大波乱必至の牝馬重賞~第30回中山牝馬ステークス~


過去10年で1番人気が馬券に絡んだのがわずかに3回。
『荒れる牝馬重賞』を地でいく同レースだが、今年はそれにプラスして重馬場での開催が濃厚と、さらに荒れる要素が増えてしまった・・・。

正直、筆者も当てる自信がまるで無いのだが(苦笑)、後学のためにもしっかりと予想はしてみたい。


★第30回 中山牝馬ステークス(GⅢ) 芝1800m★

 ◎アカンサス
 ○アプリコットフィズ
 ▲ホエールキャプチャ
 △エオリアンハーブ
 △オールザットジャズ
 △コスモネモシン
 ☆カルマート
 ☆イタリアンレッド

昨日は追い込みも効いていた中山コースだが、あれは馬場全体が冠水し内が重い状態になっていた為。一旦雨が止み馬場が回復し出すと、基本内側から馬場は乾いていく。その為、昨日とは違い今日は内の馬が残り易くなると予想するが・・・果たしてどうなるだろうか? 

本命は、前走準オープンを勝ちあがってここに臨むアカンサス。
元々昨年の春時点で素質は買っていたのだが、昨秋の復帰以降体質が強化されたのか、成績が安定してきた。
中山コース向きの機動力を持ち合わせているし、内枠を引いたことで良いアドバンテージも得た。好位からスッと抜け出してくる競馬を期待したい。

対抗はアプリコットフィズ。同馬も中山向きの機動力を持ち合わせた馬で、枠も6番なら文句無かろう。
2走前のキャピタルSでは不良馬場で2着と、道悪競馬でも結果を出しているのは好材料。充分アタマも狙えるのではなかろうか。

単穴は恐らく1番人気であろうホエールキャプチャ。
もう少し内枠ならば本命も有り得たのだが、大外15番枠ではこの印が精一杯。
馬の力は間違いなく1番なだけに、名手・横山典弘騎手の手腕に期待したい。

連下はエオリアンハーブ・オールザットジャズ・コスモネモシンの3頭。
3頭とも血統的には道悪馬場をこなしても不思議は無いだけに、馬券圏内は充分ありうると予想する。

特注馬はカルマートとイタリアンレッド。
特にイタリアンレッドは、血統的には道悪でも走れるタイプ。
一度道悪馬場で大敗しているものの、その時はまだ本格化していなかった。
力を付けた今どのような走りを見せるか、注目したい。

良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL