スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

相談役こと柴田善臣騎手が、馬に蹴られて負傷!?


2012_7_8柴田善臣負傷

【日刊スポーツ】柴田善臣騎手が負傷で乗り代わり
http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20120708-980074.html
 柴田善臣騎手(45)が8日の福島5R終了後、下馬した際に馬に蹴られ、右大腿(だいたい)近位内側筋挫傷、右手関節打撲の負傷をし、以降のレースは乗り替わりとなった。来週以降の騎乗については未定。

日曜福島5Rのレース後に、検量室前で鞍を外していたところ、突然馬が暴れ出し蹴られてしまった相談役こと柴田善臣騎手。

一時、検量室前は騒然とした空気に包まれたようだが、幸いなことに大事には至らなかったようで、まずはホッとしたと言うのが正直な感想だろうか。

スポンサードリンク

●洒落にならない破壊力

さすがに皆さんの中には、馬に蹴られたという経験をお持ちの方は殆どいらっしゃらないと思う。

私は厩務員を10年余りやっていたので、それこそ蹴られたり、踏まれたり、前脚で叩かれ(踵落とし?)たり、体当たりされて壁に挟まれたり、引きづられたり、落馬したり・・・・と、ありとあらゆる(苦笑)ことを経験してきたつもりだが、その中でも一番嫌だったのは、やはり蹴られることだった。。。

いやねぇ・・・ホント馬の蹴りって洒落にならないんですよ(苦笑)冗談抜きで命に関わる時が有りますからね。数年前には美浦で調教師をしていた蛯名信広調教師が、頭を蹴られて亡くなられていますし・・・。

それこそ骨にヒビが入っただの、指の骨が折れただのという軽い(?)怪我などはしょっちゅうしていたものだが、大きな怪我をした経験がなかったことは、本当に運が良かったと思う。


●相談役にはゆっくりと療養して欲しいところ

柴田善臣騎手も、今回骨折などという大きな怪我をしなかったのは不幸中の幸いだったと思う。

ただ彼も40代後半を迎え、回復力も落ちてきたことは間違いないだろう。それだけにここはゆっくりと休み、しっかりと怪我を治して欲しい。若手騎手みたいに、無理の効く年齢じゃないんだからね。

まずはしっかりと怪我を治すことに専念してもらって、それからのちにあの相談役らしい、良い意味で力の抜けた騎乗を我々に見せて欲しいものだ。

何はともあれ、まずはお大事にね。相談役。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/07/10 10:00 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。