スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニジンスキー以来、42年ぶりの三冠馬誕生へ! キャメロットが圧倒的な強さで『ザ・ダービー』を制す





『なんなんだ!?この異次元の強さは・・・』
そう表現するしかないほど、このレースを圧勝したキャメロットCamerotは圧倒的だった。

ゴーサインを出されてからの反応。他馬とは違いすぎる圧倒的瞬発力。そしてエプソムの急坂を加速し続けながら伸び続ける無尽蔵のスタミナ・・・。私はサラブレッドの理想型に近い姿を、キャメロットに見た気がしている。

スポンサードリンク


先ごろ亡くなったばかりの偉大なるモンジューの忘れ形見キャメロット。昨年10月に行われたG1レーシングポストトロフィーで驚異的な勝ちっぷりを見せた同馬は、その時モンジューの最高傑作という呼び名と、翌年のダービー1番人気という下馬評を手に入れた。

その後無事に冬を越したキャメロットは、ダービーの前哨戦としてニューマーケットで行われたイギリス2000ギニーに登場。決して得意とは言えない道悪馬場で1番人気に推されるが、休み明けの不利を全く感じさせず、馬群を縫うように伸びて快勝。ダービーを勝つに相応しい力量を備えている事を、改めて証明して見せた。

そしていよいよ本番、233回目を迎えた伝統の『ザ・ダービー』。1.65倍というダービーの歴史上有数の単勝支持率を集めたキャメロットに跨るのは、若干19歳の若手騎手ジェセフ・オブライエン。決して経験豊富とは言えないこの若い騎手が、果たしてこれほどの人気馬に跨り平常心を保てるのか心配されたが、彼は只者ではなかった。

ダービーの2レース前、古馬のG1コロネーションCが行われたが、ジェセフはここで1番人気のセントニコラスアビーに騎乗。プレッシャーでガチガチになるどころか、悠然と後方から競馬を進め、勝負どころでは楽に進出。直線では後続馬を大きく突き放し圧勝した。大レースの緊張などは微塵も感じさせない強心臓ぶりは、さすが天才ホースマンであるエイダン・オブライエン調教師の息子だと感心させられるばかりだ。

その強心臓の若手騎手が、全幅の信頼を置いていたのがパートナーであるキャメロット。ダービー史上有数の支持を集めた怪物候補は、その支持が決して大袈裟では無かった事を自身の走りで証明する。

タッテナムコーナーを回り、最後の直線に向いたキャメロット。前の馬たちを追い掛ける彼の視界には、長い直線の最後にそびえ立つ急坂が広がっている。ジェセフは彼の末脚と精神力の高さを信じ、全身でゴーサインを送る。そのゴーサインに応え、重心をグッと下げラストスパートを開始する同馬。その時見せた爆発的な瞬発力に、私は肌が泡立つのを感じずにはいられなかった。

心臓破りの坂をモノともせず、他馬とは次元の違う末脚で先頭に踊り出るキャメロット。先頭に立ってもジェセフは決して油断せず、彼に全身全霊の激励を送り続ける。その激に応えるように、後続を更に引き離すキャメロット。彼のその姿に観客は熱狂し、声を枯らして声援を送り続ける。

多くの人々の激励と夢を乗せ、栄光への坂道を疾走するキャメロット。彼が先頭でゴール板を通過した時、その後ろには彼の影を踏めるような馬は全く存在しなかった。

シーザスターズ以来の英国二冠を圧倒的強さで成し遂げたキャメロット。レース後、同馬の共有馬主の一人で有るデリック・スミス氏は、英国三冠への挑戦の可能性を語った。もし挑戦が決定し、その上でセントレジャーを制すこととなれば、1970年のニジンスキー以来、42年ぶりの三冠馬誕生となる。

昨今はキングジョージや凱旋門賞などが優先され、半ば形骸化していた英国三冠。長距離レースの良さを知る人間としては、その価値を取り戻すキッカケとなり得る今回のキャメロット陣営の示唆は、諸手を挙げて歓迎したい。

欧州の競馬シーンは、今二頭の怪物の誕生に沸いている。マイルの怪物フランケル、クラシックディスタンスの怪物キャメロット。伝統ある欧州競馬シーンを沸かせる二頭の走りは、世界中の競馬ファンの心を湧かせることだろう。

彼らが怪我無く無事に走り続け、一日でも長く競馬ファンの心を沸かす日々が続く事を、大きく離れた日本の地から願っている。


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
        にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/06/03 20:02 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。