクデビュー中京2歳新馬戦(ダート1200m)を圧勝したメイショウユウダチ。

血統表にメイショウの名の付く馬が何頭も並ぶ血統背景は、アルファベット横文字の名前が数多く並ぶ現代の競馬においては異彩を放っており、馬主の松本好雄氏の長年に渡る競馬界への貢献が形になった素晴らしい血統だなという思いを抱いた。
[ 2012/07/26 12:00 ] 次代のスター候補生たち | TB(0) | CM(-)

トレイルブレイザー最大のライバル? 北米最強馬アクラメーションが、重賞7連勝でエディーリードS(G1)を制す



7月21日にアメリカ・デルマー競馬場で行われた芝9ハロンのG1エディーリードS(米G1)は、道中逃げた圧倒的1番人気アクラメーションAcclamationが、直線に入り後続を引き離すと2着に2馬身3/4差を付けて快勝した。

これで重賞7連勝を飾ると共に、G1タイトルは6勝目となったアクラメーション。北米芝路線の最強馬の地位を不動のモノとすると共に、最大目標であるBCターフに向けてますます勢いを増していっている印象を受けた。
[ 2012/07/26 10:00 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)

「無料バス廃止」はファン無視・・・他、小ネタまとめ(2012/07/25)

2012_07_25小ネタ集


「無料バス廃止」はファン無視 / 東スポweb

私は知らなかったんだけど、この春から名鉄の中京競馬場前駅から中京競馬場まで運行していた無料バスを、JRAが廃止していたらしい。

個人的にはせいぜい1キロ程度しかない道程だし、競馬場に来る年配の方って不健康そうな人が多いので、健康の為には歩くのも良いんじゃない?(笑)と思わないでもないが、さすがに60代・70代を迎えたお年寄りの方たちにとっては厳しいかなぁ~・・・。

しかしJRAも売り上げが落ちて厳しいのは分かるんだけど、こういうファンサービスの部分を削ってどうするんだろうね?

レーシングプログラムの件もそうだけど、本来削るべき人件費とか無駄な部分を削らずに、こういった必要な部分を削るんだから開いた口が塞がらない。

要は自分たちの利益に繋がる部分には手を付けたくないということだろうけど、それが結局自分たちの首を絞めていることを理解出来ていないんだろう。

JRAの中の人たちも、JRAに入る前は必死に勉強してきた頭の良い人たちばかりだったんだろうけど、一旦中に入ってしまえばぬるま湯の世界にどっぷりと浸かりきってしまい、現実が理解出来なくなるくらいに脳みそがふやけてしまったようで・・・。

恐らく典型的なダメ・エリートの巣窟なんでしょうね、JRAの中って(苦笑)
[ 2012/07/25 22:00 ] 小ネタ集 | TB(0) | CM(-)

スケールの大きさを感じさせるヴェルデホ


2012_07_25ヴェルデホ血統表

22日に札幌競馬場で行われた2歳新馬戦メイクデビュー札幌(ダート1700m)。

このレースで注目を集めていたのは、母がトゥザグローリーの姉に当たるヴェルデホだったが、同馬はその評判が間違っていない事を示すスケールの大きな走りで、見事にデビュー戦を快勝。

将来性を感じさせる走りで、競走馬としての第一歩を踏み出した。
[ 2012/07/25 12:00 ] 次代のスター候補生たち | TB(0) | CM(-)

ⅠPATで地方競馬の馬券が買えるようになっても、馬券売上げは恐らく伸びないだろう

2012_07_25地方競馬

【Gallop】IPATで地方競馬の馬券購入が可能に!10月2日より開始
http://gallop.sanspo.com/gallop/headline/news/120724/tpc12072415000000-n1.html
 JRAは24日、JRAインターネット投票(IPAT方式)での地方競馬の勝馬投票券の発売を10月2日(火)より開始することを発表した。

 発売は原則、火~日曜日(※特定の月曜日の発売あり)で、即PAT会員が対象(※A-PAT会員は土、日曜日と特定の月曜日で購入可)。枠単、重勝式をのぞくすべての勝馬投票法を発売する。

 JRAの土川健之理事長は「JRAインターネット投票での地方競馬発売の実現に向けて、必要なシステム開発等に取り組んで参りましたが、ようやく発売の日を迎える準備が整いました。従前より、お客様からは、地方競馬のダートグレード競走等の発売についてご要望をいただいているところであり、何卒ご利用いただければと存じます。また、地方競馬と中央競馬との新たな連携協調策の一つとして、地方競馬の売上に貢献できるよう期待しております」とコメントした。

