スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

予想通りの競馬をして、予想通りの負け方をした福永祐一とジャスタウェイ ~2014有馬記念レース回顧vol.2~




 こちらも引退だったジャスタウェイは4着。

 こちらの想定通りの競馬をして、想定通りの負け方をしたなと言うのが第一印象。福永騎手はよくも悪くもブレないな・・・と(苦笑)

 今回有馬に出走した馬の中で、1番議論を呼ぶと思われるのがジャスタウェイのレース振りだろう。

 もうこれは予想の段階でかなり想定できたことなので、批難するだけ、論評するだけ無駄なのかな?と思わないでもないが、それでは何の意味も持たないし記事にも成らない(笑)ので、敗因の分析だけはしておきたい。


スポンサードリンク


状態は確かに良かった

 注目されていた仕上がりについては、戦前の厩舎・福永騎手のコメントどおりJCより良かったと思う。

 同馬の状態が一番良かったのは実は凱旋門賞ではないかと思っているクチなのだが、それほどには無いにしても充分勝ち負けになる状態だったのではないだろうか。

 では敗因は?ということになるのだが、もう皆さんお察しの通りコース適性とペース、枠順。そして福永騎手の騎乗ぶりに有るのは疑いの無いところだろう。

 ジャスタウェイという馬はハーツクライ産駒の一流馬らしく、胴長で脚の長いスラッとした体型をしている。走法も如何にもと言ったストライド走法で、強豪馬らしい相応な加速力は備えているものの、本質的には広いコース・長い直線で息の長い末脚を存分に活かす競馬がピッタリの馬だ。

 その適性を考えると、小回りで持久力よりも機動力を求められる中山はどう考えてもジャスタウェイには合わない。

 今年の3月に同コースで行われた中山記念こそ圧勝しているが、あれは雨が降って時計が掛かる馬場になったことに加え、手綱をとった横山典弘騎手が早め早めの騎乗を心がけ、同馬の弱点を見事にカバーする名騎乗を繰り出したからこその勝利。

 あの時とはメンバーもまた違うし、しかも大外15番枠ではいくら実力上位とは言え苦戦は必至だったのは容易に想像できたところだろう。


冒険ができない騎手

 そして最大の敗因と言えば、言わずもがな福永祐一騎手の消極的な騎乗にあることは間違いない。

 その飄々としたキャラクターと言動のせいでアンチも多い福永騎手だが、その性格がもたらしているのか、安定はしているものの冒険することが出来ず、成績の割りに「福永騎手の腕で勝った!」と言えるレースがトンと思い浮かばない。

 それでもそつないレース振りが特徴で、また騎乗の調子の波も少ないことから、致命的な大失敗とかスランプなどには無縁なタイプなので、無難なレースを希望する厩舎などからは需要が多く、毎年リーディング上位には顔を出す。

 ただ馬の能力で勝てる条件ならそれで問題ないが、それだけでは足らず騎手によるプラスアルファが強く求められるGⅠになると、途端に勝負弱さを露呈するのも福永騎手の特徴。
 
 その馬のポテンシャルを安定して90%引き出す技量は日本トップクラスだろうが、100%から110%へと到達させる技量に関しては並みレベルで、今秋福永騎手から乗り変った馬が複数GⅠを勝ったのは、決して偶然ではないと思われる。

 そんな冒険を嫌う福永騎手は、今回の有馬記念でも大方の予想通り良いスタートを切ったのにも関わらず前に行くことをせず、いつも通り後方からの競馬を選択した。

 まあ先行するには不利の多い大外枠を引いたし、常々距離不安を口にしていた福永騎手なので、このような騎乗を選んだのも理解できない訳ではない。ただ本当にレースに勝ちたいなら、この乗り方が下の下だったことは誰もが分かりきっていたのも事実。

 先に福永騎手は冒険心が無いと書いたがもう一つ、この人は存外頑固なんじゃないかと思う時がある。「この馬にはこの戦法」と決め付けたら、余程のことがない限り失敗してもそれに拘り続けるのだ。

 ジャスタウェイに関していえば「この馬にベストな戦法は差しだ!」と頑固に思い続けていたのだろう。実際ジャスタウェイに福永騎手は11戦騎乗しているが、先行したのは新馬戦の1度限り。

 あとは惜敗続きの時期でも頑なに差し・追い込みに拘り続け、今年の中山記念であれほどのパフォーマンスを横山典弘騎手が引き出しても、その後それを参考とする場面は一度も無かった。

 その頑固な信念の元、今回もいつも通り後方からの競馬を選択し、大方の予想通り大外ぶん回しによる立ち遅れから、直線猛追するも脚を余す形で4着と敗れたジャスタウェイと福永騎手。

 レース後、福永騎手は「直線が短くて捉え切れなかった」とコメントしたが、そんなことは誰もが戦前から分かり切っていた事。本当の敗因はそういうものでは無いという事に彼が気付く日は来るのだろうか?

 不本意なラストランを強いられたジャスタウェイの為にも、気付く日が来て欲しいと願っている。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/12/29 10:37 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。