スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スノードラゴンが脚部不安を発症し春シーズン全休へ



 昨秋のスプリンターズステークスでGⅠ馬の仲間入りをしたスノードラゴン。

 今年も現役を続行し、オーシャンSから高松宮記念という青写真を抱いていたのだが・・・、このたび脚部不安を発症。この春全てのレースを回避し休養入りする事が、デイリースポーツから報じられた。


スポンサードリンク


ロードカナロア引退以降、層の薄い状態が続くスプリント路線

 [デイリー] スノードラゴン脚部不安で春全休
 http://www.daily.co.jp/horse/2015/02/21/0007756753.shtml
 昨年のスプリンターズSを制し、最優秀短距離馬に輝いたスノードラゴン(牡7歳、美浦・高木)が脚部不安を発症。春シーズンを全休することが20日、明らかになった。
 ただでさえ層の薄いスプリント路線において、GⅠホースの戦線離脱は正直痛いなぁ・・・。ロードカナロアの引退以降、どうもこの路線は盛り上がりに欠けるね。

 まあ日本の馬産はまずクラシックを勝つ馬を作り出す事を第一に成り立っているから、それから外れるこの路線の層が薄くなるのは、結果として仕方が無いことなのかも知れない。

 過去にこの路線が盛り上がった時も、主役の多くは輸入された外国産馬だったという事は良くあった訳だし。

 逆に言えばロードカナロアやサクラバクシンオーのような、内国産の天才スプリンターが登場したこと自体が珍しいというわけで・・・。今後もこの傾向は余程のことが無い限り変わらないのではないかと思っている。

 スノードラゴンの離脱により、この路線を支えていく馬はコパノリチャードやストレイトガール。上り馬のアンバルブライベンやレッドオーヴァルと行ったところになる訳だが、流石に外国馬相手と考えると少々厳しい顔ぶれか。

 先日高松宮記念に日本でもお馴染みのラッキーナインと、昨年の香港スプリント覇者エアロヴェロシティが選出されたとニュースになっていたが、この2頭を先の顔ぶれが迎え撃つのは少々厳しそうだ。

 2頭とも今回の来日にはかなり前向きと聞いているし、アクシデントが無ければ久々に高松宮記念に香港馬が参戦する可能性は高い。

 またこの時期の中京はパワーを必要とする馬場状態となる事が侭有るので、日本馬よりもスピードとパワーの絶対値が高い2頭の参戦は正直脅威だろう。体調がまともならば、香港馬のワンツーもかなり高い確率で見られそうだ。

 いずれにしてもスノードラゴンにはしっかりと直してもらい、秋には元気な姿で復帰してきて欲しいと願っている。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2015/02/21 12:22 ] 競馬雑談 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。