以前から実施が伝えられていたIPATによる地方競馬の馬券購入について、10月2日より販売を開始することがJRAから発表された。

各地方競馬主催者からは、売上げ向上の起爆剤として期待されているIPAT会員による馬券購入開始。果たしてそう上手く行くのだろうか?
[ 2012/07/25 10:00 ] 地方競馬 | TB(0) | CM(-)

ブリランテ遠回り帰国。秋ローテに影響か・・・他、小ネタまとめ(2012/07/24)

2012_07_24小ネタ集

ブリランテ遠回り帰国…秋ローテに影響か / 日刊スポーツ

先日『来春はドバイと香港に挑戦予定!』と記事にしたばかりだが・・・まさに踏んだり蹴ったりとは、こういう事を言うのではないだろうか。

当初予定していた帰国便が航空会社の都合で突然キャンセルされてしまい、帰国予定が大幅に狂ってしまったディープブリランテ。場合によっては秋のローテも見直す可能性があるとのことで、そうなると秋競馬の主役が1頭減ってしまう事態になる可能性も・・・。

こういうことが起こると、今後海外遠征に二の足を踏む陣営も出てきておかしくないだろうし、本当に何とかならないものだろうかねぇ・・・。

長距離輸送というのは、人間が考えている以上に馬に影響を与えやすいもの。ディープブリランテが心身共に健康で帰国する事を願っている。
[ 2012/07/24 22:20 ] 小ネタ集 | TB(0) | CM(-)

ナサニエルの全妹グレートヘヴンズが愛オークスを圧勝



7月22日にアイルランド・カラ競馬場で行われたアイリッシュオークス(愛G1)は、1番人気に推された3連勝中のグレートヘヴンズGreat Heavensが直線一旦前の馬に離されるも、残り300m付近で外に持ち出されるとそこからエンジン点火。

怒涛の末脚を繰り出しあっという間に前を捕らえると、最後は2着に3馬身差を付ける圧勝で、見事G1初制覇を達成した。
[ 2012/07/24 16:00 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)

エーシントップは超大物の予感・・・

中京2歳ステークス@ブログ用
2012_07_23エーシントップ血統表

今までは冬の中京開催で行われていた名物レース・中京2歳ステークスだが、今年は夏の中京開催に合わせてリニューアル。距離も芝1400mに変更し、この時期に行われることになった。
[ 2012/07/24 12:00 ] 次代のスター候補生たち | TB(0) | CM(-)

スイートメドゥーサはクラシックを意識できる逸材

2012_07_23スイートメドゥーサ
2012_07_23スイートメドゥーサ血統表

スリープレスナイトの下であるスクワドロンや、アグネスタキオン産駒の評判馬であるウインドストリームなど、中々の馬が集まっていた土曜中京5Rのメイクデビュー中京(芝1400m)。

降り続ける雨であまり馬場状態が良くなかったこのレースを制したのは、母が2007年のオークス馬ローブデコルテであるスイートメドゥーサだった。
[ 2012/07/24 10:00 ] 次代のスター候補生たち | TB(0) | CM(-)

ディープブリランテが世界再挑戦へ

2012_07_23ディープブリランテ@キングジョージ

【日刊スポーツ】ブリランテ来春ドバイ→香港連戦プラン
http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20120722-987399.html
 キングジョージ6世&クイーンエリザベスSで8着に敗れたディープブリランテ(牡3、矢作)に、来春の海外遠征プランが浮上している。同レース前、矢作師は「あくまでも今回の遠征結果と、秋の成績次第」としながらも、3月のドバイワールドC(G1、AW2000メートル=メイダン)と4月の香港クイーンエリザベス2世C(G1、芝2000メートル=シャティン)への参戦プランがあることを明かした。「3200メートルの天皇賞という馬ではないからね。ドバイから香港というローテーションも頭の中にはある」と話した。今後の陣営の決断に注目だ。

土曜日に行われたキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(英G1)で大敗してしまったディープブリランテだが、早くも来春に世界最挑戦を行うプランがあることが、管理する矢作芳人調教師から語られた。
[ 2012/07/23 21:00 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)

