スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レッドデイヴィスの敗因は精神的なモノ


中京記念@ブログ用1

【中京記念レース後のコメント(ラジオNIKKEI)】
11着 レッドデイヴィス(浜中騎手)
「進んで行きません。しっかり追ってないと下がってしまう感じです。それでいて、ゲートの中ではうるさい面があります。以前のいい頃のような感じがありません。実績があるだけに何とかなってもらいたいのですが…」

今年からマイルで行われることになった中京記念に、愛馬レッドデイヴィスが出走。

ここは多くの競馬ファンの支持を受けて、最終的には2番人気に推されたわけだが、レースでは全く良いところを見せること無く11着と惨敗してしまった・・・。

スポンサードリンク

●出来は悪くなかった

これだけ大敗すると『体調が良くなかったのではないか?』という声が上がってきそうだが、パドックを見た印象では、出来はそんなに悪くなかったように見えた。

馬体重は前走から8キロ減らしていたが、元々やや太めだったのが絞れたもの。デイヴィスは大体470キロ台半ばがベスト体重なので、これは全く心配いらなかった。

汗も多少かいていたが、今日の中京競馬場は曇っていたとはいえそれなりに蒸して暑かった。他馬も汗をかいている馬が多かったし、汗をかいていない方が却って良くなかっただろう。その点でも問題なかったんじゃないかな。

あとパドック周回中に落ち着きが無かったという声も出ていたようだが、元々デイヴィスはパドック周回中に落ち着きが無いタイプ。いつも担当の助手さんにちょっかい出しながら歩く馬なので、これも全然気にならなかった。今回と同じぐらい落ち着き無かった鳴尾記念では、きっちり勝利しているしね。

肌ツヤも良かったし、動きにも硬さが無かった今回のデイヴィス。出来自体は問題なかったと考えている。


●敗因は精神的なモノ?

では敗因は何なのかと問われれば、私は精神的なモノではないかと思っている。

デイヴィスは今年ここまで4戦を消化したが、一度たりとも自分の得意な条件で気分良く走ることが出来なかった。

ケチの付き始めは2月の中山記念。苦手としている道悪馬場でのレースを強いられたデイヴィスは、全く良いところを見せられずにシンガリ負けを喫してしまう。

中山記念の大敗から仕切り直しの一戦となったマイラーズカップでも、またもや当日に雨が降り道悪での競馬を強いられる羽目に。ここは何とか5着まで追い込んできたものの、決して気分良く走らせることが出来たとは言い辛かっただろう。

その次のレースであるエプソムカップも、前日の雨が残った影響で実質やや重の馬場でのレースに・・・。そして今回の中京記念も開催最終日ということにプラスして、また雨が残った馬場となってしまった。

もう、わざとやってるのか!?と言いたくなる位、この春シーズンは雨に悩まされ続けたデイヴィス。これだけ苦手な雨に祟られてしまえば、それは走ることに嫌気が差すのも当然だと思う。

雨に祟られてスランプに陥り、大成すること無く引退してしまった馬と言えばサクラホクトオーが有名だが、春シーズンのデイヴィスを見ていると、サクラホクトオーに重なって見えてしまう気がするのは、私の考えすぎだろうか?

サクラホクトオーは苦手な雨馬場での競馬を強いられた結果、精神的にダメージを受けて復活すること無く引退してしまった訳だが、デイヴィスが第二のサクラホクトオーになりはしないかと本気で心配している。

ただでさえデビュー前に去勢されるなど、気性的に難しいところがある同馬。春一連の競馬で負った精神的ダメージが、今後の競走馬生活に大きな影を落とすことがない様に祈るばかりだ。


●一から出直し

年が明けた段階では『今年はG1も』と期待されていたデイヴィスだが、その期待は木っ端微塵に打ち砕かれてしまった。

今のデイヴィスは明らかに精神的なスランプに陥っている状態なので、ここは一旦放牧に出して気持ちをリセットしてやるのが最良の選択だろう。このまま続戦しても、100%良くなることは無いと断言できる。

管理する音無調教師は『賞金を加算しないとG1を使えない』とこと有るごとにコメントしていたが、今はそんな事を考えられる状況では無いだろう。G1などという考えは一旦捨てて、それこそオープン特別からやり直すべきだと思っている。

今のデイヴィスは走ることに自信を無くし、嫌気を感じ始めている。このまま行くと取り返しの付かない事態に陥るだろう。そうなる前に一旦気持ちをリセットし、阪神や京都という走りなれた競馬場で行われるオープン特別に出走する。そして弱いメンバー相手に勝利を上げることで自信を取り戻す。これが今取り得る最良の選択では無いだろうか。

幸か不幸かデイヴィスは騙馬、否が応にも長い現役生活を送ることになる。だったら出直すつもりで一からやり直すのも有りではないだろうか?

実績ある音無師に意見するのは恐縮だが、目先のタイトルに目を奪われるのではなく、長いスパンでデイヴィスを立て直して欲しいと願っている。


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/07/22 22:10 ] 愛馬日記 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。