スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今だ忘れえぬ歓喜の光景。南国土佐に柔らかな春の風が吹いたあの日・・・ ~黒船賞に想う~


本日、高知競馬場では『第14回黒船賞(交流G3)』が行われる。
昨年は震災の影響で、中止を余儀なくされたこのレース。
今日は多くのファンが競馬場を訪れ、春の日差しの中2年ぶりに行われるこのレースを、大いに楽しんで欲しいと思う。

黒船賞と聞くと、筆者は一つのレースを思い出す。
それは記念すべき第一回目の開催となった、1998年の黒船賞。
当時筆者は、某地方競馬で厩務員として働いていたが、レースの結果を聞いたあと軽い衝撃を覚えたのを良く憶えている。
スポンサードリンク

今思えば、この時は中々の好メンバーが揃っていた。
中央G1でも馬券圏内に絡む活躍を見せていたフジノマッケンオー、ストーンステッパー。
当時国際G2であった香港国際ボウルに遠征し、周囲をアッと言わせる2着に入ったドージマムテキ。
重賞タイトルとは無縁だったが、無事是名馬を地を行く走りでファンの多かったミスタートウジン。

地方馬に目を転じれば、今は亡き高崎競馬場が生んだ名馬で、ダービーグランプリや南部杯で2着に入る好走を見せていたヨシノキング。
当時大活躍を見せていたワカオライデン産駒の1頭で、交流G3全日本サラブレッドCを制したトミケンライデン。
東海ダービー馬で、川崎記念や名古屋大賞典でも好走したライフアサヒ。
当時の高知最強馬で、後には交流重賞でも連に絡む活躍を見せたマルカイッキュウなど、古くからの競馬ファンには懐かしい名前が多いレースだった。

そんなメンバーで行われたこのレース。
制したのは中央競馬所属馬ではなく、地元所属のリバーセキトバだった。
当時の各交流重賞は、今ほどではないものの中央所属馬が席巻していた状況。
そんな中で地方馬が、しかも少しレベルが落ちると思われていた高知所属馬が勝つとは・・・。
その報せを聞いた時、同じ地方の仲間として嬉しい反面、驚きも覚えたのを憶えている。

リバーセキトバが先頭を4コーナーで上がっていった時、実況アナウンサーは驚いたような声で彼の名を呼ぶ。リバーセキトバが先頭に立った時、実況アナは興奮にやや冷静さを失いながら、同馬の名を必死に連呼し続ける。その声に応えるように、力強い末脚で後続を引き離す同馬・・・。

リバーセキトバが先頭でゴール板を通過した瞬間は、高知競馬関係者にとっては、今でも忘れられない至福の瞬間であっただろう。今は園田に移籍し騎手を続けている北野真弘の何とも派手なガッツポーズが、その大きな喜びを物語っている・・・。

この第一回目以降、これまで全て中央所属馬が制してきた黒船賞。
果たして今年はどうなることだろうか。

あれ以来14年の年月が経ち、その間高知競馬にも様々な出来事が起こってきた。
深刻な売上不振で、競馬廃止の危機に陥ったこともあった。
しかし関係者の懸命な努力で、近年は売り上げも回復傾向にあるという。
厩舎関係者も各地に積極的に遠征を繰り返し、今では高知所属馬が各地の重賞で勝ち負けすることも珍しくなくなってきた。
今、高知には緩やかながらも追い風が吹いているのかも知れない。

立ちふさがる中央所属馬の壁は高い。
しかし15年前もまた同じように壁は高かった。
『諦めたらそこで終わり』
昔から良く言われている言葉だ。

微かな可能性が奇跡を呼ぶことを信じて。
南国土佐に、柔らかな春の風が吹くことを期待したい。




良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/03/20 13:55 ] 地方競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。