スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アドマイヤオーラが放牧中の事故で急死



 競馬界に訃報が続く・・・。

 重賞3勝をあげた現役時代の活躍は元より、名牝ブエナビスタの半兄として、また名種牡馬アグネスタキオンの後継種牡馬として、広く競馬ファンに知られているアドマイヤオーラ。

 そのアドマイヤオーラが3日、繋養先の優駿スタリオンステーションで放牧中に事故に会い左前脚を骨折。診断の結果、左前肩甲骨の複雑骨折が判明。予後不良との診断により安楽死の処置が取られた。

スポンサードリンク


もうこれ以上悲しい報せはいらないのだが・・・


 上記のツイートは日高の生産牧場、(有)ミルファーム代表取締役の清水氏のもの。そのツイートにアップされた書面を見ると、アドマイヤオーラが事故に会い予後不良となったことが明記されている。

 実はアドマイヤオーラが事故に会い予後不良になったという一報は、3日の午前中には一部ネット上で噂として囁かれていた。某馬主さんがツイッターで知り合いの馬主からの報せとして、その件についてツイートしていたからだ。

 しかしあくまで伝聞であり、確かなソースは存在しなかったので誤報で有ってほしいと願っていたのだが・・・。願いは届かず、確かなソースが出てしまった。残念でならない・・・。

大きなチャンスを掴みかけた3歳春

 アドマイヤオーラという馬は、個人的には名馬になり損ねた競走馬だという印象が強い。

 3歳の春までは非常に順調だった。デビュー戦を勝ったあと、続く中京2歳Sこそ2着と破れたが、この時負けた相手は後の名牝ダイワスカーレット。今思えば「相手が悪かったな」という印象だが、続くシンザン記念では逆にそのダイワスカーレットを破っている。そして続く弥生賞も制した。

 名牝ビワハイジを母に持ち兄弟には活躍馬多数。父は大種牡馬サンデーサイレンス最良の後継種牡馬と言われていたアグネスタキオン。そして手綱を取るのは天才武豊。

 正直次代を担うスター候補生として、この時点のアドマイヤオーラは完璧ともいえるほどの資格を備えていたといってよい。これで皐月賞またはダービーのどちらかを制することが出来ていたならば・・・、きっと彼の後半生は、今とは全く違うものになっていた筈だ。

 しかし皐月賞、そしてダービーと栄冠にわずかに手が届かなかったアドマイヤオーラ。大きなチャンスを掴み切れなかった彼は、その後再びチャンスを手繰り寄せることなく、6歳夏の新潟記念17着を最後に現役を引退。

 日高の優駿スタリオンステーションで、ひっそりと種牡馬入りした。

種牡馬として再び脚光を浴びた矢先の悲劇

 正直種牡馬としてのアドマイヤオーラに期待していた人はそんなに居なかったのではなかろうか。

 血統は確かにいい。サンデーサイレンスの最良後継種牡馬といわれたアグネスタキオンを父に持ち、母は何頭もの重賞ホースを輩出した日本を代表する名牝ビワハイジ。血統だけなら文字通り日本最高クラスの良血馬だろう。

 ただ種牡馬は血統だけで全てが判断されるわけではない。やはり自身の競走成績も大事だ。そう考えるとアドマイヤオーラは特に競走生活晩年の成績が悪く、やはり良い印象を抱いた人は少なかったと思う。

 日本最高クラスの血統を持ちながらも日高で種牡馬入りし、初年度の種付けで62頭の繁殖牝馬しか集められなかった事実からも、その大きくない期待度が窺い知れる。

 しかしその低い評価も初年度産駒が走り出すと一変する。昨年アドマイヤオーラの初年度産駒がデビューした訳だが、ここまで中央・地方で計27頭が出走しその内14頭が勝ち上がるという、繁殖牝馬の質を考えると驚異的な数字を挙げている。

 またJRAだけに限っても、芝では勝率13.3%、複勝率33.3%。ダートでは勝率25%、複勝率58.3%と素晴らしい数字を記録しており、2勝馬もクロスクリーガー・ゴールドペガサスと2頭出ている。

 この産駒の素晴らしい活躍ぶりを受けて、今年は相当数の種付けが期待されていた矢先でのこのアクシデント・・・。種付けシーズンもまだ始まったばかりで、種付けされた牝馬もそんなに多くないと思われるだけに、本当に残念というしかない。

 残された僅かな産駒の中から、父の血を後世に受け継げるような活躍馬が出ればいいのだが・・・。奇跡が起こることを期待しながら、アドマイヤオーラのご冥福を祈りたい。

◆生涯最後の勝ち星となった2008年の京都記念(GⅡ)◆

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2015/03/03 19:50 ] お疲れ様 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。