スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戦争で片足を失くした騎手が義足を着けレース復帰! 見事な騎乗ぶりで3着と大健闘



 2月13日、イギリスのサンダウン競馬場で多くの人々に感動と勇気を与えるような、素晴らしい出来事があった。

 この日、同競馬場で行われた障害レース「ロイヤルアーティラリーゴールドカップ」に出走したバリーアリアマンに騎乗していたのが、職業軍人でもあるガイ・ディズニー騎手。

 彼はアフガニスタン紛争に参加した際、戦闘に巻き込まれ右脚を負傷。膝から下を切断するという不幸に見舞われるのだが、そのアクシデントにも負けず義足を着けて同レースへ出走。見事3着に入線するという快挙を成し遂げた。


スポンサードリンク


競馬史に残る大偉業


 [ジャパンスタッドブックインターナショナル] アフガニスタンで足の一部を失った騎手が復帰戦で3着に健闘(イギリス)
 http://www.jairs.jp/contents/newsprot/2015/9/4.html
 ガイ・ディズニー(Guy Disney)騎手(32歳)は、アフガニスタン紛争で足の一部を失ってからの復帰戦となるロイヤルアーティラリーゴールドカップ(2月13日サンダウン競馬場)で3着と健闘して人々に感動を与え、大きな称賛を受けた。
 2009年7月にアフガニスタン・ヘルマンド州で乗っていた車両が携行式ロケット弾を受け足に重傷を負ったため、同騎手は右膝より下を失ったが、義足を装着して騎乗するという競馬史に残る偉業を成し遂げた。(全文はリンク先で)
 凄いとか素晴らしいとか、そんなありきたりの言葉じゃ言い表せないほど、このガイ・ディズニー騎手はとんでもない事を成し遂げたのではなかろうか。

 義足を着けてまで馬に乗ろうなど、普通の人はまず考えないだろう。ましてやレースに騎乗するなど、しかもよりによって障害レースに騎乗しようなんて、普通そんなこと言い出したら「頭がおかしくなったんじゃないか?」などと言われるのがオチだ。

 しかしガイ・ディズニー騎手は誰もが尻込みする様なこの挑戦を敢行し、見事に完走した。しかもレース後半猛然と追い込み、3着に入線するという結果も残した。これはとてつもないことだ。

 最後の直線、豪快なアクションで猛然と追い込んでくる彼の姿を見て、誰もが彼が右脚に義足を着けている事など忘れてしまっただろう。ハンデを全く感じさせることがない、本当に素晴らしい騎乗振りだったと思う。

 今回、競馬史に残るような偉業を成し遂げたガイ・ディズニー騎手だが、本人はいたって謙虚に「すべてが上手く行きました。他の多くの人々もこのようなことを成し遂げています」とコメントしている。

 誰もが賞賛するような大偉業を成し遂げても、冷静さと周囲への感謝を忘れないという、素晴らしい人間性の持ち主でもあるガイ・ディズニー騎手。彼のような人間が馬を、競馬を愛してくれていることが何よりも嬉しい。

 戦争で片足を失くすという不幸に直面しながらも、その事実に負けることなく前を向き、壁を乗り越えたガイ・ディズニー騎手。彼のこれからの人生に幸多きことを心から願いたい。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2015/03/06 22:19 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。