月別アーカイブ  [ 2013年06月 ] 

≪ 前月 |  2013年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キズナの帯同馬ステラウインドが、武豊騎手騎乗で凱旋門賞前哨戦に挑戦!

ステラウインド

 凱旋門賞に挑戦するキズナの帯同馬として、フランスへと同行することが発表されていたステラウインド。

 この度そのステラウインドのフランスでのレーススケジュールが、スポニチの取材により明らかになりました。

スポンサーサイト
[ 2013/06/28 07:15 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)

オルフェーヴルが来週から乗り込み再開

宝塚記念勝ち馬 オルフェーヴル(池添謙一)
Photo by arima0208

 先日行われた宝塚記念を、肺出血で回避してしまったオルフェーヴル。

 その後の動向に大きな注目が集まっていましたが、どうやら当初の予定通り来週から乗り込みを開始し、凱旋門賞に向けて調整されていくことになりそうですね。

[ 2013/06/28 07:00 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)

このままでは秋も厳しい!? もう一段階成長が欲しいフェノーメノ ~2013宝塚記念レース回顧・その3~

フェノーメノ

 4歳3強対決に沸いた宝塚記念。

 レース回顧最後の記事となる今回は、残念ながら4着に終わってしまったフェノーメノを取り上げたいと思います。

[ 2013/06/27 07:11 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)

秋競馬の主役はこの馬!? 負けて強しだったジェンティルドンナ ~2013宝塚記念レース回顧・その2~

ジェンティルドンナ

 4歳3強対決に沸いた今年の宝塚記念。 

 先日のゴールドシップに引き続き、今回は3着に敗れたジェンティルドンナについて、色々と振り返ってみたいと思います。

[ 2013/06/27 07:00 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)

ゴールドシップが宝塚記念で圧勝できた理由を考えてみた ~2013宝塚記念レース回顧・その1~

2013_6_26ゴールドシップ
Photo by JRA

 オルフェーヴルは回避してしまったものの、『4歳3強対決』と銘打たれ盛り上がりを見せた今年の宝塚記念。

 結果として3強にとって明暗別れる結果となったわけですが、このような結果になったのは何が原因だったのでしょうか?

 今回のレース回顧は3強を1頭ずつ取り上げる形で記事にしたいと思っていますが、まずは見事に勝利したゴールドシップについて分析して見たいと思います。

[ 2013/06/26 07:08 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)

リターンラルクの未来は明るい!?

2013/6/19 2歳新馬 リターンラルク&デルカイザー
Photo by Yuuki.Y

 16日に行われたメイクデビュー東京(芝1600m)を、直線一気のド派手な競馬で快勝したリターンラルク。

 その競馬振りから今後に対し大きな注目を浴びている同馬ですが、改めてレースを振り返りリターンラルクの今後を占って見たいと思います。

[ 2013/06/19 07:34 ] 次代のスター候補生たち | TB(0) | CM(-)

またもや凱旋門賞に向けて新星誕生!? 無敗馬トレヴが4馬身差の圧勝でフランスオークスを制覇!

2013_6_18トレヴ
Photo by cavadeos.com

 現地時間16日に、フランス・シャンティイ競馬場で行われたディアヌ賞(フランスオークス・GⅠ)。

 過去には競馬史に名を残すような名牝を何頭も輩出してきたこのレース。

 今年もそれら過去の名牝たちに決してヒケを取らない可能性を秘めた1頭の牝馬が、鮮烈なパフォーマンスを発揮し、見事勝ち名乗りを受けました。

[ 2013/06/18 20:35 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)

隻眼の騎手・宮川実が、ハンデを乗り越え地方通算1000勝を達成!

2013_6_17宮川実
Photo by oddspark.com

 皆さん、宮川実という騎手をご存知でしょうか。

 高知競馬に所属する彼は、2009年にレース中の落馬事故で顔面複雑骨折を負い左目を失明。

 普通なら騎手としての復帰など考えられない程の大怪我を負ったのにも関わらず、不屈の精神でリハビリを重ねた宮川騎手は、1年後の2010年に騎手として復帰を果たします。

 それから3年・・・。復帰以来、片目しか見えないというハンデをまるで感じさせない騎乗振りを見せ続けていた宮川騎手ですが、このたび騎手として節目となる通算1000勝という偉業を見事達成しました。

[ 2013/06/17 23:59 ] 地方競馬 | TB(0) | CM(-)

海外からのオファーを断った!?ローズキングダムがブリーダーズSSで種牡馬生活をスタート。

ローズキングダム 返し馬
Photo by arima0208

 新潟大賞典を最後に、現役生活にピリオドを打ったGⅠ・2勝馬ローズキングダム。

 引退後は種牡馬入りする予定と、同馬を所有するサンデーレーシングはアナウンスしていましたが、この度未定となっていた繋養先が決定したようですね。

[ 2013/06/17 21:44 ] お疲れ様 | TB(0) | CM(-)

