スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ポルトドートウィユ、アッシュゴールド、レガッタ。明暗分かれた良血馬たち ~2015きさらぎ賞レース回顧vol2~



 ルージュバックの強さばかりが目立った今年のきさらぎ賞。

 この記事では2着のポルトドートウィユ、3着のアッシュゴールド、そして注目されながらも7着と惨敗したレガッタについて取り上げたい。


スポンサードリンク


古馬になってから良くなりそうなポルトドートウィユ

 今回初めて生で見たわけだが、こちらもクラシック候補という評判に相応しい良い馬だったと思う。

 ただこの母系の馬全体に言えることだが、本質的にはクラシックというよりもそれ以降、古馬になってから本領を発揮する馬だろうと思えた。

 雄大な馬格を持つ馬で一戦ごとに筋肉が付いてきているように思えるが、それでもまだまだその馬格に見合う筋肉は付ききっていない。トモなんてもう一回り大きくなっても良いほどだ。

 状態が良かったのにも関わらず、勝ち馬に2馬身という決定的な差を付けられたのは、現時点での完成度の差が大きいだろう。競走馬としての器自体は、ルージュバックに決して引けを取っていない。

 今後はどこかトライアルを使ってから本番ということになるだろうが、常に安定して力を出すタイプなので本番への出走権獲得はほぼ間違いないと思う。

 ただ本番で勝ち負けに持ち込むためには、競走馬としてのも完成度を今よりもだいぶ高める必要がありそうだ。


兄たちとはタイプが違うアッシュゴールド

 相変わらずパドックではチャカチャカとうるさかったが、これはいつものことなのであまり気にならなかった。

 仕上がりは朝日杯の時よりも良かったと思う。前走は馬を造りすぎたのかちょっとこじんまりと映ったが、今回は良い意味で余裕を持たせた造りで、この血統特有の良いバネが戻ってきていた。

 以前から気になっていた腰の甘さもだいぶマシになってきたように思う。小さい馬だが、完成度という点ではメンバー中でも上位だったように思えた。

 アッシュゴールドが兄のオルフェーヴルやドリームジャーニーと異なるのは、その走法だと思う。兄たちは究極とも言えるピッチ走法を武器にGⅠタイトルを奪取してきたが、弟は大きなストライドでジリジリと伸びる。

 なので今回のように他馬に合わせて追い出しを待ち過ぎると、いざ追い出した時に加速で劣って引き離されてしまい、ようやくスピードに乗った時には、時既に遅しという形になってしまう。

 池添騎手はたぶん兄たちと同じイメージを持って乗っていると思うが、それだと今後も勝ち切れないレースが続くだろう。今回も変に待ち過ぎずに3コーナーの下り坂から一気にスピードに乗せていけば、2着馬に肉薄することは出来たのではなかろうか。


競走馬としての完成度が低すぎるレガッタ

 デビュー戦の勝ちっぷりと血統から注目を集めていたレガッタだが、とにかく緩くて競走馬としての完成度はメンバー中最低クラスではなかったか。

 一見筋肉そのものはソコソコ付いているのだが、それを支える体幹が全然鍛えられておらず、一歩ごとに背中からトモに掛けてが右へ左へと大きく揺らしながら歩いていたレガッタ。

 恐らくデビュー戦も似たような状態だったと思うが、前走は道中ドスローで流れてラスト400mだけの競馬になったので、ボロが出ずに済んだのだろう。

 もし少し速い流れになっていたら、今回のようにコーナーで走りがバラバラになり、追走に苦労した結果直線でガス欠になっていたはずだ。

 現時点ではクラシック云々を口にするには正直恥ずかしいレベルの完成度なので、まずは一から鍛え直していくのがベストではないだろうか。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2015/02/11 08:00 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。