トルコ国際騎手招待で、世界の厳しさを痛感した川田将雅騎手


川田将雅

現地時間7月11日。トルコ最大の都市イスタンブールにある、ヴェリエフェンディ競馬場で行われた『トルコジョッキークラブ国際騎手招待競走』。

この競走に参加した、現在フランス遠征中の川田将雅騎手の成績が、12日JRAから報告された。
スポンサードリンク


●世界の壁は高く分厚い・・・


2012_7_12トルコ騎手招待結果
※AW=オールウェザー・トラック


招待競走での川田将雅騎手の騎乗成績は上記の表の通り。第2戦の騎乗馬が無しとなっているが、これは第1戦及び第2戦は出走馬が少なかった為に、抽選で第2戦の騎乗が無しということになったそうだ。

さて成績を見てみると・・・騎乗馬の質も関係してくるので仕方が無い面が出てくるのは確かだが、正直物足りない結果に終わった気がしてしまうところだ。

今回の結果を受けての、川田騎手本人のコメントは以下の通り。

川田将雅騎手のコメント
 「結果としては外国招待騎手チームが勝ちましたが、上位の3人がポイントを稼いだだけで、自分自身は何もできませんでしたので非常にもどかしさを感じます。レース展開も向かず、運がなかったにしてもこの結果を情けなく思っています。フランスに戻って早く良い報告ができるように改めて頑張ります。」

このコメントから自身の不甲斐無さをしっかりと自覚し、この結果に悔しさを感じていることが良く伝わってくる。これなら彼はきっと大丈夫だろう。

今回、某騎手のように他人事みたいなコメントだったらどうしようか(笑)と思ったが、しっかりと自身の現在の立ち位置を自覚しているように感じられる。普段の言動から、かなりしっかりした青年であることは分かっていたが、やはり彼が今後の日本競馬を引っ張って行く存在になりそうだ。

努力家で有名な川田騎手だけに、今回の遠征で経験した屈辱をバネに更に成長してくれるだろう。この経験はきっと無駄にはならない筈だ。

中々思うような結果が残せていない今回のフランス遠征だが、その成績以上に大きな財産を手に入れて帰国してくれる事を期待している。


※今回の詳細についてはJRAのホームページにてご確認下さい。
URL:http://www.jra.go.jp/news/201207/071203.html


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/07/12 20:07 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL