スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダービーの栄冠に相応しい馬体の持ち主とは・・・  ~第79回日本ダービー(G1)馬体診断~


2012ダービー馬体診断

いよいよ明日に迫った、競馬の祭典『日本ダービー(G1)』
日本の競馬関係者全てが獲得を夢見る、まさに夢の大舞台である。

昔からダービーは『運の良い馬が勝つ』と言われているが、それは本当に強い馬は運をも引き寄せるからで、決して運のみで勝てるレースという意味では無い。幸運を引き寄せるには、強さも必要なのだ。

その幸運をも引き寄せる強さを持った馬は、果たしてどの馬なのか。
しっかりと馬体を観察し、見極めていきたい。
スポンサードリンク



◆第79回 東京優駿・日本ダービー(G1・芝2400m)◆

アルフレード馬体をみる
大きく変わったところは無いが、使われて更に馬体が引き締まってきた印象が有る。腹回りもスッキリしているし、状態面では不安な点はまず無いだろう。重心が低くてガッシリとした馬体。ベストはマイルで決して距離延長は歓迎のクチではないが、こなせる可能性はある。パワーが勝った馬なので、高速馬場よりは有る程度時計の掛かる馬場のほうが良さそう。
評価★★★

グランデッツァ馬体をみる
皐月賞時よりも馬体に張りと力強さが出てきた。それでいてアバラが薄っすらと浮き上がる仕上がりで、まさにベストの状態で大一番に臨むことが出来るだろう。脚と繋ぎが長い馬で、距離延長は全く問題ない。軽いスピードとバネが身上の馬なだけに、軽い府中への舞台代わりは望むところ。皐月賞は5着と人気を裏切ったが、巻き返す可能性はかなり高い。
評価★★★★★

ゴールドシップ馬体をみる
皐月賞時よりややフックラとした造り。ただ皐月賞はやや細身の造りだっただけに、1週前でこのぐらいの余裕は許容範囲無いだろう。葦毛だが毛ヅヤの良さは相変わらず。スラッとしたステイヤー体型で、距離延長も全く問題ない筈。大きく変わったところは無いが、良い状態を高レベルでキープしている。
評価★★★★

コスモオオゾラ馬体をみる
皐月賞時より馬体に力強さが増した。毛ヅヤも良くなり、筋肉の張りも申し分ない。出来の良さは出走馬中上位レベルではなかろうか。バランスの良い中距離型の馬体の持ち主。距離延長も問題なくこなしてくれるはず。
評価★★★

ジャスタウェイ馬体をみる
NHKマイルC時は細いぐらいの造りだったが、その時からみれば大分フックラしてきた。大して時間は経っていないのだが、肩とトモの張りがだいぶ増している。体型は如何にもハーツクライらしい胴長の造り。距離延長は全く問題ないだろう。
評価★★★

スピルバーグ馬体をみる
兄トーセンラーの同時期と比較すると、完成度では劣るように思える。まだまだ幼い馬体で、素質だけで走っている印象だ。それだけに完成した時は相当な馬になるのでは?軽さが目立った兄と比べると、逞しい馬体をしている同馬。レース条件に泣かされる可能性は兄より低いだろう。切れ下がった斜め尻と直飛気味の飛節が、あのキレの有る末脚の秘密か。状態はまずまずといったところで、力は発揮できる出来だろう。
評価★★★

ディープブリランテ馬体をみる
皐月賞時と比べると大分スッキリしてきた印象。距離延長を考慮して、しっかりと身体を造ってきたようだ。馬体の造りからは、距離延長は全く問題ないように映る。毛ヅヤ、筋肉の張りとも前走以上で、間違いなくベストの状態。後は実戦での折り合いだけが好走の鍵を握る。
評価★★★★

トーセンホマレボシ馬体をみる
トーセンジョーダンの半弟だが、兄よりもスッキリしており長距離適性は上に映る。まだまだ成長途上でトモに緩さを残しているが、醸し出す雰囲気は一流馬の持つソレだ。毛ヅヤの良さは上々。調子は良さそうで、力を出し切れれば面白い。
評価★★★★

ヒストリカル馬体をみる
天皇賞馬カンパニーの半弟。やはりどちらかというとマイルよりの馬体に見える。ただ距離の融通性はそれなりに有るタイプか。奥手の血統出身らしく、完成度という点ではまだまだ。本当に良くなるのは古馬になってからだろう。毛ヅヤは上々。パワーよりも切れというタイプで、府中の軽い馬場に代わるのは好材料では有る。
評価★★★

フェノーメノ馬体をみる
さすがに弥生賞時と比べると大幅に良くなっている。ステイゴールド産駒にしてはガッシリとした造りで、この辺は母系のデインヒルの血が出ている模様。肩とトモの筋肉の張りは素晴らしく、これがあの破壊力抜群の末脚を生み出しているのではなかろうか。馬体の造りから本質的には中距離馬。前走この距離をこなしているので全く問題ないが、さらに距離延長となると良さが出るタイプでは無さそう。
評価★★★

ワールドエース馬体をみる
父のディープに良く似ていて、そんなによく見せる馬ではない。馬体的にもまだまだ幼い面が目立つが、それでも皐月賞時よりは全体的に良くなっているか。毛ヅヤは明らかに良くなり、立ち姿に力強さも出てきた。馬鹿に良く見せると言う訳ではないが、有力馬の一頭として相応しい出来だろう。
評価★★★★


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
        にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/05/26 19:00 ] 馬体診断 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。