さすが名手と唸る手綱捌き! ベストウォーリアがユニコーンSを完勝 ~第18回ユニコーンS(GⅢ)レース回顧~


 16日に東京競馬場で行われた『第18回 ユニコーンステークス(GⅢ)』

 JRAで行われる数少ない3歳ダート重賞という事もあり、GⅢ格ながらも後の活躍馬を多数輩出してきたこのレース。

 今年も将来のダート界を担う若駒15頭が出走して来ましたが、見事栄冠を手にしたのは戸崎圭太騎手騎乗の3番人気ベストウォーリアでした。

[ 2013/06/17 07:28 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)

パドトロワが復活の勝利を飾ったものの、レースレベルには疑問符が付く函館SS ~第20回函館SS(GⅢ)レース回顧~

 16日に函館競馬場で行われた『第20回 函館スプリントステークス(GⅢ)』。

 ここには現在の日本短距離界のナンバー2といえるドリームバレンチノが参戦。その実績からも当然のように圧倒的1番人気に支持されましたが、直線思うように伸びずに7着と惨敗。

 もがく1番人気馬と対照的に見事栄冠を手にしたのは、ここは6番人気だったベテラン・パドトロワでした。

[ 2013/06/17 06:22 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)

オルフェーヴルが肺出血を発症し宝塚記念回避! 凱旋門賞挑戦の可能性もほぼ消滅か

Ready Go
Photo by karasi_gj

 残念な知らせが飛び込んできました・・・。

 来る宝塚記念に向けて順調に調整を重ねられていたオルフェーヴルが、13日に行われた1週前追い切りで『運動誘発性肺出血(EIPH)』を発症。

 残念ながら宝塚記念を回避し、その後の予定も白紙になったことが管理する池江泰寿調教師から発表されました。

[ 2013/06/14 06:30 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)

フランケルを管理した伝説の調教師、サー・ヘンリー・セシル調教師が死去

2013_6_11ヘンリーセシル調教師
Photo by Daily news

 イギリスから悲しいニュースが飛び込んできました・・・。

 イギリスを代表する名調教師であり、日本では史上最強馬フランケルを管理していたことで有名なヘンリー・セシル調教師が現地時間11日、残念ながら亡くなられました。享年70歳。

[ 2013/06/11 22:27 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)

マイネルギャルソンが父マツリダゴッホに嬉しい初勝利をプレゼントするかも!? ~新馬追い切り診断~

東京競馬場
Photo by yassan-yukky

 続いては本日東京競馬場で行われるメイクデビュー東京(芝1400m)に出走する各馬の追い切りを、1頭ずつ見てみたいと思います。

[ 2013/06/08 08:27 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(0) | CM(-)

人気のマラムデールよりも、ここは勝負気配の高いノーブルサイレンスに期待! ~新馬追い切り診断~

09春阪神競馬場
Photo by tadashiueda

 先週から始まった今年の2歳新馬戦。

 本日も東西で1レースずつ行われていますが、追い切りの動きを見てダイヤの原石はどの馬か?見出して見たいと思います。

[ 2013/06/08 07:35 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(0) | CM(-)

今年も日本馬の前に『あの男』が立ちはだかるのか!? 良血馬アンテロがフランスダービーを制し、凱旋門賞前売り3番人気に

2013_6_7インテロ

 現地時間6月2日にフランス・シャンティイ競馬場で行われたジョッケクルブ賞(フランスダービー・GⅠ)。

 今年は早くから日本馬による凱旋門賞挑戦が取り沙汰されており、そのライバルとなりうる馬が登場するであろうフランスダービーは例年以上に注目されていましたが・・・。

 その注目のレースを見事な走りで完勝したのは、日本の競馬ファンにとってある意味馴染みの深い勝負服に身を包んだ『あの騎手』が導く、良血馬アンテロでした。

[ 2013/06/07 10:00 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)

ウオッカファンなら見逃せない! ウオッカの初仔の馬名が公募されることに

2012_11_20ウオッカ初仔
Photo by netkeiba.com

 名牝ウオッカの初仔として、昨年の来日時から注目を集めているウオッカの2011。

 今秋の競走馬デビューに向けて北海道で順調に調整が続けられている同馬ですが、このたびそのウオッカの2011の馬名が公募されることが明らかになりました。

[ 2013/06/07 09:00 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)

あの仕上がりで勝つのだから大したもの! クラシックも意識できるレッドリヴェール

レッドリヴェール10
posted by (C)nobuaki0614

 今年最初に行われる新馬戦という事で、大きく注目された6月1日のメイクデビュー阪神(2歳・芝1600m)。

 この時期の阪神で行われた新馬戦というと、過去にはロジユニヴァースやアヴェンチュラなど意外な大物も登場しており、今年も最初に勝ち名乗りを挙げるのはどの馬か注目されていましたが、見事2歳世代最初の栄冠を手にしたのは、ステイゴールド産駒の牝馬レッドリヴェールでした。