勝って当然だったパドトロワ ~第12回アイビスSD(G3)レース回顧~

2012_07_22パドトロワ@アイビスSD

夏の新潟の名物レース、直線1000mの超電撃戦『第12回アイビスサマーダッシュ(G3)』。

今年もフルゲート18頭のスピード自慢が集まって行われた訳だが、このレースを制したのは昨年のスプリンターズS2着馬で、実績最上位だったパドトロワであった。
[ 2012/07/23 12:00 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)

本格化したフラガラッハ ~第60回中京記念(G3)レース回顧~

2012_07_22フラガラッハ@中京記念

今年から新設された『サマーマイルシリーズ』の第一戦として行われた『第60回中京記念(G3)』。

今年からマイル重賞に条件が変わった同レースには、フルゲート16頭の古馬オープン馬が参戦。あまり良くない馬場状態の中で激戦が繰り広げられたが、前走米子Sを勝利し5番人気に支持されたフラガラッハが、直線他の15頭をごぼう抜きにする素晴らしい末脚を発揮。

見事に人馬共に初となる、嬉しい重賞初制覇を達成した。
[ 2012/07/23 10:45 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)

レッドデイヴィスの敗因は精神的なモノ

中京記念@ブログ用1

【中京記念レース後のコメント(ラジオNIKKEI)】
11着 レッドデイヴィス(浜中騎手)
「進んで行きません。しっかり追ってないと下がってしまう感じです。それでいて、ゲートの中ではうるさい面があります。以前のいい頃のような感じがありません。実績があるだけに何とかなってもらいたいのですが…」

今年からマイルで行われることになった中京記念に、愛馬レッドデイヴィスが出走。

ここは多くの競馬ファンの支持を受けて、最終的には2番人気に推されたわけだが、レースでは全く良いところを見せること無く11着と惨敗してしまった・・・。
[ 2012/07/22 22:10 ] 愛馬日記 | TB(0) | CM(-)

ディープブリランテにとっては余りにも厚過ぎた壁・・・。キングジョージ6世&クイーンエリザベスSはデインドリームが制す



日本の競馬ファンの期待を一身に背負い、世界最高峰の頂きに挑戦したダービー馬ディープブリランテ。しかしその頂きはあまりにも高く、厳しいものだった・・・。
[ 2012/07/22 08:00 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)

夢を見るお馬さんたち

2012_07_21昼寝する馬

『お馬さんだってお昼寝するし、夢だって見るんだよ♪』
そんな可愛らしい馬たちの動画を見つけたので、ここで幾つかご紹介します。
[ 2012/07/21 15:05 ] 小ネタ集 | TB(0) | CM(-)

アウトジェネラルが8馬身差の圧勝! 今年のサンデーR地方2歳トップはこの馬かな?



7月19日に門別競馬場で行われた2歳オープン・アルデバラン賞(ダート1800m)。

このレースは前走栄冠賞で2着したアウトジェネラルが1番人気に推されていたが、その圧倒的人気に応えるように直線早目に先頭に立つと、後続をドンドン引き離す圧巻の走りを披露。

最後は2着に8馬身差をつける圧勝でオープン勝ちを飾ると共に、8月11日にJRA札幌競馬場で行われるコスモス賞(芝1800m)の出走権を獲得した。
[ 2012/07/21 13:53 ] 次代のスター候補生たち | TB(0) | CM(-)

キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(英G1)の出走馬紹介と前走レース動画まとめ

2011キングジョージ

いよいよディープブリランテが挑戦するキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(英G1)の本番当日となった。

決戦の時まで既に12時間を切ったわけだが、レースが近づいてくるにつけて自分が徐々に興奮してきているのを実感している。

あの凱旋門賞と並び、欧州競馬最高峰の舞台で繰り広げられる熱き戦い。果たしてディープブリランテはどのような競馬を見せることが出来るのだろうか?奇跡が起こる事を期待せずにはいられない心境だ。

さて今回、キングジョージに出走する10頭のプロフィールをまとめた記事を作成してみた。いくらキングジョージ出走馬と言っても、普段から欧州競馬を熱心に見ている方で無いと、どういった馬たちが出走してきているかは分からないであろう。

この記事が今晩のキングジョージ観戦において、皆さんのお役に立てば幸いである。
[ 2012/07/21 13:04 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)

ラブミーチャンがスーパースプリントシリーズ連覇達成!!



