スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

超良血馬グルヴェイグが屈腱炎を発症し引退、繁殖入りへ・・・


2012マーメイドS

【日刊スポーツ】グルヴェイグ屈腱炎で引退、繁殖入り
http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20120719-986111.html
 マーメイドSを制したグルヴェイグ(牝4、角居)が右前脚の屈腱炎で引退することが19日、明らかになった。先週、患部の腫れがみられ、検査したところ症状が重かったため協議の末に現役続行を断念した。今後は繁殖入りする予定。母エアグルーヴ、半兄ルーラーシップの超良血馬で、待望の重賞初制覇を果たしたばかりだった。角居勝彦調教師は「近日中に抹消します。残念ですが、いい子を出してほしい」と沈痛な表情を浮かべていた。

今年のマーメイドステークスで重賞初制覇を果たし、秋にはG1での活躍も期待されていた超良血馬グルヴェイグだが、走る馬にとって宿命と言える屈腱炎を右前脚に発症。

完治に時間が掛かりそうなことから、現役続行を諦めて引退・繁殖入りすることが、この度管理する角居勝彦調教師から発表された。

スポンサードリンク


●言わずと知れた超良血馬


グルヴェイグは父ディープインパクト、母エアグルーヴ、母の父トニービンという血統の4歳牝馬。母はオークス・天皇賞を制した名牝で、姉にエリザベス女王杯2勝のアドマイヤグルーヴ。兄に今年のクイーンエリザベス2世Cの覇者ルーラーシップがいるという、言わずと知れた超良血馬だ。

デビュー時から素質の高さは随所に見せていたものの、昨年の3歳時は体質がパンとしておらず、2回挑戦したG1では二桁着順の大敗を喫していたグルヴェイグ。だが今年は体質がパンとした影響か、今までとは見違える安定感ある競馬で連勝を重ねてきており、秋はいよいよG1戴冠も・・・と期待されていたのだが。

これからというところでのこのアクシデントは、本当に残念でならない。


●素晴らしいお母さんになることを期待

この後は、生まれ故郷のノーザンファームで繁殖入りすることになるであろうグルヴェイグ。

姉のアドマイヤグルーヴは激しい気性が影響してか、パッとした産駒をターフに送り出せていない印象があるが、同馬はそういった気性的な懸念はあまり無いので、良い産駒をターフに送り出してくれるのではないだろうか。

ディープ産駒なのでサンデー系種牡馬は付けられないが、ノーザンファームだったらキングカメハメハなど非サンデーの選択肢も豊富だろう。個人的にはウォーエンブレム産駒なんか見てみたいなぁ~と思うのだが、あの馬に関してはそもそも牝馬に興味を示してもらわないといけないので、そこから難しいかも・・・(笑)

いずれにしても、早ければ4年後にはグルヴェイグの子供がターフに帰ってくる訳で、その時が本当に楽しみだ。果たしてグルヴェイグがお母さんになってどのような産駒を輩出するのか。彼女の子供がデビューする時を楽しみに待ちたいと思う。


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/07/20 12:00 ] お疲れ様 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。