[ 2013/06/06 10:00 ] 次代のスター候補生たち | TB(0) | CM(-)

同オーナーの先輩に続くことが出来るか!? エイシンオルドスの今後に期待



 6月2日に阪神競馬場で行われたメイクデビュー阪神(2歳・芝1200m)。

 このレースで持ったままで圧勝したのが、圧倒的1番人気に支持されたフジキセキ産駒のエイシンオルドス。前評判通りの強さと仕上がりの良さを発揮した同馬ですが、今後どのような活躍を見せるのか楽しみですね。

[ 2013/06/06 09:00 ] 次代のスター候補生たち | TB(0) | CM(-)

4強を慌てさせる場面を期待したのだけど・・・。ショウナンマイティが宝塚記念回避の方向へ

ショウナンマイティ
Photo by emauma

 先日行われた安田記念で2着に激走し、その力を改めて誇示して見せたショウナンマイティ。

 レース後は宝塚記念参戦の可能性が指摘され、この走りなら4強にも一泡吹かせる可能性が高いのではないかと期待されていたのですが・・・。

 どうやら宝塚記念は回避し、秋に備えることになりそうですね。

[ 2013/06/05 10:00 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)

キズナの凱旋門賞挑戦について、佐々木晶三調教師から追加の発表がありました。

10R 東京優駿
Photo by y.tsutaya

 先日行われた日本ダービーで激戦を制し、見事80代目のダービー馬に輝いたキズナ。

 レース後、管理する佐々木晶三調教師から今年の凱旋門賞に挑戦することが発表されていましたが、そのことについて4日、同師の口から細かい部分についてマスコミに対し発表が有ったみたいですね。

[ 2013/06/05 09:00 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)

『世界の支配者』ルーラーオブザワールドが英ダービーを完勝。凱旋門賞有力候補に名乗りを上げる

2013_6_4ルーラーオブザワールド

 6月1日にイギリス・エプソム競馬場で行われたイギリスダービー(英GⅠ)

 欧州3歳牡馬を決めるこのレースで、圧巻の走りを見せ見事頂点に輝いたのは、デビュー以来僅か56日でこのレースに挑んだ名門エイダン・オブライエン厩舎の至宝、ルーラーオブザワールドでした。

[ 2013/06/04 10:00 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)

今年も日本馬の前に立ちはだかるのは牝馬か!? 伏兵タレントが英オークスを圧勝し凱旋門賞の有力候補に

2013_6_4タレント

 現地時間5月31日にイギリス・エプソム競馬場で行われたイギリスオークス(英GⅠ)欧州3歳牝馬の頂点の座を狙い、11頭の牝馬が出走してきたこのレース。

 キャリアの浅い3歳牝馬にとって非常に過酷なエプソムの12ハロンを、素晴らしい末脚を発揮し先頭で駆け抜けたのは、新種牡馬ニューアプローチの娘タレントでした。

[ 2013/06/04 09:00 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)

GⅠを勝つ為には逞しさが足りない!? ロードカナロアではなく自分に負けたダノンシャーク ~2013安田記念(GⅠ)レース回顧その3~

11R 安田記念
Photo by y.tsutaya

 安田記念3つ目の回顧となるこの記事では、3着以下に終わった5頭の競走馬たちについて、振り返ってみたいと思います。

[ 2013/06/03 14:14 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)

執念の追い込みを見せるも勝利の女神は微笑まず・・・。レース後、悔し涙を見せた浜中俊とショウナンマイティ ~2013安田記念(GⅠ)レース回顧その2~

ショウナンマイティ
Photo by slime0

 直線豪快に追い込むも僅かクビ差届かず、2着という結果に終わったショウナンマイティと浜中騎手。

 レース後、浜中騎手は検量室前で人目を憚らずに涙したそうですが、残念ながら勝利の女神は彼らコンビに対し微笑むことはありませんでした。

 安田記念のレース回顧その2は、ショウナンマイティと浜中騎手のレース振りにクローズアップし、振り返ってみたいと思います。

[ 2013/06/03 11:38 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)

マイルでも王者の走り! とてつもなく強かったロードカナロア ~2013安田記念(GⅠ)レース回顧その1~

11R 安田記念
Photo by y.tsutaya

 先日行われた安田記念で、マイルの距離を諸共せずに見事勝利を飾ったロードカナロア。

 既に世界的スプリンターとしての地位は不動の物としている同馬ですが、今回の勝利でマイラーとしても日本の頂点に君臨するという、素晴らしい快挙を成し遂げましたね。

 まさに歴史的名馬誕生の瞬間となった今回の安田記念。まずはロードカナロア視点でレースを振り返って見たいと思います。

[ 2013/06/03 09:48 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。