スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

来年のイギリスダービー馬? 評判馬マーズがデビュー戦を圧勝




日本でも来年のクラシックを目指し2歳戦が始まっているが、ヨーロッパでも来年のクラシックに向けて続々と若駒たちがデビューしている。

そんな中、デビュー前から大手ブックメーカーの賭けで来年のイギリスダービー前売り1番人気に推されるなど評判を集めていたマーズMarsが、7月16日にアイルランド・ダンダーク競馬場で行われた2歳新馬未勝利馬戦(オールウェザー7ハロン)に登場。

ジェセフ・オブライエン騎手を背にスタートから先手を奪うと、直線で後続を突き放し圧勝。見事デビュー戦を勝利で飾った。
スポンサードリンク


●父ガリレオ、母父デインヒルは優秀なニックス

マーズは父ガリレオ、母マサーラ、母の父デインヒルという血統の栗毛の2歳牡馬。天才調教師として名を馳せるアイルランドのエイダン・オブライエン調教師が管理する馬で、現在4連勝中で前走コヴェントリーS(英G2)を制したニューアプローチ産駒ドーンアプローチを差し置いて、イギリスダービー前売り1番人気に推されている。

父ガリレオといえば今年の英愛ダービー馬キャメロットと同じで、差し詰め『ネクスト・キャメロット』と言える存在であろうか。正直ダービー云々を語るにはまだまだ早すぎる気がしないでもないが、将来性豊かなスターホース候補の1頭として、しっかりと覚えておくのも悪くないかと思う。

今後については未定だが、9月15日に行われるナショナルS(愛G1)に登録しているマーズ。ここを順調に突破すれば、恐らくはイギリスで行われるデューハーストS(英G1)に向うことになるだろう。

父ガリレオ、母父デインヒルといえばかのフランケルと一緒の配合なので、もしかしたら距離に不安が出るような気がしないでもないが、ガリレオ・デインヒル自体が色んな距離で活躍する仔を出して入る種牡馬なので、この配合が良い方向に向けば良いな。

とりあえず来年のダービー候補の1頭として、暫くは追いかけ続けたい。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/07/19 11:00 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(1)
キャメロットはモンジュー産駒
[ 2012/07/19 22:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。