スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

四冠馬オルフェーヴルが本日帰厩。果たして彼は復活できるのだろうか・・・


オルフェーヴル帰厩

【スポニチ】オルフェ31日帰厩 池江師「悪かったら使わない」
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2012/05/30/kiji/K20120530003354500.html
 天皇賞・春で11着に終わったオルフェーヴル(牡4=池江)は31日、栗東トレセンに帰厩する。池江師は29日「前走のダメージは全身にあったけど、とりあえず入れて競馬(宝塚記念)に向かって調整する。(状態は)悪い方には行っていないし悪かったら使わない」と話した。

春の天皇賞で惨敗してしまった四冠馬オルフェーヴルが、本日栗東TCに帰厩する。
今後は6月24日の宝塚記念(G1)に向けて調整されるわけだが、管理する池江泰寿調教師のトーンは低く、何か予防線を張っているようなコメントが気になってしまった。

スポンサードリンク




天皇賞での惨敗後、池江師は敗因を問われると『馬場が合わなかった』と答えていた。
しかしそれはただの言い訳で、阪神大賞典後にしっかりと調整できなかった自らの力量不足と、池添騎手のお粗末な騎乗の2つが敗因だったのは、多くの競馬ファンが認識していると思われる。

その後は思わぬ惨敗で心に大きな傷を負ったオルフェーヴルの立て直しが求められた訳だが、この大事な作業を池江師は外厩であるノーザンファームしがらきに丸投げしてしまう。

自分の責任で馬を立て直す事をせず、いつもそういう調整パターンとは言え、外厩に大事な仕事を丸投げしてしまう池江師の姿勢に、ここのところ大レースで人気になるも悉くチャンスを逸してしまっている同師の、根本的原因を見たような気がしてならない。

心に大きな傷を負った四冠馬オルフェーヴルは、果たして人間不信を払拭し、再び走る気を取り戻しているのだろうか?私は今の彼の姿が、故障が原因とは言え、極度の不振に陥った当時の先輩三冠馬ナリタブライアンに重なって仕方がないのだが・・・。

あのような悲劇は再び見たくないだけに、宝塚記念でのオルフェーヴルの復活を私は心から願っている。


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
        にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/05/31 10:00 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。