怪物フランケルが、世界競馬史上最強の評価を受ける


2012クイーンアンS@フランケル


昨夜、圧巻のパフォーマンスで我々の度肝を抜いてくれたフランケル。彼が見せてくれた素晴らしい走りに対して、民間のレイティングで有名なタイムフォームが、史上最高の数値となる147という暫定レイティングを付けた事が、このたび明らかになった。
スポンサードリンク




●シーバードを超えた

タイムフォームはまず暫定のレイティングを発表した後、修正等を加えて正式なレイティングを発表する形となっている。その為、今回の147と言う数値も今後修正される可能性があるが、それでも今まで史上最高の評価を受けていたシーバードの145を2ポイントも上回っており、少なくとも146以上の評価を受けることは間違いないのではないか。

今までのタイムフォームレイティングのトップ3といえば、シーバードの145、ブリガディアジェラード、テューダーミンストレルの144というものだった。これら3頭は伝説の名馬と言うのが相応しい存在であり、この3頭を上回る評価を与えられたフランケルは、数値の上でも未来永劫受け継ぐべき名馬であるお墨付きを得たといえるだろう。


●ダンシングブレーヴ超えもあるか!?

今回タイムフォームでは歴代最強の評価を得たフランケルだが、こうなると今後は公式レイティングのワールドサラブレッドランキングが気になるところ。

ワールドサラブレッドランキングで最高の評価は、ダンシングブレーヴが凱旋門賞で記録した141。フランケルは今年緒戦となったロッキンジSで、2着のエクセレブレーションに5馬身差を付け138のレイティングを獲得している。

今回はそのエクセレブレーションに倍以上の11馬身差を付けたわけで、前回の評価と比較すればダンシングブレーヴ超えの可能性は相当高そうに思えるのだが・・・果たしてどうなるだろうか?

こちらの行方も是非とも注目したいところだ。


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
        にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/06/20 22:48 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL