スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福永祐一騎手がアメリカンオークス(G1)に騎乗できる理由


2012_7_10福永祐一

【スポニチ】福永祐一、米G1騎乗決定に興奮「こんなに早く・・・」
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2012/07/09/kiji/K20120709003638060.html
 米遠征中の福永祐一騎手(35)が、米G1への騎乗が決まったと、フェイスブックでの自身の公式ページ内で明かした。レースは05年、シーザリオに騎乗して制したアメリカンオークス(14日、ハリウッドパーク)で、4戦2勝のレフトアメッセージ(プロクター厩舎)に騎乗する。

 福永は「こんなに早く、しかも米国の馬でG1に乗れるとは思ってもみませんでした」と興奮気味に言葉を寄せた。米オークスはシーザリオが日本調教馬初の米G1制覇を果たした、福永にとって忘れられないレース。騎乗馬は重賞初挑戦の前走・リグレットS(G3)で4着に食い込んでおり、期待が高まる。

 なお、7日はハリウッドパーク競馬場で2鞍に騎乗、5、6着だった。

現在アメリカ遠征中の福永祐一騎手。

現在彼はアメリカ・カルフォルニア州のハリウッドパーク競馬場を拠点に騎乗しているが、同競馬場で行われるG1の一つアメリカンオークスに、レフトアメッセージという牝馬に騎乗し出走することになった事を、8日自身のフェイスブックで発表した。

スポンサードリンク

●何でG1に乗れるの?

この報せを聞いてまず思ったことは、『あの成績でよく乗れる馬が見つかったな・・・』というものだった。

福永騎手は6月30日から騎乗を開始して、ここまで14戦して未勝利・・・。その中には人気馬を飛ばしてしまった鞍も何鞍も存在しており、普通だったらここまでコンスタントに競馬に乗れるとは思えないのだが・・・。

ましてや今度騎乗するのはG1である。ハリウッドパーク競馬場があるアメリカ西海岸は、アメリカの中でも騎手レベルの高いところとして有名で、腕自慢の騎手が多く集い鎬を削っているところだ。

G1ともなれば自身の腕をアピールする格好の場となるので、是が非でも乗りたいという腕達者の騎手は吐いて捨てるほどいると思われる。

そういった騎手たちを押し退け、アメリカで結果が出ていない福永騎手を乗せるというのは、果たしてどういった考えに基づいたものなのだろうか?


●優秀なエージェント

考えられる理由は2つあるだろう。まず第一に現地で彼に騎乗馬を用意しているエージェントが、非常に優秀なエージェントなのでは?ということ。

今回の福永騎手のアメリカ遠征だが、最初からかなりの乗り鞍を用意されており、今までの日本人騎手が行った海外遠征と比べてコンスタントに乗っている印象を受ける。

これは間違いなくエージェントの手柄だろう。アメリカにコネなど全くない福永騎手が、自身の力でこれだけの騎乗馬を集められる訳がないからだ。

普通見知らぬ地での騎乗となれば、乗る馬を見つけること自体が非常に難しくなるのだが・・・。福永騎手は非常に恵まれた環境(ヌルイ環境ともいえる)で騎乗していると言えよう。


●シーザリオのイメージ

もう一つの理由だが、以前福永騎手はシーザリオに騎乗し、アメリカンオークスを快勝している。その時見せたパフォーマンスは鮮烈なもので、未だに話題にのぼる事が多い。

もしかしたらこの時見せたパフォーマンスが、今回騎乗するレイクアメッセージの関係者の心に強く焼き付いているのかもしれない。

この時、福永騎手は向こう正面から先頭に立つという、実に大胆なレース振りを見せた。このレース運びは向こうの競馬でもセオリーにないもので、レース直後は良く話題に上っていた事を思い出す。

この時のレース運びがレイクアメッセージの関係者の心に強く焼き付いており、福永騎手はああいった大胆な騎乗が出来る騎手だと思われているのではなかろうか?もしかしたら、レイクアメッセージでもあのような大胆な騎乗を行い、同馬の秘めたる力を引き出してくれるのでは?と思われている可能性がある。

実際は真逆といっていいほど、消極的な騎乗をする騎手なんだけどね(苦笑)もしこれが本当に理由だとすれば、思い込みとは怖いものだというしかない。


●このチャンスを活かせるか否か

まあどんな形であれ、今回飛躍のキッカケとなるチャンスを得た福永騎手。このチャンスを活かせるか否かは、当然のことながら本人次第であろう。

今回、自分を成長させる為にアメリカ遠征という手段を選んだわけだが、正直ここまではなんら変わった面は見せられていない。このままでは今回の遠征は失敗に終わるだろう。

今、自分が置かれている環境をしっかりと自覚できれば、自分自身に何が足りないかをしっかりと自覚できる筈だと思うのだが・・・。彼がレースでどういう答えをだすか、しっかりと見てみたいと思う。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/07/10 12:00 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。