スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋華賞で逆転を狙うアイムユアーズ


2012_07_31クイーンS@アイムユアーズ

今年も3歳馬と古馬との激突の構図となったクイーンS(G3)。

春の牝馬クラシックで好走を続けてきたアイムユアーズが1番人気に推されたが、初めての古馬相手のレースにも全く動じず、堂々たるレース振りで完勝。打倒ジェンティルドンナに名乗りを挙げる見事な走りで、3つめの重賞タイトルを獲得した。
スポンサードリンク


●アイムユアーズの最大の長所は操縦性の高さ

当週の追い切りが素晴らしく、斤量・馬場適性にも恵まれ当然の1番人気だった3歳馬アイムユアーズ。それだけにプラス24キロと言う馬体重には耳を疑ったが、終わってみれば全くその事を感じさせない完勝だったと思う。

アイムユアーズの素晴らしいところは、能力の高さもさることながら何よりも競馬センス並びに操縦性の高さにあると思う。

普通休み明けの馬と言うのは久々のレースと言うことで気負ったり、また行きたがったりするのが当然なのだが、アイムユアーズはそういった面を一切出すこと無く、実にスムーズにレースの流れに乗れていた。

こういう非常に乗り易い馬に騎乗した騎手は、必要以上に折り合いとか気にすること無く他馬の動向に注意を向けることが出来るのだから、それは非常に乗り易いだろうし、また勝負に専念することが出来るだろう。

アイムユアーズはここまで馬券圏外になったのがオークスの4着しかないが、この抜群の安定性は間違いなく競馬センスの高さから来ていることは間違いない。


●秋華賞で二冠牝馬に一矢報いることは充分可能

ファルブラヴはここまで地味に優秀な産駒を送り出し続けているが、アイムユアーズは今までのファルブラヴ産駒の中では1番の大物であることは間違いないだろう。

今のところ牝馬三冠路線はジェンティルドンナが一歩リードしている状況だが、京都の内回り2000mは能力の高さよりも器用さを求められるコース。高速馬場にも対応でき、器用さを兼ね備えるアイムユアーズにとってはピッタリのコースと言えるだろう。

春はあと一歩でG1に届かなかったアイムユアーズだが、秋華賞での逆転劇は大いに有り得ると感じさせた今回のクイーンSであった。


●軽い馬場で切れ味を生かすラブフール

ラブフールは準オープンからの格上挑戦だったが、抜群の切れ味を発揮して僅差の2着と好走した。

元々牝馬限定のG3戦は準オープンクラスの馬が好走する事例は多いのだが、同馬もその例に漏れずに素晴らしい走りを見せたと言える。

今回同馬は上がり33秒7と言う別格の切れ味を発揮して2着と好走したわけだが、元々上がりの速い馬場で好走することが多い馬だっただけに、今の洋芝とは思えない軽い札幌の馬場が合っていたのは間違いないと思われる。

典型的な追い込み馬だけに、今回好走したからと言って次走も好走するとは限らないが、上がりの速い軽い馬場状態で出走して来たならば、ヒモの1頭には間違いなく加えたい存在であることは間違いない。


●能力の高さは示したミッドサマーフェア

3着のミッドサマーフェアには正直驚かされた。直前の軽すぎると言って良い追い切りでマイナス10キロと聞いた時は、間違いなく調整を失敗したと思ったのだが・・・あれで走られるのだから競馬は本当に奥が深いと思う。

ただ函館から札幌への直前輸送があったとはいえ、あの調整内容で大きく馬体を減らしてしまったのはやはり褒められたものではないと思う。

あの状態で好走したことで反動も懸念されるだけに、秋華賞に向けて前途洋々とはとても言えないのではないか。

秋華賞では今回と同じように京都への直前輸送が待ち受けている。今回のような状態では本番での好走はとても望めないだけに、厩舎サイドには更なる工夫が求められるところだ。


●その他有力馬の感想

5着のオールザットジャズは狭いところに入ってしまったが、直線最内から抜け出して来た時は『やったか!?』と思ったんだけどね。

一瞬は良い脚を見せれたんだけど、そこで他馬と脚色が一緒になってしまい伸びあぐねてしまった。これは休み明けの影響で間違いないと思う。一叩きされた次走は順当に狙い目ではなかろうか。

8着のフミノイマージンは斤量・休み明けが影響したのではなく、狭いところに入ってしまい全くレースに参加できていなかった。

もっとスムーズに末脚を生かす競馬が出来ていれば、掲示板は間違いなくあっただろう。ヴィクトリアマイルもそうだったけど、今回も度外視して良いんじゃないかな。

アニメイトバイオはどうにも良くなって来ない。今回も直線前が開かなくなるという不利はあったけど、それ以前に伸びる脚がなかった。

追い切りなどを見ていても思うのだが、同馬の場合は体調云々よりも気持ちが走る事を拒否しているように思える。レースに対してもう嫌気が差してしまっているんじゃないかな?

牝馬がこういう状態に陥ってしまうと、正直立て直すのは非常に困難。そろそろ繁殖入りを考えた方が良いと思うのだが・・・。

コスモネモシンはまさかの最下位。プラス20キロも勿論影響しただろうが、道中耳を絞って気負いながら走っていた。ずっとこんな状態で走っていたので、4コーナーではもうバテてしまったんじゃないかな。

如何にも休み明けで惨敗する典型的な負け方だったので、今回は度外視して一叩きされた次走はもう一度狙ってみると良いと思う。


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/07/31 12:00 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。