スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オルフェーヴルはやっぱりイマイチ・・・ ~第53回宝塚記念(G1)調教診断~


2012宝塚記念@調教診断


グランプリ・宝塚記念がいよいよ明日に迫った。

週初めにはお天気がどうなるかと懸念されていたが、天気予報を見る限り、どうやら明日も雨の心配はしなくても良さそう。明日は良いお天気の元、春シーズンを締めくくるに相応しい熱戦を見ることが出来そうだ。

グランプリに駒を進めてきた精鋭16頭。その現在の状態をしっかりと精査したいと思う。
スポンサードリンク




◆第53回 宝塚記念(G1・芝2200m)◆

ウインバリアシオン
CWコースで2頭併せの内。道中はゆったりとした走りで、追われてから手前を変えるとグンと伸びる。走りもぶれていなかったし、非常に力強い走りで突き放して先着した。上昇一途という感じ。
評価★★★★

ショウナンマイティ
栗東坂路で単走。舌を越して走っていたが、馬場が悪いのを気にせず力強い走り。一週前追い切りでも良い動きを見せていたように、余力は充分でまさに絶好調といった感じ。
評価★★★★

ヒットザターゲット
栗東坂路で単走。後肢の蹴りが外に逃げ気味で、何かフラフラした走り。頭も高く追われてからの躍動感も皆無。道悪は駄目なのかもしれないが、正直良く見えず。
評価★★

マウントシャスタ
CWコースで3頭併せの中。最後はさすがにトゥザグローリーには遅れたが、それでもバネの利いた走りで充分良い動きに見えた。良馬場で切れを生かすタイプだけに、実戦で変わり身を見せる可能性もある。
評価★★★

スマイルジャック
南Wコースで3頭併せの外。併走馬を大きく追走する形で、直線豪快に抜き去る。いつも良く見せる馬なので大きく変わった気はしないが、体調は悪く無さそう。もう少しフットワークに柔らかさが出ると更に良いのだが。
評価★★★

エイシンフラッシュ
CWコースで2頭併せの内。いつものように追われてから豪快に先着したが、手前をコロコロと変えていたのが気になった。またいつもより若干重心が高かった気も?動きそのものは素晴らしいが、この辺が多少気になる。
評価★★★

ルーラーシップ
栗東芝コースで3頭併せの真ん中。終始馬なり程度だったが、バネの利いたリズミカルな走り。パートナーを圧倒するような凄みは感じなかったが、疲れをレースに持ち越さないように余力を持たせた調教内容に見えた。前走時で既に馬は仕上がっており、それをキープしたいという意図が感じられる。
評価★★★

アーネストリー
栗東坂路で単走。道中の走りは力強さがあり良かったが、追われてからが案外。ゴール前で躓き手前を変えていたのも良い印象は受けず。少しフットワークが小さくなっている気もする。水準くらいか。
評価★★★

ビートブラック
栗東坂路で単走。舌を越して走っていたが、特に遊ぶところは見られずしっかりと登坂。追われてからも見せ鞭が効果的だったのか、しっかりと反応して最後まで走っていた。いよいよ本物になってきたなという印象
評価★★★★

ナカヤマナイト
南Wコースで2頭併せの内。道中から行きっぷりが良く、体調の良さを感じさせる走り。フットワークはやや小さかったが、バネを感じさせるリズミカルな走りをしていた。状態はかなり良さそう。
評価★★★★

オルフェーヴル
栗東坂路で2頭併せの内。さすがに4冠馬だけあってこれぐらいの時計は軽く叩き出すが、正直良い頃の動きには程遠い。頭が高く全身を使った走りが出来ていない。元気は元気だが筋肉が戻りきっていない為に、良い頃のフットワークを取り戻せていないのだと感じた。
評価★★★

フェデラリスト
南芝コースで単走。道中も小気味良い走りを見せていたが、追われると四肢を一杯に伸ばした素晴らしいフットワークを披露。抜群の反応でグイっと伸びたのはかなりの好印象だ。間隔はやや開いたが、絶好調と言って良い動きに見えた。
評価★★★★★

モンテクリスエス
栗東坂路で2頭併せの外。脚取りそのものはリズミカルだが、前脚の出が硬いのが目立つ。馬なりのパートナーに一杯に追って何とか先着と言うのも、G1に出走する馬としては物足りない。
評価★★

ホエールキャプチャ
美浦坂路で単走。軽く気合を付けた程度だが、脚取りは力強く軽やか。前走時と同じぐらいの出来にはありそうだ。
評価★★★

トゥザグローリー
CWコースで3頭併せの内。直ぐ外のマウントシャスタもかなり良い動きを見せていたが、それを内から捻じ伏せるような抜群の動きを披露。さすがは古馬G1級と言ったところか。間隔は詰まっているが前走時よりも出来は上向いており、ここでも期待通りの走りを見せてくれそうだ。
評価★★★★

ネコパンチ
南Wコースで単走。前半飛ばした為に最後はバテたが、全体時計は悪くない。最後もバテた割にはフットワークがしっかりとしていたし、全体的な調教内容で評価すれば良い感じではないだろうか。好調をキープしている。
評価★★★


■感想■

最大の注目はやはり4冠馬オルフェーヴルの状態だろう。以前の記事にも書いたが、個人的な印象としては7割~8割の出来だと思った。全盛期のオルフェーヴルにはまだ戻っていない。これが正直なところだろう。

それは多くの競馬ファンが認識していることだろうが、それでも前売り段階で1番人気に支持されているのは、オルフェーヴルに復活して欲しいというファンの思いの表れでは。厳しい戦いが待っているとは思うが、同馬の底力に期待したいところだ。

一番良い動きを見せていたのはフェデラリストだろうか。最終追いが芝という事で不安視されているが、キッチリと負荷を掛けて来ており、その不安は杞憂に終わりそうな気がする。

この馬が走る時は追い切りにそのまま出るのだが、今回もデビュー以来最高と言えるような素晴らしい動きを見せていた。ここは相手が更に強くなるが、今の出来なら・・・と期待させるものがある。

あとはウインバリアシオン・ショウナンマイティ・ビートブラック・トゥザグローリーといった有力どころも余力十分の素晴らしい動きを見せていた。これら有力馬の動きを見る限り、今年の宝塚記念はいつもの年よりもハイレベルな争いが見れる気がしている。


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
        にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。