スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キャトルフィーユが待望の重賞初制覇! ~2014クイーンSレース回顧~


 
 すっかり北海道で行われる重賞として定着した、『第62回 クイーンステークス(GⅢ)』。

 今年このレースを制したのは、牝馬重賞路線で好走を続けるものの、ここまで重賞タイトルに縁が無かったディープインパクト産駒、5歳のキャトルフィーユでした。


スポンサードリンク


力を付けているキャトルフィーユ


 オツウの速い逃げで幕をあけた今年のクイーンステークス。

 見た目にもかなり飛ばしているなと思いましたが、実際1000m通過が57秒8、1200m通過が1分9秒3と相当なハイペースでの競馬となりましたね。

 他の先行馬たちは5~6馬身離れた位置で追走していたとはいえ、800m~1200m区間で常に11秒台前半を記録するという、息の入らない流れを追走していた為に相当苦しかったでしょう。

 実際勝ったキャトルフィーユ以外は先行馬は全滅という結果に。先行馬圧倒的優位な小回りコースでの競馬でこの結果ですから、相当厳しい流れでの競馬が展開されたことは間違いないと思います。

 その厳しい流れの中でも、好位追走から早め先頭で押し切ったキャトルフィーユは強かったですね。

 元々切れよりも先行力と機動力を武器としている同馬。広いコースでの競馬よりも小回りコースで良績を上げてきているだけに、今回の条件はピッタリだったのは間違いないのですが、ここに来て更に力を付けてきている印象。

 実際前走では条件的に合わないかと思われたヴィクトリアマイルで5着に好走していますからね。5歳夏を迎えていよいよ完成してきたのではないでしょうか。

 また勝負根性も中々非凡なモノを持っているように見えました。最後の直線では内外から一気に来られて一瞬交わされてしまうようにも見えましたが、そこから凌ぎきったキャトルフィーユ。

 これはアロマティコとスマートレイアーが止まったというよりも、キャトルフィーユが二の脚を使ったというのが正解でしょう。見事な勝負根性だったと思います。

 今回待望の初重賞制覇を飾ったキャトルフィーユ。GⅠともなると適性条件が合わないレースばかりなので厳しいかと思いますが、牝馬限定のG3ならば更にタイトルを積み重ねることも可能かと思います。


2・3着馬は広いコースでこその印象

 2着のアロマティコは仕上がりも良かったですし、三浦皇成騎手も上手く乗ったと思います。

 ただコーナーリングの上手い馬ではなく、道中置かれて直線勝負になり易い脚質の馬だけに、こういった小回りコースだとどうも乗り辛い印象ですね。ここ2戦はその部分を三浦騎手が上手くカバーしている印象ですが。

 基本的には広くて直線の長いコース向きの馬でしょう。なぜか余りそういったコースでのレースには使われていない印象ですが、去年のエリザベス女王杯を見ても分かるように、条件が合えばGⅠでも上位に来れる地力は持っています。

 今年もこのあとはエリザベス女王杯に向けて調整されるかと思いますが、本番では今回の勝ち馬よりもこちらの方を上位に取りたいですね。

 3着のスマートレイアーに関しては、代打騎乗の池添騎手がまあ及第点の騎乗を見せたかなと。

 4コーナーでかなり大外をぶん回していましたし、あのロスがなければ突き抜けていたようにも思えなくもないので、少々の不満は残るのですが・・・。まあテン乗りで完璧な騎乗は望めないでしょうし、そこは致し方ないかなと。

 同馬も小回りコースよりは広いコースの方が良い馬なのは間違いないので、今回の3着という結果は余り気にしなくても良いでしょう。欲を言えば2着に入って賞金を加算しておきたかったというぐらいでしょうか。

 次走以降は武豊騎手に手綱は戻ってくるでしょうし、エリザベス女王杯の有力候補であることは間違いないと思います。


ディアデラマドレは巻き返しに注意

 マーメイドSで素晴らしい勝ちっぷりを見せたディアデラマドレは5着。

 ちょっとパドックでイラついていましたね。発汗も見られましたし、明らかにいつものディアデラマドレでは無かった印象。

 レース中の位置取りと同馬の脚質を考えれば、最後の直線でもっと良い脚を使えても良かった筈なので、この辺の落ち着きの無さと消耗が本来の末脚を奪ってしまったと考えても良さそうです。

 4番人気のケイアイエレガントは7着。

 同馬は平均ペースで逃げてしぶとく粘る競馬を得意とするので、今回のような消耗戦では良さは発揮できませんでしたね。

 5番人気で9着のマーブルカテドラルは、直線でのどん詰まりが敗因でしょう。あそこで急ブレーキを掛けてしまった為に、そこから再度加速することは出来ませんでした。

 もしあそこで前が塞がらずにスムーズに抜けてくることが出来たら、勝ち負けに加わっていたと思います。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/08/04 07:10 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。