スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マイネルスターリーを本命に推す理由とは? ~第48回函館記念(G3)予想~


2012_07_15キングトップガン@函館記念

本日、函館競馬場で行われる『第48回 函館記念(G3)』で、今年の函館開催も終わり・・・。

あっという間だったなぁ~・・・と今年の函館開催を振り返ってみると、馬券を当てた記憶がまったく無いという、我ながら酷い惨状(苦笑)と化してしまっている。。。

これじゃあまりに悲しいので、なんとか最後ぐらいは当てて笑って終わりたいものなんですけどねぇ・・・何とかならないでしょうか!?(切実)
スポンサードリンク


◆第48回 函館記念(G3・芝2000m)◆

 ◎マイネルスターリー
 ○トウカイパラダイス
 ▲コスモファントム
 △トランスワープ
 △ゴールデンハインド
 ☆ネオヴァンドーム
 ☆メイショウクオリア


本命はエプソムC好走のマイネルスターリー。

エプソムC好走の最大の要因は柴田大知騎手の好騎乗にあるのは周知の事実だが、馬自身も大分復調してきたように思う。今週の追い切りも躍動感溢れる動きで良かった。これならば一昨年の函館記念の再現も期待できるのでは。

最終週を迎えたといっても、相変わらず函館の芝は内が有利な状態。最内枠を利して上手く流れに乗れれば、必然的に掲示板の上の方に載れると思う。


対抗は前哨戦の巴賞を制したトウカイパラダイス。

ゴールドアリュール産駒らしく、前走は時計の掛かる洋芝で本領を発揮した。今回も同じコースなので、前走の再現も充分ありそうだ。

追い切りは手控えた内容だったが、中一週の競馬なのであんな感じ良いだろう。枠もちょうど良いところを引いたので、あとは鞍上の柴山騎手の手綱捌きに期待したい。


単穴は小回り巧者のコスモファントム。

先行力が売りの外国産馬なので、函館の馬場はピッタリなのでは無いだろうか。休み明けになるが状態自体はまずまずといった感じ。力量はこのメンバーなら最上位の存在なので、あとはしっかりと動ける状態に整っていれば勝負になるはずだ。


連下は2頭。

トランスワープは前走の福島テレビオープンで3着。スタートで後手を踏んで、後ろからの競馬となった時はどうなるかと思ったが、そこから盛り返しての3着だから力を付けてきたのではないだろうか。

やや硬い動きをする馬なので、時計の掛かる函館の洋芝は向いているだろう。追い切りの動きも悪くなかったし、ここは好勝負できると思われる。

ゴールデンハインドは春の天皇賞で7着。ビートブラックに早めに来られる展開で、最後まで良く粘ったといえるのではないだろうか。

やはりハナを切れば相当しぶとい馬であるのは確かで、ここも自分の競馬に徹すれば予想以上に頑張っても不思議は無い。出来もまずまずなので、馬券圏内に絡む好走を期待したいところだ。


特注馬も2頭。

ネオヴァンドームは先週の追い切りの動きだったらもう少し重い印を廻したのだが、今週の動きが案外だったので評価を下げた。ネオユニヴァース産駒なので函館の洋芝は向くとは思うのだが・・・正直半信半疑といったところ。

メイショウクオリアは、今週の追い切りが抜群に良かったのでピックアップした。元々北海道シリーズでは好走するパターンが多い馬なので、この動きならば一発有ってもおかしくないと思う。

外枠を引いたのがやや残念だが、上手く流れに乗って先行できれば、穴を開ける可能性も充分あるのではないだろうか。

【函館記念の関連記事】
 ●函館記念出走馬の前走レース動画まとめ
 ●第48回函館記念(G3)調教診断


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。