スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダート路線で活躍したシーキングザダイヤの息子がインド最強馬に輝く



 名牝シーキングザパールの息子として、日本のダート路線で活躍したシーキングザダイヤ。

 種牡馬入りしてからは1シーズンだけ日本で供用された後、2009年にアメリカへと移動。その後は更にチリに渡って種牡馬生活を送っていることは、一部の熱心な競馬ファンには知られていた。

 そのシーキングザダイヤの産駒が、なんとインドで大活躍しているという。その馬の名はクエーサー(QUASAR)。インドで既に複数のGⅠを制した同馬が、この度インド競馬における最強馬決定戦を制したというので、そのレース映像をご紹介したい。


スポンサードリンク


チリで種牡馬生活を送る父に吉報を届ける


 ※The Omkar Indian Turf Invitation Cupの全着順成績はこちら

 道中2番手追走から直線に入ると一気に抜け出したのがクエーサー。1番人気のビーセーフ(BE SAFE)と2番人気のアメージンググレース(AMAZING GRACE)が牽制しあってる隙に、いち早くセーフティリードを築き上げたのは見事と言うしかない。

 ゴール寸前、外からビーセーフが猛然と追い込んできたけど、ギリギリクビ差押さえて先頭でゴールに飛び込んだ同馬。若干展開利は有ったにせよ、インド競馬史上最強馬との呼び声高い同世代のビーセーフと、インド古馬最強のアメージンググレースを同時に退けるという大金星を挙げた。

 これでインドGⅠ4勝目を記録したことになるクエーサー。晴れてインド最強馬の称号をも手に入れた訳で、チリで種牡馬生活を送る父シーキングザダイヤに、改めて嬉しい報せを届けることが出来たと言えるだろう。

 しかしシーキングザダイヤは種牡馬として本当に頑張っている。日本では1シーズン限り供用ということもあって、残念ながらこれといった産駒は輩出できなかったが、アメリカに移動後に求められて渡ったチリで、見事種牡馬としての資質を開花させた。

 チリでは産駒が早い時期から活躍し、その後GⅠを勝つ産駒が複数出るなど大活躍。まだチリ国内では2世代ほどしか走っていないのにも拘らず、早くも人気種牡馬として地位を確立したと聞く。

 そして今回インドでも産駒が活躍したと言うことで、その評価は更に上がるだろう。インドといえどもクエーサーのライバルたちの血統を見れば、欧州やアメリカで活躍している種牡馬の産駒ばかり。決して血統レベルは低くない。

 それら血統馬たちを相手にクエーサーのような大物を輩出するのだから、さすがシーキングザパールの息子。偉大な母の血の正しさを見事証明したと言えるだろう。

 いつの日かシーキングザダイヤの産駒がJCなどで日本に参戦する・・・。そんな日が来ることを夢見るのも、悪くないのではなかろうか。

※クエーサー(QUASAR)の競走馬プロフィールはこちら
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2015/03/09 21:50 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。