スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヨシカワクン“夜遊び”で新馬戦出走取り消し・・・他、馬小ネタまとめ(2012/07/15)


2012_07_16小ネタまとめ

ヨシカワクン“夜遊び”で新馬戦出走取り消し/スポーツニッポン

珍名馬としてデビュー前から注目を集めていた牝馬の「ヨシカワクン」。

それがレース当日に出走取り消しとなったものだから、ネット上では『どうしたんだろう?』との声が上がっていたが、まさか夜中に放馬していたことが、出走取り消しの原因だったとは・・・。

確かに放馬中に何を口に入れてるか分からないし、そのせいでもしレースに出走したあとに、ヨシカワクンから禁止薬物等が検出されたらそれこそ大問題。だからこの出走取り消しは正しいと思うけど・・・まあ、苦笑いするしかないよね(笑)

しかし馬栓棒は2本ともはまったままだったと言うし、もし馬栓棒の下を潜り抜けて出たんなら、相当身体の柔らかい仔なんだろうねぇ~。その柔軟性を武器に、もしかしたら走るかもしれないねこの馬(笑)今後も注目し続けていこっと。

スポンサードリンク


角居勝彦調教師 JRA通算400勝達成/スポーツニッポン

日本が誇るトップトレーナーである角居勝彦調教師が、現役48人目となるJRA通算400勝を達成された。開業から10年足らずで400勝を達成されたというのも凄いけど、その内重賞を44勝もしているんだから本当に凄いと思う。実に総勝ち星数の1割以上が重賞なんだからね。これは相当凄い記録だ。

テレビなんかで見るといつも控えめで、失礼だけどそれほど凄い人には見えない角居師。でも色々と話を聞いて行くと、やっぱり凄い人みたいなんだよなぁ~。

JRAに限らず調教師という人種はアクの強い人が多くて、厩舎スタッフとの間に軋轢を抱えている人は結構多いんだけど、この人はそういった話も全く聞かないし。調教技術も超一流だけど、スタッフの人身掌握術もやはり一流なんだろうね。

近年は今まで以上に勝ち星を量産している角居厩舎。角居師もまだまだ若いし、このぶんだと、しばらくは角居厩舎時代が続くだろうね。


高倉騎手がJRA100勝「これからもクリーンなレースを」/Gallop

デビュー3年目の若手ジョッキー、高倉稜騎手がJRA通算100勝を達成した。

デビュー1年目には37勝を挙げ、新人賞も獲得した若手有望株。その後も順調に勝ち星を積み重ねており、徐々に有力馬の騎乗依頼も増えてきているように思われる。

同期の川須栄彦騎手も頑張っており、同期2人でこれからも頑張っていって欲しいのだが・・・。このコメント、もしかして川須騎手をdisってる?(笑)

ま、まあ、お互い切磋琢磨することは良いことだし、これからも2人揃って頑張ってほしいと思うよ(苦笑)


2012年函館リーディングジョッキーは吉田隼人騎手に決定!/ラジオNIKKEI競馬実況web

函館リーディングといえば藤田伸二騎手のイメージが強かったのだが、今年は吉田隼人騎手が見事リーディングジョッキーの座を獲得した。

2位には三浦皇成騎手、3位には川須栄彦騎手が入り、若手騎手が上位を独占する結果に。何だかんだ言っても騎手の世界も世代交代の波が押し寄せているんだなと実感させる結果になった気がする。

吉田隼人騎手はデビュー9年目の28歳。腕は関係者の間でも高く評価されているのだが、どこか地味な騎手の印象が拭えない感じがあった。

そろそろ飛躍して欲しい騎手の一人であっただけに、このリーディング獲得が彼にとって一皮剥ける良いキッカケになれば良いのだが・・・。今後の活躍に期待したい。


時代を彩った珍名馬が最近減ったワケ/iza

まあ・・・酷い記事である(苦笑)完全に記者の主観のみで書かれた記事だろう。

そもそも珍名馬が減ったと言っているが、そんなことは全然ない。全体的にみれば以前より増えているはずだ。昔は珍名馬といえば小田切さんやマチカネの細川さんぐらいしか付ける人がいなかったが、最近は色んな馬主さんが色んな珍名をつけている。ネコパンチなんて代表的な存在ではないか。

それに大レースに臨む馬が減ったと言っているが、そもそも以前も大レースに珍名馬が出走することは珍しかった気がするが?それこそG1を勝ったのはオレハマッテルゼとかマチカネフクキタルぐらいだろう。

またこの記者さん、ディープブリランテを持ち出して反語がどうこう言ってたが、それだったら日本伝統の冠名を付けた馬はどうなるのさ?サクラローレルなんてモロ言語が混じった反語だし、サクラスピードオーみたいに『日本語⇒英語⇒日本語』みたいなグチャグチャな名前だってあるのに(笑)

それにオルフェーヴルの名前の意味が分からないなんて言ってるが、これなんか完全に勉強不足もいいところ。ちょっと調べれば父のステイゴールドと母のオリエンタルアートにちなんで付けられた名前であることは分かる筈なのだが・・・。

こんなこと底の浅い記事を書いてお金もらえるんだから、記者とはいい商売だわ。最近の産経は競馬に限らず程度の低い記事が増えたような気がするが、いよいよ駄目メディアに成り下がったのかもしれないね。


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/07/16 12:00 ] 小ネタ集 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。