オースミイチバンの快進撃は、競馬が血の通った生き物により行われているスポーツである事を、改めて教えてくれている





オースミハルカという馬は、何故か競馬ファンに人気の有る馬だった。

人気があった理由は定かではない。
G1タイトルまであと一歩と迫りながらも、戴冠を逃した背景に同情したのか。
乗り代わりが珍しくない時代に、川島信二というお世辞にも一流とは言えない騎手とのコンビに、頑なに拘った姿勢が支持されたのか。
それとも、牝馬らしく可愛らしい風貌が、多くの競馬ファンの人気を集めたのか。

やはり理由は定かではない。
だが私も、オースミハルカには親近感を抱いていた事をよく覚えている。
スポンサードリンク



オースミハルカが引退し母親となってから、早5年が経った。

現役時代の実績から、母としても大きな期待を掛けられていたオースミハルカ。しかし初仔のオースミアザレアは、未勝利のまま現役を引退。2番仔ナリタキングロードは、デビュー戦は快勝するも、その後は奮わず地方競馬に転出。なかなかファンの期待に応え得る産駒を、送り出すことが出来ずにいた。

そんな中、登場した3番仔がオースミイチバンである。同馬もデビュー当初は大敗が続き、兄たちと同じ様な道程を辿るかと思われていた。しかしデビューから5戦目。母の主戦だった川島信二が手綱を取ると、別馬のような変わり身を見せる。

スタート直後は後方。3コーナー過ぎからポジションを上げていくと、4コーナーでは馬なりのまま先頭に踊り出る。直線では必死に追いすがる後続格馬を尻目に、グングン突き放し、最後は2着に2秒もの差を付け圧勝。その変わり身に誰もが驚いた。

続く6戦目も、好位追走から逃げ馬を並ぶ間も無く交わし圧勝。

そして7戦目。初の重賞挑戦となったJpn2兵庫チャンピオンシップ。こちらも好位追走から4コーナーで先頭に立つと、後続を突き放して快勝。瞬く間に重賞ホースへと駆け上がった。

実に不思議なものである。ダートに転戦してから結果を出し始めた様に思われるが、別に最初からダートで結果を残していた訳ではない。

転戦緒戦となった如月賞は、地方・笠松競馬場で行われたJRA交流レース。お世辞にもメンバーレベルは高いとはいえない中で、初ダートとはいえ5着という結果は正直微妙だった。

続く阪神での3歳未勝利は、勝ち馬から1秒8離された8着。次走未勝利を圧勝した時の人気が11番人気と低評価だったのも、納得できる戦績だった。

それが、母の主戦だった川島信二が跨った途端にこの変わり様。
『馬と騎手との相性というのは、想像以上に馬鹿には出来ないんだな・・・』
この結果に今更ではあるが、そう実感させられた。

オースミイチバンの快走は、競馬が血の通った生き物によって行われているスポーツである事を、改めて教えてくれている。

技量の優れた、実績上位の騎手を乗せて走るというのならば、極端な話ロボットでも乗せておけばいい。人間よりも判断力は良い筈で、間違った騎乗はしないはずだから。しかしそれで馬が走るかといわれれば、そうは言えないのが競馬の面白さである。走らされる競走馬は、感情を持った生き物なのだ。

川島信二という騎手は、お世辞にも一流騎手とは言えない。デビュー12年目。同期の中では一番活躍している騎手だが、それでも通算勝ち星は220勝余り。中堅よりも下という位置付けが妥当な成績だ。しかしその様な成績の騎手でも、騎乗する馬との相性が抜群ならば、このような素晴らしい成績を残すことが出来る。私はここに競馬の魅力を強く感じるのだ。

古来、競馬ファンの心を躍らせてきた名馬の背には、代名詞となる騎手の存在があった。
シンザンなら栗田勝
ミスターシービーなら吉永正人。
シンボルルドルフなら岡部幸雄。
ナリタブライアンなら南井克己。
ディープインパクトなら武豊と。
しかし近年は乗り代わりが多発し、その様な名コンビは中々思い浮かばない。このことが、競馬人気落ち込みの一つの要因になっていることは間違いないだろう。

競馬はただのギャンブルではない。人と馬とが織り成す魅力溢れるスポーツだ。だから他のギャンブルとは違い、多くの人々の心を魅了し続ける。

オースミイチバンと川島信二のような、多くの人々の心を引き付ける様な名コンビが、これからも誕生し続ける事を、私は願ってやまない。


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/05/04 13:20 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL