スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「後藤浩輝の笑顔を忘れないで下さい」 後藤騎手の通夜営まれる



 2月27日に亡くなった後藤浩輝騎手の通夜が、美浦トレセンのある茨城県内の斎場で2日、しめやかに営まれた。


スポンサードリンク


その笑顔はもう、見ることが出来ない・・・

 [スポーツ報知]妻麻利絵さん、通夜で挨拶「後藤浩輝の笑顔を忘れないで」
 http://www.hochi.co.jp/horserace/20150302-OHT1T50126.html
 喪主を務めた妻の麻利絵さんが「後藤浩輝の笑顔を忘れないでください」と最後に挨拶すると、こらえきれず涙を流す参列者の姿もあった。葬儀・告別式は3日に行われるが、師匠の伊藤正調教師は「後日、ファンの皆さんにも送ってもらう場をつくりたいと思います」と、近日中に都内で「お別れ会」を開く用意があることを明かした。
 後藤浩輝騎手が亡くなって3日あまり。まだまだその衝撃は、競馬界に色濃く残っている。

 自分にとって後藤騎手とは、それほど特別な存在ではなかった。若手時代に海外へ武者修行に出た向上心や積極性、競馬を世間にアピールしようとする意欲、ファンに対するサービス精神は買っていたが、格別彼のファンと言うわけでもなかった。

 ただ競馬において積極的な騎乗をしてくれる騎手だけに、好意は抱いていた。ただやたらと派手好みのところがあるので、場合によっては眉も顰めていたけど(苦笑)

 自分にとってそういう存在であった後藤騎手なのに、亡くなったと聞いてから今に至るまで、かつてない程の喪失感を抱いている。正直ここまで彼が居ないということが、大きなことだとは思いもしなかった。

 自分のようなものですらそうなのだから、彼に親しみを抱いていた人の喪失感たるや、いかばかりだろう。ましてや彼と直接親交のあった関係者やご家族のことを思うと、胸が潰れそうになる。

 昨日、阪神競馬場に設置された献花台で記帳してきた。机の上には零れ落ちそうなほど多くの花がファンの手によって寄せられ、また後藤騎手との思い出の品が置かれていた。

 いくつか置かれた写真に映った後藤騎手は、いつものようにとびきりの笑顔を見せていたなぁ・・・。そのとびきりの笑顔も、もう見ることは出来ない。

 「後藤浩輝の笑顔を忘れないで下さい」

 残された奥様の言葉が、深く深く胸に刺さった。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2015/03/02 22:50 ] 競馬雑談 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。