スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ディープブリランテが無事にイギリスに到着


2012_7_7ディープブリランテ

【JRA】ディープブリランテ号がイギリスに到着
http://www.jra.go.jp/news/201207/070704.html
 7月21日(土)にイギリスのアスコット競馬場で行われるキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(G1)に出走を予定しているディープブリランテ号(牡3歳 栗東・矢作 芳人厩舎)が、イギリスのニューマーケットに到着しましたのでお知らせいたします。

渋田 康弘調教助手の話
「出発前から全てが順調に進みました。ディープブリランテも落ち着いており、大人しくしていましたので、輸送もスムーズに運びました。ストールへの移動も堂々としたものでしたし、アムステルダムでの積み替えの際も違和感なく行えました。機内も快適な温度に保たれており、良い環境でした。輸送中も途中から輸送慣れしてきたのか、馬も元気になってきました。飼い葉も良く食べています。ニューマーケットに着いて馬房に入り、馬も安心したように見えます。こちらの獣医にチェックしてもらいましたが、何ら問題もありません。明日は5:30から引き運動を行い、明後日から調教をスタートします。順調でしたので、矢作調教師から預かったメニュー通りに進めていけそうです。来週の木曜日か金曜日に一週前追い切りを行い、当該週の火曜日に最終追い切りができればと考えています。」

現地時間7月21日(日本時間同日)。イギリス・アスコット競馬場で行われるG1キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスに出走するディープブリランテが、無事に滞在先であるイギリス・ニューマーケットのC.ブリテン厩舎に到着した事が7日、JRAから発表された。
スポンサードリンク

今回の海外遠征。競馬ファンの反応を見ていると、いつもより注目度がやや低い気がするのだが何故だろうか?

昔と比べて海外遠征が珍しいものではなくなったから?それともディープブリランテの実力では、本番での好走を望み辛い気がするから?盛り上がっていない大きな理由は、恐らくその2つに有るのだと思う。

確かに私も、今回の遠征はやや厳しいかなと思っている一人ではある。

日本ダービーで2400mの距離をこなしたとは言え、府中とアスコットではコースのタフさが全然違う。元々ディープブリランテ自身はややスピードが勝ったタイプの馬だけに、より一層スタミナが要求されるアスコットの2400mは、正直適性外の気がするのだが・・・。

まあ既に渡航してしまった以上、外野がゴチャゴチャ言っても仕方がない。幸いにして今回の輸送はスムーズに進んだようで、現地でも馬は元気一杯だと聞いている。懸念された輸送減りも殆ど無かったようで、この辺の馬自身のタフさには素直に感服するばかりだ。

あとは本番当日まで、とにかくスムーズに調整が進む事を祈るばかり。コース形態、立ちはだかる強力なライバルたちと条件は決して楽ではないが、良い意味で私の予想を裏切ってくれる事を期待したいと思う。


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
        にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/07/07 23:04 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。