20日に船橋競馬場で行われた2012スーパー・スプリントシリーズ最終戦、『第2回 習志野きらっとスプリント(SⅢ)』。このレースでは昨年の同レース覇者ラブミーチャンが、単勝1.4倍という圧倒的な1番人気に支持されており、今回どのような走りを見せるか注目されていた。

レースではいつもの逃げの競馬とは違い、好位からの競馬になったラブミーチャン。直線では粘りこみを図るジーエスライカーに外から馬なりのまま並びかけると、しぶとく粘るジーエスライカーを捻じ伏せるような力強い末脚を披露。

ジーエスライカーより半馬身ほど前に出ると、そのまま先頭でゴール板を通過。見事昨年に続く、同レース並びに同シリーズ連覇を達成した。
[ 2012/07/20 21:45 ] 地方競馬 | TB(0) | CM(0)

超良血馬グルヴェイグが屈腱炎を発症し引退、繁殖入りへ・・・

2012マーメイドS

【日刊スポーツ】グルヴェイグ屈腱炎で引退、繁殖入り
http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20120719-986111.html
 マーメイドSを制したグルヴェイグ(牝4、角居)が右前脚の屈腱炎で引退することが19日、明らかになった。先週、患部の腫れがみられ、検査したところ症状が重かったため協議の末に現役続行を断念した。今後は繁殖入りする予定。母エアグルーヴ、半兄ルーラーシップの超良血馬で、待望の重賞初制覇を果たしたばかりだった。角居勝彦調教師は「近日中に抹消します。残念ですが、いい子を出してほしい」と沈痛な表情を浮かべていた。

今年のマーメイドステークスで重賞初制覇を果たし、秋にはG1での活躍も期待されていた超良血馬グルヴェイグだが、走る馬にとって宿命と言える屈腱炎を右前脚に発症。

完治に時間が掛かりそうなことから、現役続行を諦めて引退・繁殖入りすることが、この度管理する角居勝彦調教師から発表された。
[ 2012/07/20 12:00 ] お疲れ様 | TB(0) | CM(0)

これは英断! トレイルブレイザーがブリーダーズCターフ挑戦へ

2012_07_20トレイルブレイザー@京都記念

【Gallop】トレイルブレイザー 米GIブリーダーズCターフ挑戦へ!
http://gallop.sanspo.com/gallop/headline/news/120719/ovs12071911360001-n1.html
 今年の京都記念を制したトレイルブレイザー(牡5歳、栗東・池江寿厩舎)が、今秋の米GIブリーダーズCターフ(11月3日、サンタアニタパーク、芝2400メートル)に挑戦することが決まった。19日、池江寿調教師が明らかにした。

 「米国の芝に適性があると思う。(鼻出血予防の)ラシックスを使用できるのもいい。ジャパンC(4着)や京都記念くらい走れば勝ち負け。鞍上は武豊騎手に打診中です」とトレーナー。9月下旬に渡米し前哨戦も使う予定。海外は昨暮れの香港ヴァーズで6着がある。

去年のジャパンカップ4着馬で、今年の京都記念の覇者トレイルブレイザーが、今秋のブリーダーズカップ・ターフ(米G1)に挑戦することが19日発表された。
[ 2012/07/20 10:00 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(0)

ディープ産駒ビューティパーラーはマイル路線に転向することに

2012_07_19ビューティパーラー

先日、フランスのE.ルルーシュ厩舎からイギリスのヘンリー・セシル厩舎への電撃移籍が発表されたディープインパクト産駒のビューティパーラー。

そのビューティパーラーを新たに管理することになったヘンリー・セシル調教師が、彼女の今後に関してレーシングポスト紙にいくつかのプランを語った。
[ 2012/07/19 12:00 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(0)

来年のイギリスダービー馬? 評判馬マーズがデビュー戦を圧勝



日本でも来年のクラシックを目指し2歳戦が始まっているが、ヨーロッパでも来年のクラシックに向けて続々と若駒たちがデビューしている。

そんな中、デビュー前から大手ブックメーカーの賭けで来年のイギリスダービー前売り1番人気に推されるなど評判を集めていたマーズMarsが、7月16日にアイルランド・ダンダーク競馬場で行われた2歳新馬未勝利馬戦(オールウェザー7ハロン)に登場。

ジェセフ・オブライエン騎手を背にスタートから先手を奪うと、直線で後続を突き放し圧勝。見事デビュー戦を勝利で飾った。
[ 2012/07/19 11:00 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(1)

第一回ジョッキーベイビーズ覇者、木村拓己くんが快挙達成!

