ここはキングブレイク、レッドクラウディアを信頼! 人気のストローハットはやや不安あり  ~第17回ユニコーンS(G3)レース予想~


2011ユニコーンS

安田記念のあとに行われる同レースだが、今年は実に多士済々なメンバーが揃ったといえる。どの馬から入っても馬券が獲れそうな可能性を感じさせる重賞というのも、そう無いのではないだろうか。

安田記念同様、混戦となった東京競馬最終レース。オケラ街道をトボトボと歩いて帰る羽目にならないよう、是が非でも当てて帰りたいところである(笑)
スポンサードリンク




◆第17回 ユニコーンステークス(G3・ダート1600m)◆

 ◎キングブレイク
 ○レッドクラウディア
 ▲シンボリエンパイア
 △ストローハット
 △アンアヴェンジド
 ☆ネクタル
 ☆サンマルデューク


本命はキングブレイク。前走の伏竜Sではハタノヴァンクールの末脚に屈したが、自身は完全に勝ちパターンの競馬だっただけに、相手が悪かったというしか無いだろう。まだまだダートでは底を見せていないし、1ハロンの距離短縮も血統から考えると却って歓迎のはず。ハタノヴァンクールのいないここは崩れることは許されない。

対抗は昇竜Sで素晴らしい末脚を見せたレッドクラウディア。前走から中一週だが、疲れも感じさせず状態をキープしている。長距離輸送は小倉で経験しており、まあ大丈夫だろう。大きく馬体を減らすことさえなければ、ここでも勝ち負けに持ち込めるはずだ。

単穴はシンボリエンパイア。馬の力量もさることながら、直前の追い切りの動きが良かった。いくらズルいところを見せていたとは言え、3歳馬が古馬G1級を煽る場面は中々見られない。エンパイヤメーカー産駒はこの条件に滅法強い(通算6-0-0-3。今年に入ってからは6戦無敗)し、ここは大駆けを期待する。

連下は2頭。ストローハットは実力は申し分ないが、追い切りが動かなかったのが気になる。ズルい部分を見せてきているようで、その辺を当たりが柔らかい福永騎手が矯正できるか?まともに走れば充分馬券圏内は狙える。

アンアヴェンジドもエンパイヤメーカー産駒。前走で負かしたアメリカンダイナーが昨日古馬相手に完勝するなど、ここでも充分通用する力量は持っている。外枠を引いてしまったが、名手・内田博幸騎手なら上手くリカバリーしてくれるだろう。穴馬候補として期待したい。

特注馬も2頭。ネクタルは前走の捻じ伏せるような勝ちっぷりが良かった。血統的にも軽い府中のダートは向いていそう。追い切りは平凡だったが走れる状態には有るはずなので、ここでも引き続き期待したい。

サンマルデュークは前走芝で大敗したが、ダートに戻ればあんなことは無いはず。追ってからしぶとい末脚が武器で、直線の長い府中は向いているのでは。調子はかなり良さそうなので、一発大駆けが有っても驚けない。


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
        にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL