スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

素質が一枚抜けているローガンサファイア ~函館2歳S(G3)予想~


2012_7_14ファインチョイス

本日函館競馬場では、『第44回 函館2歳ステークス(G3・芝1200m)』が行われる。

ホッカイドウ競馬所属の2頭を含む、フルゲート16頭での争いとなった今回のレース。個人的な願望を述べさせてもらえば、是非ともホッカイドウ競馬の2頭で決まって欲しいところなのだが・・・(笑)

キャリアの浅い若駒たちが集った一戦。さあ、どうなるかな?
スポンサードリンク


◆第44回 函館2歳ステークス(G3・芝1200m)◆

 ◎ローガンサファイア
 ○アットウィル
 ▲トルークマクト
 △ストークアンドレイ
 △ティーハーフ
 ☆ミータロー
 ☆シーギリヤガール



本命はダイワメジャー産駒のローガンサファイア。

前走の競馬内容も中々優秀ではあるが、何よりも追い切り内容が良かった。柔らか味を感じさせる馬体をしており、ここでは素質が一枚抜けているような気がする。

先行馬も揃っており、馬場も開催最終週ということで荒れ気味。追って味のある同馬にとっては、絶好の展開になるのでは?ここは直線で力強く抜け出してくる場面を見てみたいものだ。

対抗は、前年の同レース勝ち馬であるファインチョイスの全弟アットウィル。

こちらも直前の追い切りの動きが良かった一頭。仕上がり早さという点では姉の方が上だろうが、素質は負けていないと思う。内枠で上手く脚を溜めることが出来れば、直線スコーンと抜け出す場面も充分考えられると思う。

単穴は前走でデビュー戦7着から一気に巻き返したトルークマクト。

その前走は福島での競馬だったが、かなり強い内容で勝ちあがったように思う。スピードの絶対値はかなり高そうで、ここでも充分通用する能力は持っているのではなかろうか。

420キロと小柄な馬だが、そうは見せない力強い馬体をしている同馬。気分良く走れれば、競馬ファンをアッと言わせる場面を演出してしまうかもしれない。

連下は2頭。

ストークアンドレイは函館の洋芝が有っていそうなタイプ。クロフネ産駒の牝馬は芝のスプリント戦での活躍が目立つが、同馬もその特徴を良く持った一頭だろう。追い切りの動きからも充分なバネを感じられるし、ここでも充分勝機はありそうだ。

ティーハーフはサドンストームの全弟。前走のデビュー戦を遊びながら走って勝ったように能力は高そう。今一つ調子の良くない鞍上を嫌って評価を下げたが、アッサリも充分考えられる。

特注馬はホッカイドウ競馬所属の2頭。

ミータローはDrコパこと小林祥晃氏の持ち馬。前走は最後方追走から、直線だけで4馬身の差を付けただけに、その能力はかなり高いと思われる。プリサイスエンド産駒は芝もこなす産駒を輩出しているだけに、同馬もこなせる可能性はあるだろう。一発やってくれそうな予感は、シーギリヤガールよりも強い。

そのシーギリヤガールは栄冠賞の勝ち馬。過去に栄冠賞を制した馬はその後大活躍しているように、同馬も今後の躍進が期待される一頭だ。同馬は坂路で調整されており、馬体の造りだけならJRA所属馬にも全然見劣りしない。あとは芝でどれだけやれるかだけだろう。


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。