ドナウブルー絶好調!サダムパテックもファンの期待に応えられる状態に仕上がる  ~第62回安田記念(G1)調教診断~


2012安田記念@ラッキーナイン

明日はいよいよG1安田記念。雨が心配されるところだが、午前中に少し降るものの午後前には止むとのこと。この程度ならばさほど馬場にも影響なく、悪くない状態で競馬が出来そうだ。

核となる存在はいないものの、国際G1馬7頭を集めた今回の安田記念。どの馬から入ってもそれなりの配当が望めそうなだけに、18頭の状態をしっかりと精査し馬券へ繋げたい。
スポンサードリンク




◆第62回 安田記念(G1・芝1600m)◆

ダノンヨーヨー
坂路で単走。少し外にもたれながら走る。時計は出たが見た目はそんなに良い動きにも見えず。一完歩ごとの滞空時間は増した気もするが・・・。まずまずといった感じの動き。
評価★★★

ガルボ
南Pコースで単走。一週前追い切りの方が時計は出ているが、動き自体は今週のほうが良かった。身体全体を使って躍動感溢れる走り。G1に相応しい仕上がりだと思う。
評価★★★★

グランプリボス
坂路で2頭併せの内。パートナーを先行させ後ろから追い抜く形。時計は出ており真っ直ぐと駆け上がったのは好感だが、重心がさほど沈まずスピード感もそれほど感じられない走り。時計ほどのインパクトは正直受けない。前走時より上昇はしているだろうが絶好調までとは。
評価★★★

ストロングリターン
南Wコースで3頭併せの中。3頭併走の中、追い出されるとグイっと伸びて反応した動きが良かった。全身を使えておりリズミカルな走り。間違いなく前走以上。
評価★★★★

ラッキーナイン
東京芝コースで単走。海外馬らしいチョコチョコとした回転の速いフットワーク。掻き込む方に重点が置かれたフットワークで、正直東京の高速馬場ではロスが大きいのではないか?仕掛けられてからビュッと反応しているし、仕上がり自体は良さそう。
評価★★★

スマイルジャック
南Wコースで2頭併せの外。重心が低く、首を良く使うフットワークで駆けていた。ただ前肢の伸びが今一つ。もう少し前に脚を出せれば言うこと無いのだが・・・。状態はまずまず。
評価★★★

サダムパテック
坂路で単走。終始馬なりだったが脚取りが力強く、首を良く使いリズミカルに登坂していた。高いレベルで好調をキープ。
評価★★★★

コスモセンサー
坂路で単走。テンにゆっくりと入り終いをビッシリと。回転の速いフットワークで、仕掛けられてからは重心がグッと下がり矢のような伸び。目一杯におわれても真っ直ぐと登坂していたのも好印象
評価★★★★

フィフスペトル
南Wコースで単走。大きく身体を使えていてフットワークは悪くないが、重心がやや高い。仕掛けられてもしっかりと反応しているのでそこだけが気になるところ。状態は悪くないと思う。
評価★★★

アパパネ
坂路で2頭併せの内。身体全体を使った大きなフットワーク。仕掛けられ手前を変えてからグンと伸びたのは良かった。全体時計も速く加速ラップで締めたのも好印象。大分本来の姿を取り戻してきたか。
評価★★★★

エイシンアポロン
坂路で2頭併せの内。相変わらず回転の速いフットワークで良く動く。脚取りも力強く良い状態に仕上がった。
評価★★★★

ドナウブルー
坂路で単走。身体全体を大きく使い、牝馬とは思えぬ豪快なフットワーク。最後まで加速し続けた内容も良かった。間隔が詰まっているが疲れは感じさせない。輸送で大きく馬体を減らさなければ好走も望める出来。
評価★★★★★

シルポート
坂路で単走。頭は高めだが大きなフットワークでスピード感溢れる走り。終いも好時計でまとめており、状態は高いレベルで安定している。
評価★★★★

グロリアスデイズ
東京ダートコースで単走。こちらも香港馬らしいチョコチョコしたフットワークで、一見硬さを感じさせるような走り。ただ香港馬にしてはそんなにゴツくなく、そういう意味では日本向きか。サッと流しただけなので動き自体は評価できず。雰囲気的にはマズマズといったところか。
評価★★

リアルインパクト
南Wコースで3頭併せの内。追走した分も有るが、外のストロングリターンに煽られる。フットワークは大きかったが、重心が高めなのがまだ復調途上の証か。いいとこ8分~9分の出来といったところだろう。
評価★★★

ローズキングダム
坂路で2頭併せの外。道中の行きっぷりは良いが、追われてからが案外。一週前追い切りでも追われてからふら付いてパートナーに接触していただけに、この動きは正直物足りない。全体時計は出ているが、正直『うーん・・・』と首を傾げたくなるような内容。
評価★★

マルセリーナ
CWコースで4頭併せの内。終始馬なりで内のベストクルーズを圧倒。ゴール板直前で仕掛けられると重心を低くしスッと突き放した瞬発力は中々のものだった。間隔は詰まっているが出来は更に上昇。軽さの生きる馬場ならば牡馬相手でも要注意。
評価★★★★

ペルーサ
南芝コースで2頭併せの外。シンボリエンパイアを先行させ追い掛ける形も、仕掛けられてもフワフワと遊んで反応せず。鞍上のステッキが何発か飛んでようやく真面目に走ったが、正直余り良い動きではなかった。状態はマズマズだろうが、気難しさは相変わらず。
評価★★★


■感想■

混戦が伝えられる今年の安田記念だが、その事実を裏付けるかのように調教内容の良い有力馬が何頭も存在し、点数をつけるのが少し苦労した。

そんな多士済々のメンバーの中で、一番に評価したいのは牝馬のドナウブルー。ヴィクトリアマイルでは輸送をクリアし好走したわけだが、その前走を上回るような迫力ある走りを見せている。中2週では有るが充分上昇も見込め、牝馬特有の軽さを生かせる展開になれば一発も考えられるだろう。

京王杯SCを制したサダムパテックも良い仕上がり。こちらも中2週なのでビッシリとやっていないが、躍動感溢れるフットワークは惚れ惚れした。こちらも軽さを生かす馬場の方が良いだけに、出来れば良馬場でやりたいところだろう。

注目の香港馬2頭は共に低い評価に止めた。海外からの遠征馬は調教では計り辛い面が多々有るのだが、少なくとも捌きが硬く、府中の高速馬場向きには思えなかった。中山や阪神といったパワーの求められる馬場なら何とかなるかもしれないが・・・ここは用無しと判断したい。


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
        にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL