スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドゥラメンテの出走決まる、スピルバーグ英国遠征前に大阪杯で始動・・・他、競馬ニュースまとめ(2015/2/12)



 [日刊スポーツ]ドゥラメンテの出走決まる/共同通信杯
 http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20150212-1433577.html

12日、橋本助手が「前走が思った以上に仕上がっていて強い競馬をしたので反動が出ないか慎重に見ていてジャッジが遅れましたが、出走することになりました」と報告した。
 出走するのかしないのか、競馬ファンのみならず関係者の注目も集めていたドゥラメンテだが、無事に石橋脩騎手で出走してきた。

 これでより一層、日曜日のレースが注目されることになるだろう。個人的にも非常に楽しみだ。

 恐らくドゥラメンテが1番人気になるだろうが、まだまだ未完成な馬なだけに付け入る隙は大いにある筈。器の大きさなら決して負けていないアヴニールマルシェに、逆転の期待をかけようかなと思っている。


スポンサードリンク


ブチコ目当てにデムーロ母が来日する可能性も?

[日刊スポーツ]C・デムーロの母はブチコのファンだった
http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20150211-1433192.html

C・デムーロ騎手は「こんな変わった馬はヨーロッパにもいないから、お母さんに写真を送っていたら、お母さんがブチコファンになったんだ。だから1カ月前からずっと乗ってみたかった。今日は乗れて良かったよ」と自ら望んだ内幕を笑顔で明かした。
 さすがにヨーロッパに全く存在しないということはないだろうと思うが、ただこれだけ有名で且つ走る馬はいないのだろうね(笑)

 「お母さんがファンになったから乗ってみたかった」というクリスチャンも年相応の若者で可愛らしいけど、デムーロ母も今頃はネットでブチコの画像や動画を検索しているのかと思うと、結構微笑ましい(笑)

 ミルコがJRA騎手試験に合格したことにより、より一層デムーロ家にとって日本は近しい国になることだし、その内ブチコを見にお母さんが来日なんてこともありそうだ。


[スポニチ]エピファ順調、来週中に栗東帰厩 3月ドバイ遠征
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2015/02/12/kiji/K20150212009791880.html

 出走レースはドバイワールドC(3月28日、メイダン、ダート2000メートル)を第1希望に挙げているが「招待はまだ来てません。フェブラリーSが終わった頃じゃないですかね。ジョッキーは調整中です」と話した。
 いよいよエピファネイアのドバイ遠征が近づいてきた。順調ならば来週中に帰厩予定との事。

 ドバイではメインレースであるドバイWCへの出走を希望しているらしいが、個人的には不安よりも楽しみの方が大きい。どんな競馬をしてくれるんだろうとワクワクする。

 非常に乗り難しい馬で、もちろん力を出し切れずに大敗する可能性も決して低くはないと思うが、反面とんでもない爆走をする可能性もあるので、何とか力を出し切って欲しいところだ。


[デイリー]スピルバーグ英国遠征前に大阪杯で始動
http://www.daily.co.jp/horse/2015/02/12/0007732320.shtml

当初は直行でイギリスに向かうプランもあったが、「国内で使ってから行く。鞍上は引き続き北村宏で」とトレーナーは話した。
 スピルバーグの英国遠征の内容が徐々に具現化してきた模様。とりあえず大阪杯で一叩きしてから、イギリスに旅立つことになりそうとのこと。

 大目標はロイヤルアスコット開催のプリンスオブウェールズS(英GⅠ)だが、どうせその後は秋まで日本でも適距離のGⅠはないことだし、記事にあるように何戦かするのが良いと思う。

 特に以前ゼンノロブロイが参戦したヨーク競馬場のインターナショナルS(英GⅠ)なんかは、馬場の起伏もイギリスにしてはそんなに無いし、スピルバーグには向いてる条件だと思うんだけどね。 


[予想王TV]脚部不安…ショウナンラグーン、ダイヤモンドS回避
http://race.sanspo.com/keiba/news/20150212/ope15021205010007-n1.html

「左前肢に軽い脚部不安を発症したが程度は軽い。12日に放牧へ出すことにした。(定年前に)もう1回使いたいと思っていたが、仕方がない」と大久保洋調教師は残念そうに話した。
 うーむ・・・残念。。。

 ダイヤモンドSは大久保洋吉調教師の有終の美を飾るに相応しい絶好の舞台だと思っていただけに、ショウナンラグーンには大いに期待していたのだけど・・・。さすがに故障じゃ仕方が無い。

 どうやら軽度の屈腱炎という噂を聞いたが、今は治療技術も進歩しているだけに、しっかり休ませればまた以前のように活躍することも可能だろう。ショウナンラグーンには新たな厩舎で、改めて復活して欲しいと期待している。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2015/02/12 23:00 ] 小ネタ集 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。