2012_07_19木村拓己君

【日高報知新聞】木村拓己君(浦河第一中3年)が優勝 国体馬術道大会で
http://www.hokkaido-nl.jp/detail.cgi?id=12467

 16日に苫小牧市のノーザンホースパークで開かれた第67回国民体育大会馬術競技北海道ブロック大会少年貸与馬障害飛越競技(北海道乗馬連盟主催)で、三木田乗馬学校から出場した木村拓己君(浦河第一中3年)が優勝し、力量が必要とされる貸与馬競技で北海道の中学生として初となる国体出場を決めた。

 木村君は、浦河町で軽種馬育成場を経営する父・忠之さん(43)の影響で馬に乗るようになり、小学校1年の時から浦河ポニー少年団で乗馬を始めた。小学校5年からはJRA(日本中央競馬会)の浦河乗馬少年団で練習に励んでいる。ポニー競馬日本一を決める第1回ジョッキーベイビーズ全国大会(平成21年)の覇者でもあり、将来はプロの競馬騎手を目指しているという。

 国体予選には16人が出場し、トーナメントの減点方式で競った。どの出場者も、貸与される馬が決まってから限られた時間で試合に挑むことから、力量がないと難しいとされる競技で、「最初は自信はなかった。自分の経験になればと出場した」と本番前は騎乗に集中。高校生選手らにも堂々と挑み、初戦から決勝まで4試合とも接戦をものにした。

 国体は9月30日から岐阜県で行われる。木村君は「北海道代表として恥じない騎乗を心がけたい」と気を引き締めている。

皆さん、第一回のジョッキーベイビーズで素晴らしい騎乗をみせて優勝した木村拓己くんを覚えているだろうか。

当時は小学生であり、まだまだ幼さを残した可愛らしい少年だった木村拓己くんだったが、あれから3年。現在は中学3年生となり、大分逞しく成長してきたようで・・・おじさん、何となく嬉しく感じてしまうよ(爆)
[ 2012/07/19 10:00 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(0)

欧州競馬の歴史に挑むディープブリランテ

2012_07_18ディープブリランテ追い切り2012_07_18ディープブリランテと矢作師

【JRA】キングジョージ6世&クイーンエリザベスS 日本馬情報-調教状況・関係者コメント
http://jra.jp/news/201207/071703.html
 7月21日(土)にイギリスのアスコット競馬場で行われるキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(G1)に出走予定の日本馬の調教状況及び関係者のコメントをお知らせいたします。

●ディープブリランテ号 (牡3歳 栗東・矢作 芳人厩舎)

今日の調教状況
 【調教コース】ニューマーケット アルバハスリ(オールウェザーコース)
 【調教内容】 2頭併せで5ハロンの追い切り

矢作 芳人調教師の話
 「まずはブリテン厩舎をはじめ様々なサポートのおかげでここまでこられたことに感謝しています。今日の追い切りは折り合いを考えて、あとは最後の反応を見たいと思っていましたが、ラスト1ハロンは体も沈んで素晴らしい動きでした。ニューマーケットに来てからも落ち着いているようで、日本出発前よりもむしろ状態が上がっているように見えます。遠征前は心配していたところもありましたが、ダービーを勝つ馬というのは体力も気力も備えているのだな、と改めて感じました。明日の水曜日は常歩だけで、木曜日は岩田騎手に乗ってもらう予定です。強い調教はもう必要ありません。アスコット競馬場への輸送はレース当日の朝に行おうかと考えています。キングジョージを勝つには3歳で走るしかないと以前から考えていました。今回も状態が充実しているからこその遠征で、古馬とは5.5kgの斤量差があり、十分争えるという計算があります。キングジョージは61回の歴史の中でヨーロッパ調教馬以外は勝っていないレースですが、歴史を変えたいです。」

オルフェーヴルの鞍上を巡る騒動の影に隠れてしまっているが、今年のダービー馬ディープブリランテによるキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(英G1)挑戦が、いよいよ今週末の土曜日に迫ってきた。
[ 2012/07/18 21:00 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(0)