スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

偉大なマルゼンスキーの血を、未来へと受け継がせるための第一歩



クラグオー血統表

『日本が誇る名馬マルゼンスキーの血が、次代へと受け継がれるかも知れない・・・』
この日のクラグオーの走りを見て、そういう想いを抱いた競馬ファンも、もしかしたらいたのではないだろうか。

ホッカイドウ競馬で活躍した名馬クラキングオー。その遺児であるクラグオーが13日、門別競馬場5レースのJRA認定アタックチャレンジ競走で、2着に5馬身差をつける圧勝で見事初勝利を挙げた。
スポンサードリンク




日本競馬で一世を風靡し、多くの活躍馬を輩出してきた名馬マルゼンスキー。そのマルゼンスキーに残された唯一の直系種牡馬として、大いに活躍が期待されていたのがクラキングオーだ。

それだけに同馬が志半ばにして夭折した時は多くのマイナー血統ファンが落胆したものだが、そのクラキングオーが最後にこの世に送り出した愛息クラグオーがこの日見せてくれた走りは、名馬マルゼンスキーの血がまだ次代へ受け継がれる可能性があることを、我々に感じさせてくれるものだったと思う。

全姉のクラキンコがホッカイドウ三冠を制し、ここまで重賞6勝を挙げている事実から考えても、血統的に相当なポテンシャルを秘めていると思われるクラグオー。姉のクラキンコは母クラシャトルに似て多少早熟な感があるが、クラグオーは父であるクラキングオーの若い頃にそっくりで、父に似た奥手よりの成長曲線を辿りそうな気がしている。

そう考えると、この時期にこれほどのパフォーマンスを見せることが出来た意義は大きい。父のクラキングオーは驚異的な成長力を見せた馬なので、クラグオーも今後の成長が大いに期待できるからだ。

姉のクラキンコはホッカイドウ三冠馬に輝いた。弟のクラグオーも、この日の走りを見れば『もしかして・・・』という気にさせる。一年後、クラグオーがどれほどの活躍をしているか。今から楽しみで仕方が無い。

偉大なる名馬マルゼンスキー、そして偉大なるクラキングオーの血を次代へ伝える為に・・・。若きクラグオーが一年後、大きく飛翔していることを期待したい。


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
        にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

はじめまして
ブログ拝見しております。

私は主戦場が中央競馬のため、地方競馬については
テレビや雑誌でも数多くない情報の中から得た、
わずかな知識しかありません。

その中で、岩手のカミノヌヴォー(父カミノサイレンス?)
と北海道のクラキンコには、血統背景にも興味がありました。

認識違いでしたら申し訳ありませんが、クラキングオー
は、生命を左右する重傷を負った後に種牡馬入りしたん
ですよね。
数少ない産駒のクラキンコが活躍したことは、印象に
残っていましたが、その全弟がデビューしたわけですね。
ぜひ、心に留めておきたいと存じます。
[ 2012/06/14 20:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。