スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミッドサマーフェアの追い切りには高い評価は与えられない  ~第73回オークス(G1)調教診断~


2012オークス調教

いよいよ本日はオークスである。
各馬この大舞台を目指して今まで日々戦い続けてきた。

その集大成ともいえる本日のオークス。
果たして有力各馬の状態は良いのか悪いのか。
一頭ずつしっかりと検討してみたい。
スポンサードリンク



◆第73回 優駿牝馬・オークス(G1・芝2400m)◆

アイムユアーズ
南Pコースで3頭併せの中。終始馬なりも軽快なフットワークで追走併入。良い状態を高いレベルでキープしている。
評価★★★★

マイネエポナ
南Wコースで単走。道中の行きっぷりも良く、直線ではスムーズに手前を代えていた。重馬場で終い12秒6という時計も中々。良い状態に仕上がったのではないか。
評価★★★★

アイスフォーリス
南Wコースで単走。全体としてはまずまずの動きだが、直線仕掛けられてからはグッと来る場面が無かった。この辺がレースでの詰めの甘さに現れているのかも。
評価★★★

オメガハートランド
南Wコースで3頭併せの外。4ハロンからしか時計を出しておらず、動きも未勝利馬に煽られるもの。攻めより実戦タイプと言うことらしいが、それにしても動いていない。これでは高い評価はし辛い。
評価★★

メイショウスザンナ
CWコースで2頭併せの外。追われてからスパッと切れるタイプではなく、ジリジリと伸びていく感じ。身体全体を使ったフットワークで調子は良いのでは。時計も良く好状態に仕上がる。
評価★★★★

ダイワデッセー
CWコースで2頭併せの外。道中から速いペースで飛ばすが、直線の反応がイマイチ。飛びが大きい馬なのかもさっとした走りだった。併走馬に煽られていたし、出来としては平凡。
評価★★

ダイワズーム
南芝コースで2頭併せの内。間隔を詰めて使われてきている為、終始馬なりの調整。動き自体は軽快だが、これと言って特筆するようなことも無し。
評価★★★

ミッドサマーフェア

坂路コースで単走。全体ラップ48秒8というのは文句なしだが、2ハロン目及び3ハロン目に11秒6のラップを刻み、終いが12秒5というのは、オークスへの追い切りとしては正直どうなのか?スプリンターじゃ有るまいし、ましてや今回は2400mの長丁場である。時計が出ているように体調自体は高く評価できるが、調教内容はそんなに評価できない。
評価★★★

ヴィルシーナ
栗Pコースで3頭併せの内。道中の行きっぷりも抜群だったし、仕掛けられてからの伸びも強烈だった。この日は馬なりだったが、一週前はCWコースでハードに追われており、調教量は充分足りている。全身を使った伸びの有るフットワーク。出来は文句なしだろう。
評価★★★★★

ハナズゴール

坂路で単走。コース外を一杯に使い軽快な動きを見せる。馬なり程度だが全身を一杯に使ったフットワークを見せていた。気配はNHKマイルC以上で良い走りを見せられるのではないか。
評価★★★★

チェリーメドゥーサ
南Pコースで2頭併せの内。追走形から並び掛け、馬なりで併走馬を煽る動きを見せる。仕掛けられてグッと来るところは無かったが、動きとしては上々なもの。調子は良さそうだ。
評価★★★

エピセアローム
坂路で単走。真っ直ぐと軽快に登坂しており、相変わらず良い動きを見せている。状態としては高いレベルで安定していると言えるだろう。あとは距離だけである。
評価★★★★

サンシャイン
栗Pコースで3頭併せの内。終い重点の内容だったが、追われてからが案外。首が高く伸びるところが余り無かった。何とか先着したが相手は馬なり、こちらは一杯。良い状態とは言えそうも無い。
評価★★

ジェンティルドンナ
坂路で単走。一週前に併せ馬で抜群の動きを見せており、この日は仕掛ける程度で微調整を試みた程度。それでも真っ直ぐと登坂してきており、脚捌きは力強かった。状態は桜花賞以上だろう。
評価★★★★★

サンキューアスク
坂路コースで2頭併せの内。時計は出ているが追われてからが案外。頭が高くフラフラとした走り。どうやら一本目も時計になってしまったらしく、2本目の今回はバテてしまったというのが真相らしい。追い切りとしてはチグハグで高い評価は与えられない。
評価★★

キャトルフィーユ
栗芝コースで3頭併せの中。終始引っ張りきりの手応えで、ゴール前で手綱を緩めるとグンと反応した。時計は平凡だが動きは軽く調子は良さそう。調教量も充分すぎるほどで、充分な仕上がりだと言えそうだ。
評価★★★★

トーセンベニザクラ
南Wコースで2頭併せの外。道中は引っ張りきりの手応えで、直線外に出すと一気に伸びる。追われてから重心も下がり良い動きだった。一週前もDコースで良い動きを見せており、間違いなく前走以上の好状態ではないか。
評価★★★★

ココロチラリ
南Pコースで3頭併せの内。併走馬を大きく追走する形で、直線では内から並びかける。やや内にもたれながら走っていたが、走り自体は悪くなかった。まずまずの状態に仕上がったと言えそう。
評価★★★


■総括■

一番良かったのはヴィルシーナ、殆ど差が無くジェンティルドンナが続くと言う形だろうか。
ミッドサマーフェアも悪くは無いのだが、あのラップの刻み方がレースで悪影響を与えないか心配。

ちなみにあの追い切りは各スポーツ紙で絶賛されているが、記者の腹の中は案外真逆なんじゃないかと思う。競馬の世界は閉鎖的だから、ちょっと批判めいた事を書くとすぐ取材拒否をされる。だから競馬の記事は提灯記事が非常に多いのだが、今回もその一つではないか。特に小島太厩舎は調教師も助手も気難しい人だからね(苦笑)

穴っぽいところで目に付いたのはトーセンベニザクラ。絶好調と言っていい状態に仕上がっており、もしかしたら穴を演出してくれるかもしれない。ヒモに押さえておいても損は無いと思う。


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
        にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。