スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロードカナロアに付け入る隙は存在するか? ~第19回函館SS(G3)予想~


2011函館SS

本日の函館メインレースは、サマースプリントシリーズの開幕戦『第19回函館スプリントステークス(G3)』。ここをキッカケに飛躍を窺う11頭が出走してきた。

注目は高松宮記念で3着したロードカナロアの走りだろう。秋には日本最強スプリンターの座を狙おうとしている同馬の登場は、函館SSに対する注目を一気に引き上げたと言える。果たして同馬は我々にどのような走りを見せてくれるのだろうか?
スポンサードリンク




◆第19回 函館スプリントステークス(G3・1200m)◆

 ◎ロードカナロア
 ○ドリームバレンチノ
 ▲キングレオポルド
 △レオンビスティー
 ☆エーシンリジル
 ☆ナイアード


本命はロードカナロア。休み明けとはいえ、さすがにこのメンバー相手では負けられないか。調教量も充分。ビッシリとやられてはいないものの、本数は充分で9割方は仕上がっているだろう。ゆくゆくはG1戴冠が有力視される存在。秋の飛躍に向けてここでは負けられない。

対抗は2連勝中のドリームバレンチノ。派手さは無いが確実に伸びる末脚は魅力的。ガチッとした馬体の持ち主で、パワーが要求される洋芝も望むところだろう。調教の動きも見ても調子の良さが窺えるし、ここも3連勝は充分望める。

単穴はキングレオポルド。どちらかと言うとスピードよりもパワーを感じさせる馬体で、時計の掛かる洋芝は向いているのではないか。昇級緒戦だが素質は重賞でも引けをとらないものを持っている。調子もマズマズと言ったところだし、一発大駆けが有っても驚けない。

連下はレオンビスティー。3歳馬だが4キロの斤量差が有れば充分通用しそう。動きは絶好と言えるもので、出来の良さでどこまで食い込めるか。前走は距離が長かった印象もあるし、ベストの1200mで見直したい。

特注馬は2頭。エーシンリジルは前走2着で復調のキッカケを掴んだか。昨年の北九州記念では2着の実績を持つし、このメンバー相手でも通用する力は持っている。馬場が悪化するとどうかだが、洋芝の適性自体は持っているだろう。函館得意の藤田騎手とのコンビでどこまでやれるか。

ナイアードは追い切りの動きが良かった。6ヶ月ぶりだが動きを見る限りは仕上がっていると思われる。ここを叩いてアイビスSDが本命かもしれないが、京阪杯でも4着しているようにここでも通用する力は秘めているはず。出来の良さを生かしての一発を期待したい。


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
        にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。