スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドゥラメンテの共同通信杯出走は12日に判断



 先週のセントポーリア賞を圧勝し、一躍牡馬クラシック路線の主役に躍り出たドゥラメンテ。

 その後の陣営のコメントやメディアの報道などから、今週行われる共同通信杯(GⅢ)への出走が確実視されているような印象があったが、今のところまだ最終決断には至っていないようだ。


スポンサードリンク


決断は12日に持ち越し

 [予想王TV]【共同通信杯】ドゥラメンテは異例の水曜追い
 http://race.sanspo.com/keiba/news/20150211/pog15021116200009-n1.html

「今日は軽く追い切りました。木曜の様子と状態を見て出否を決めます」と橋本調教助手。
 セントポーリア賞を圧勝後、すぐにオーナーサイドから「次は共同通信杯」というコメントが出てきたように、おそらくは前走を使う前からこのローテは想定されていたと思われるドゥラメンテ。

 しかし厩舎サイドとしては中1週ということもあり、状態の見極めにかなり慎重になっているようだ。予定通り追い切りできたのだから青写真通りに来ているのだろうが、最終結論は12日朝まで先延ばしにされている。

 これは勝手な想像なのだが、早期に賞金を上積みしてクラシック出走を確定させたいオーナーサイドと、先のある馬なので無理をさせたくない堀調教師側とで綱引きが行われているのかな・・・と。

 ちなみにドゥラメンテの最終追い切りの映像を見たのだが、この厩舎にしては珍しい坂路追いながらも、走るフォームに変な力みもなく、また重心も安定していて良い動きをしていた。

 セントポーリア賞直後に撮影されたフォトパドックを見ても、思ったよりもレースを使ったダメージは感じられなかったので、当日パドックでテンションが上がり過ぎなければ、それなりのパフォーマンスを発揮することは充分可能だろう。

 なので最終的に出走に踏み切ってくれば、それこそ重い印を回す必要は当然出てくる訳だが・・・。その後のレースで今回無理をした影響が出てこない保障は当然ない。

 これが競走馬として完成度が高く、体質的にも充分大人になっている馬なら、多少の無理もなんとかなるのだろうが・・・。以前の記事でも述べたようにドゥラメンテは身体的にはまだまだ幼いだけに、厩舎サイドが慎重になるのも充分分かる気がする。

 いずれにしても12日の早い時間には出否が明らかになるであろう。陣営の最終決断に注目したい。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2015/02/11 23:47 ] 競馬雑談 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。