スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ルメール騎手がコンテッサトゥーレとコンビ結成!早速社台ファームによる囲い込みが始まる



 新馬、オープン特別と連勝し、牝馬クラシックに名乗りを上げた良血馬コンテッサトゥーレ。

 そのコンテッサトゥーレがクリストフ・ルメール騎手とのコンビでチューリップ賞に出走することが決まったと、6日同馬を所有する社台レースホースのHP上で発表されたそうだ。


スポンサードリンク


早速クラシック有力馬への騎乗が決まる

[予想王TV]コンテッサ、ルメールとコンビでチューリップ賞へ
http://race.sanspo.com/keiba/news/20150207/pog15020705010003-n1.html

紅梅Sを勝ったコンテッサトゥーレ(栗・安田、牝3)は、クリストフ・ルメール騎手(35)=フランス=とのコンビでチューリップ賞(3月7日、阪神、GIII、芝1600メートル)に向かうことになった。
 先日JRAの騎手試験に合格し、晴れて通年免許を取得したクリストフ・ルメール騎手。

 合格後のインタビューの中で通年免許取得の最大のメリットとして、「1頭の馬とコンビを継続し、クラシックへ臨む事が出来る」と語っていたが、早速クラシック有力候補の1頭コンテッサトゥーレとのコンビが決定したとの事。

 同馬は社台ファーム直系の社台レースホース所属馬だが、社台ファーム総帥の吉田照哉氏とルメール騎手は元々近い間柄で、今後は社台ファーム関係馬の騎乗もかなり増えていくことが想定される。

 またミルコ・デムーロ騎手も社台ファーム側が贔屓している騎手であり、今後社台ファーム関係馬はこの2人の外国人騎手が騎乗する確率が高くなるだろう。

 勿論ノーザンファーム側もオファーを出していくと思われるが、今までの関係上社台ファーム関係馬が優先されることはほぼ間違いない筈だ。

 近年ノーザンファームに押されがちの社台ファームだが、この2人の外国人騎手の主戦起用をきっかけに巻き返していくことが出来るか?注目して行きたいと思う。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2015/02/07 07:22 ] 競馬雑談 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。