スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ルミナスウイングが内ラチへダイブ!?


2012_7_7ルミナスウイング

【Gallop】7日の中京5Rで和田騎手が落馬負傷…8日は予定どおり騎乗
http://gallop.sanspo.com/gallop/headline/news/120708/tpc12070809330000-n1.html
 7日の中京5R新馬戦(ダ1400メートル)で、単勝1.6倍の圧倒的な1番人気に推されたルミナスウイング(栗・安田隆、牡)は、直線に入って先頭に立って後続を突き放したが、ラスト200メートル地点で急に内ラチに突進して転倒した。

 馬は異状なかったが、和田竜二騎手(35)=栗・フリー=は右上肢打撲および擦過傷、左外側大腿から下腿打撲および擦過傷と診断され、その後の5鞍は乗り替わりとなった。8日は予定どおり中京競馬で騎乗する。

ジャンプした瞬間を見た時は思わず目を瞑ってしまった・・・。
過去に同じような事故で、大怪我を負ってしまった知人の事を思い出してしまったからだ。

幸いにして、和田騎手もルミナスウイングも大きな怪我は無かったという。
完全に楽勝ムードでレースを進めていただけに関係者にとっては残念な競馬となってしまったが、まずは人馬共に無事だったことに胸を撫で下ろしたと言ったところであろうか。

スポンサードリンク

しかし、何故ルミナスウイングは内側にジャンプしてしまったのだろうか?本当のところ、サッパリ分からないというのが正直な気持ちだったりする。

ルミナスウイングがジャンプした時の姿勢を見ると、明らかに何かにビックリして内側に逃避しているのだが、何にビックリしたのかがサッパリ分からない。この時和田騎手は左ムチを入れていたので、ムチにビックリしたと言う理由はまず当てはまらない。

『ハロン棒にビックリしたのでは?』という意見もあったが、それならば外側に逃避する筈で、これも理由から除外される。また同馬は馬群から抜け出しており、外側から馬が現れた為に逃避したと言う理由も、やはり当てはまらない・・・。

恐らくは馬場にいた鳥がいきなり飛び立ったか、もしくは小動物でもいきなり現れたりしたかして、それにルミナスウイングがビックリしたのだと思うが・・・パトロールビデオを見る限りそれらも映ってないので、本当に分からないというのが正直なところだ(苦笑)

何にしてもトップスピードに乗ったところで起こった事故で、人馬共に大きな怪我が無かったのは不幸中の幸いというしかないだろう。ルミナスウイングには調教再審査が課された様だが、事故を起こした瞬間以外は実にスムーズに競馬をしていたし、直ぐに合格すると思われる。

今回は残念な結果に終わったが、能力の高さはしっかりと示したルミナスウイング。また元気な姿で競馬場に帰ってくる事を期待している。

【参考動画】中京5Rパトロールビデオ



良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
        にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/07/08 15:00 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。