スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ステイゴールド最後の子の受胎を確認 母はG1馬サダムパテックの半妹



 先頃大動脈破裂を発症し、急死してしまった大種牡馬ステイゴールド。

 同馬は今年最初の種付けが終了した後に容態が急変、亡くなってしまった訳だが、その時種付けした繁殖牝馬が無事に受胎したことが、この度日刊スポーツの報道により明らかになった。


スポンサードリンク


母はG1馬サダムパテックの半妹

 [日刊スポーツ]ステイ最後の子受胎 18年デビューへ
 http://www.nikkansports.com/race/news/1439227.html
 ステイゴールドはブリーダーズ・スタリオン・ステーション(北海道日高町)で、今年最初の種付けとして5日午後にエレインと交配。何事もなく馬房に戻ったが、体調が急変。懸命の治療もむなしく息を引き取った。解剖の結果、死因は大動脈破裂と発表された。
 今月5日に急死した名馬ステイゴールド。その最後の交配相手となった繁殖牝馬がまさかエレインだったとは・・・、この話には正直驚いている。

 ステイゴールドの最後の子を受胎したエレインという馬は、一口法人であるシルクホースクラブにおいて2012年に募集された父キングカメハメハの牝馬で、半兄にGⅠ馬サダムパテックがいるという良血馬だ。

 実際筆者もシルクの会員なのだが、同馬が募集された時には血統・馬体共に見所があるということで出資を考えたほど・・・。結局色々と勘案した結果エレインへの出資は見送ったのだが、複数の知人が出資したこともあり、その動向には注目していた。

 残念ながらエレイン自体は脚元のアクシデント等が続いた為デビュー出来ず、未出走のまま引退し繁殖牝馬となった訳だが、デビューしたら間違いなく活躍したであろう好馬体と血統から、良いお母さんになるはずだと思っていた。

 そのエレインがまさかステイゴールドの最後の子を宿すとは・・・。世の中何が起こるか分からないものである(苦笑)

 ステイゴールドの最後の子は、このまま順調に行けば来年早々に誕生し、2018年のデビューを目指すことになるだろう。

 この年に生まれる父の産駒はこの子1頭のみで、誕生した瞬間から大きな注目を浴びることになるだろうが、そのプレッシャーに影響されることなくスクスクと育って欲しいと思う。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2015/02/26 11:09 ] 競馬雑談 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。