スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

御神本訓史騎手4度目の不祥事が発覚 もう更正は期待できず騎手免許剥奪など厳罰を検討するべきでは?



 2013年に南関東リーディングに輝き、その卓越した騎乗技術・センスから「天才」と呼ばれている御神本訓史騎手。

 その御神本騎手が本来外部の人間が入室できない筈の調整ルームに、入室資格の無い者を施術師と虚偽申告した上で入室させていた事が発覚。

 大井競馬主催者である特別区競馬組合から、御神本騎手に騎乗停止1ヶ月の処分が下された事が発表された。


スポンサードリンク


騎手免許剥奪も考えて良いのでは?

 [netkeiba.com]御神本訓史騎手が規定違反のため4月10日まで騎乗停止
 http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=96037&category=B
 27日、特別区競馬組合は、大井の御神本訓史騎手が2013年2月頃から14年11月頃までの間、資格のない者を騎手調整ルームに出入りできる者と偽り入室させていたとして、3月2日から4月10日まで騎乗停止(騎乗停止30日間)とする処分を下したことを発表した。

■処分の対象となった事象

2013年2月21日から14年11月13日までの間の14回、資格のない者を大井競馬場騎手調整ルームに施術師であると虚偽の申告をして入室させていた。
 またですか・・・。ここまで続くともう擁護の言葉も無いかな。

 腕は間違いなくあるのだが・・・。彼も天才肌の人間によくあるように、性格が大成を阻んでしまうという典型例になりつつあるようだ。

 これで調整ルーム絡みの不祥事は4度目となる。今回公式の処分は騎乗停止1ヶ月ということらしいが、4度目ということを考えると軽過ぎるのではないだろうか?

 しかも今回は外部の人間を虚偽申告し調整ルームに入室させていた。八百長等不正を排除する為に、レース前日には騎手は調整ルームに入らなくてはならないというルールがある以上、虚偽申告までして外部の人間を調整ルームに入室させていたという行為は、公正競馬の根幹を揺るがす行為に他ならない。

 今回御神本騎手が行った行為は、外部からあらぬ疑いを掛けられても仕方が無い愚行な訳で・・・。そう考えると、騎乗停止1ヶ月という処分は軽過ぎると思う。

 しかも御神本騎手は現在落馬事故によって負った骨折により、自宅療養中だ。乗りたくても乗れない訳で、今回の騎乗停止処分など処分にすらなっていない。

 これだけ軽率な不祥事を繰り返すということは、過去の不祥事など本人は何とも思っていないという証左だろう。もう厳罰を与えても良いのではなかろうか?いっそのこと騎手免許剥奪まで考えても良い時期だと思う。

 仏の顔も三度までという言葉があるが、先にも述べたようにこれで4度目の不祥事。仏様でももう許してはくれない。

【関連記事】御神本訓史騎手引退の危機!? 度重なる不祥事の結果、来年度の騎手免許試験不合格という最悪の事態を招く
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2015/02/28 08:00 ] 地方競馬 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。