スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

4冠馬は磐石だが・・・あえてこの馬で勝負!?他、本日の勝負馬券(2012/3/18)


昨日はマズマズの結果だった。
今日も引き続きこの調子で行きたいところ。

ところで中山は雨が止んだらしい。
また内だけ異常に伸びる極悪馬場が出現するのだろうか?(苦笑)
これからの馬場状態の推移に注目したい。


■本日の勝負馬■

◆中京4R サラ系3歳未勝利(芝1200m)◆
 ラニカイツヨシ(上村洋行騎乗、山内研二厩舎)
人気になりそうだがこの馬で。前走は要所要所で不利を受ける厳しい競馬だったが、それでもゴール前は目を引く伸びで4着。地力の高さを感じさせた。引き続き同じ鞍上だし、枠も内目の好枠。ここは勝ってくれるだろう。

◆阪神5R サラ系3歳未勝利(芝1600m)◆
 テディービン
(国分恭介騎乗、松田国英厩舎)
前走は評判馬エロイカの2着。攻めが多少足りなかった割には良い走りを見せた。今回は一叩きされた分、さらに前進が見込めるはず。パワー型で将来はダートの方が向きそうだが、今の阪神の馬場はパワーが要るので同馬にはピッタリ。ここはキッチリ勝ち上がりそうだ。

◆中山6R サラ系3歳500万下(芝1600m)◆
 ミッキーシャイン
(横山典弘騎乗、久保田貴士厩舎)
中山マイルは内枠の先行馬が有利なのは定説。しかも雨が止んで内から馬場が乾いてくると思われる今回。2番枠という絶好条件を引いた同馬の有利差は揺るがないはず。追い切りでも絶好の動きを見せていたようだし、名手の手によって更なる高みを目指したい。

◆阪神7R サラ系3歳500万下(ダート1800m)◆
 ミレニアムゴールド
(N・ピンナ騎乗、池江泰寿厩舎)
前走は10着と大敗したが、これは序盤からハミを噛んで逃げた馬と併走状態に陥り、息を抜く場面を作れなかったから。あれが同馬の力ではないだろう。今回は好枠を引いたし、上手く行けば単騎逃げも望めそうなメンバー構成。大きく人気を落とした今回こそ狙いたい。

◆阪神9R 洲本特別(4歳上1000万下・ダート1200m)◆
 キモンレッド
(池添謙一騎乗、村山明厩舎)
前走は大敗したが、あれはマイナス16キロという大幅な馬体減が響いたもの。中間短期放牧にだして立て直してきた今回は、本来の力を発揮してくれるはず。サウスヴィグラス産駒なので、距離が1ハロン短くなるのも問題なし。大きく人気を落としているので、配当的な妙味は大きい。

◆中山10R 下総ステークス(4歳上1600万下・ダート1800m)◆
 ガンマーバースト
(大庭和弥騎乗、粕谷昌夫厩舎)
実績の割には人気していないが、これはトップハンデが嫌われたか?しかしその成績が示すように、この条件ではトップクラスの実力の持ち主。将来はオープンでもと期待しているだけに、そろそろこの条件は卒業して欲しいところ。内の先行馬が絶対有利な条件だけに先手を奪って逃げ込みを計りたい。

◆中京11R 中京スポニチ賞(4歳上1000万下・芝1200m)◆
 トゥザサミット
(上村洋行騎乗、松山康久厩舎)
昇級緒戦だが、前走勝ちの勢いを買いたい。クロフネ産駒だけに、今の時計の掛かる馬場は合っている模様。中京は差しが決まりやすいだけに、道中内でジッと脚をためて、直線で爆発させる競馬を期待したいところ。

◆阪神11R 第60回阪神大賞典(GⅡ・芝3000m)◆
 ナムラクレセント
(和田竜二騎乗、福島信晴厩舎)
普通に考えれば、4冠馬オルフェーヴルで首位不動のレース。実際筆者もまず負けないだろうと考えている。となると注目は2・3着争い。ここでナムラクレセントにも出番が出てくるのではないか。元々昨年の同レース覇者。続く天皇賞でも3着したように生粋のステイヤーである。時計の掛かる馬場も得意にしているし、今回は陣営もしっかり攻めてきた。ライバルは強力だが、配当的妙味も考えれば同馬で勝負する価値も充分有る。

◆中山11R 第61回スプリングステークス(GⅡ・芝1800m)◆
 マイネルロブスト
(武豊騎乗、高橋裕厩舎)
順当に考えれば2歳王者アルフレードで堅いレースなのだが、外枠を引いたことと鞍上が大幅に弱化したことを敬遠。内の絶好枠を引いたマイネルロブストで十分勝負になると判断した。鞍上の武豊も、ここのところ勝負が掛かったレースでは鋭い騎乗を連発。だいぶ全盛期の感を取り戻してきたように思う。時計の掛かる競馬に強いゼンノエルシド産駒だけに、本番よりもトライアルのここで勝負したいところだ。


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。