スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サトノクラウンの強さばかりが目立った弥生賞 一方シャイニングレイの敗因は? ~2015弥生賞レース回顧~



 出走11頭中7頭が重賞ホースということで、レベルの高い一戦と呼ばれていた今年の弥生賞。

 結果は人気馬が明暗分ける形となった訳だが、その差は何だったのか?レースを振り返りながら考えてみたい。


スポンサードリンク


質の高いレースとなった今年の弥生賞


 JRA公式ラップ:12.5-11.4-12.3-12.4-12.7-12.0-12.1-12.1-11.9-12.4
 上がり     :4F 48.5-3F 36.4


 雨の影響で土曜日よりも時計の掛かる馬場状態。その事を考慮すると例年に比べかなり厳しい流れになったのではなかろうか。

 特に注目したいのが後半1000mのラップ推移。12秒0前後のラップがずっと続き、1番遅いラップとなったのが最後の1800-2000m区間なのだから、かなりの持久力勝負となった。

 本番の皐月賞ならともかく、トライアルである弥生賞でこれほど澱みない流れになることは稀で、先行した馬たちが総じて後方に沈んだのも、この持久力勝負にスタミナをもぎ取られたモノと考えて良いのではないだろうか。

 今年の弥生賞は、例年よりも皐月賞に直結するレースになるかも知れない。

1着サトノクラウン

 いつもパドックでは良く見せる同馬だが、今回は休み明けということもあって今までよりは若干緩かったかも知れない。ただそれでも今回の出走馬中では上位に推せる仕上がりだった。

 馬体から受ける大物感という点では、正直同馬の前を歩いていたシャイニングレイには劣るかもしれない。ただ馬体の完成度とか身のこなしの良さ、柔軟性という点ではやはり抜けたモノを感じさせていた。

 レースで見せた強さは文句なしだろう。課題だったゲートも無難にこなし、中団前目のポジションからの競馬。折り合いにも不安は感じさせず、緩みない流れの中でも積極的に動き、直線では早々に先頭へ。

 中山の急坂にも末脚を鈍らせる事なく後続を突き放すと、最後は2着に1馬身半差を付ける完勝。着差以上の強さを感じさせるレース振りだったと言っても良いのではなかろうか。

 これで世間一般的にはクラシック最有力候補に名乗りを上げたことになる訳だが、筆者もその意見には異論はない。皐月賞とダービー、どちらが有力かと問われると個人的には皐月賞かな?と思うが、今回持久力勝負でも問題ないところを見せたのを考えると、ダービーでも勝ち負け確実にも思えてきた。

 そう考えると春二冠も充分有り得るのかな?まだまだ有力馬は控えているだけに少々楽観的過ぎるかも知れないが、そう思わせるほどの強さだった事は間違いない。

2着ブライトエンブレム

 仕上がりはマズマズだったと思う。ただやはりトモの緩さが気になったかな。

 容量は充分あるんだけど、まだ強靭な筋肉が付ききっていない。ここがしっかりして且つ背中が強くなれば、もっともっと強くなると思うのだが。

 レースは後方から。トモが緩くてスタートダッシュが利かない馬なので、現状はこれで仕方がないと思う。無理に出していったら、逆に馬群に沈んでしまっただろう。

 4コーナーでかなり外を回されたが、これもトモが弱くてコーナーでグンと加速出来ないから。ネオユニヴァース産駒は本来コーナーでの機動力が売りなのだが、同馬はそういう意味ではネオユニヴァース産駒らしくないかも知れない。

 直線ではしっかりと伸びて2着を確保したブライトエンブレム。少々展開が向いた感じは否めないが、馬体重の割りに大柄な馬体をしているので、やはり2000m以上で真価を発揮するタイプなのだと思う。

 まだまだ他馬に比べて完成度の低い状態でこれだけ走れるのは、素質・能力の高さの証明だろう。

 個人的には本当に良くなるのは古馬になってからだと思うが、皐月賞も厳しい流れになれば出番はあるだろう。能力は高いので、馬券圏内に顔を出しても驚けない。

3着タガノエスプレッソ

 菱田騎手が上手く乗ったなという印象が一番強いかな。道中ずっと内ラチ沿いから離れずに、4コーナーでも外を回さずに内を突くというロスの全くない好騎乗。

 上手く内が開くという幸運は有ったけど、外を回していたんじゃ間に合わないからね。一か八かに賭けた菱田騎手に幸運の女神が微笑んだということだと思う。

 ただこれだけロスのない競馬をしていても、上位2頭には最後突き放された訳で、さすがにクラシック上位級とは歴然たる力差が有る。本番では余程恵まれない限り厳しそうだ。

4着グァンチャーレ

 こちらも後方から一瞬の脚に賭ける競馬をして4着。展開は向いたと思うけど、4コーナーでかなり外を回されたのは痛かったと思う。その分、3着のタガノエスプレッソに差されたかな。

 スクリーンヒーロー産駒らしくちょっと硬い馬なので、機動力はあるけど末脚が一瞬しか続かない面がある同馬。それだけに4コーナーのロスは余計に痛かったんじゃないかな。

 今後に関しては距離もギリギリかなと思うし、ニュージーランドトロフィーなどの方が好走できそうな気もするが・・・。陣営の決断に注目したい。

7着シャイニングレイ

 仕上がりは良かったと思う。大物感溢れる馬体も一際目立っていた。では何故敗れたか?敗因は巷で言われているようにテンションの高さと、先行馬に厳しかったレース展開だろう。

 追い切りの時からやたらと行きたがる面を見せていたシャイニングレイだが、本馬場入場時も川田騎手を振り落とすなど、かなりエキサイトしていた。このエキサイト振りは、返し馬終了後に待機所に行っても収まらなかったらしい。

 そのせいかスタートした直後から相当行きたがっていた。スタンド前でコメートにぶつけられたのも、余計そのエキサイト振りに拍車を掛けただろう。

 向こう正面も中程を過ぎてからようやく折り合いが付くようになったが、レース全体の流れとしてはそこからペースが上がり、ゴールまで澱みのない流れが続く事になる。

 いわば息を入れる場面が全く作れなかった訳で、まだ体力が付ききっていないこの時期の3歳馬にとって、この展開は非常に辛かったであろう。直線入り口で全く抵抗できず下がって行ったのも納得だ。

 このように敗因は明確なので今回の敗戦に関して必要以上に気にする必要は無いだろうが、このエキサイトし易い気性は今のうちにどうにかしないといけないだろう。これでは長めの距離をこなすなど出来なくなる。

 元々血統的にこうなり易い馬だということで、デビュー前から陣営も相当注意を払っていたようだが、ここで悪い面が出てしまったようだ。これが一過性のもので上手くガス抜き出来れば、皐月賞での巻き返しも可能だと思うが、それが出来なかったら・・・。

 シャイニングレイ陣営の今後の調整に注視したい。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2015/03/09 12:39 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。