スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第二・第三のオルフェーヴルを期待するのは結構だが、果たしてそう上手く行くのだろうか?


2012_07_31ミツワオーロラ

【スポーツ報知】マックイーンの娘、乗馬から繁殖へ…奇跡の血が蘇る
http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20120730-OHT1T00257.htm
 昨年の3冠馬オルフェーヴルに、今年の皐月賞馬ゴールドシップ。「父ステイゴールド×母の父メジロマックイーン」の組み合わせから、2年連続でクラシックホースが生まれた。生産界にとっては、まさに黄金の配合。北海道新冠町の大栄牧場(浜口寛社長)は、生産馬で一度は手放したメジロマックイーン産駒のミツワオーロラ(牝10歳)を探し出し、繁殖として乗馬クラブから買い戻した。ステイゴールドとの種付けも、無事に成功。“奇跡の血”を求めたストーリーが動き出した(以下略)

ドリームジャーニーとオルフェーヴルの兄弟。そして今年の皐月賞馬ゴールドシップなどの活躍で生産界の注目を大きく浴びることになった「父ステイゴールドx母父メジロマックイーン」という配合。

この驚異的とも言えるニックスにより続々と活躍馬が輩出される現状に、馬産地の人たちは皆血眼になってメジロマックイーン産駒の繁殖牝馬を探しているんだろうなとは思っていたが・・・やはり予想通りの状況だったみたいである(苦笑)
スポンサードリンク


●果たしてそう上手くいくのだろうか?


まあ確かにこれだけ高確率で走る仔を輩出する配合となれば、みんなその再現を期待するのは当然だとは思うのだが、正直そう上手くいくのかなぁ~・・・と思ったりして。

というのも、オルフェーヴル兄弟の母オリエンタルアートにせよ、ゴールドシップの母ポイントフラッグにせよ、フェイトフルウォーの母フェートデュヴァンにせよ、みんな現役時代はそれなりに活躍している牝馬ばかりなのだ。

これら牝馬たちは、みんな現役時代は1000万条件を勝ち負けできるぐらいの能力を示していた。逆に言うとそれぐらいの能力を示していないと、父メジロマックイーンという血統では繁殖牝馬として生き残れなかったということも言える訳なのだが・・・。

そういう比較的能力の高い牝馬たちが、抜群の相性を誇るステイゴールドと配合し誕生したのがオルフェーヴルやドリームジャーニー、ゴールドシップと言ったG1ホースたちな訳で。

もし母親が未勝利で終わった馬たちであったら、果たして重賞はおろか1勝上げれたかどうか・・・。

これだけ成功例をバンバン見せ付けられたら、何とかしてメジロマックイーン産駒の繁殖牝馬を探し出しステイゴールドを付けたくなるのは分かるのだが・・・正直未勝利馬でそれをやるのはリスクが高すぎると私は思う。


●中小の牧場にはリスクの高すぎる賭け

これまでの産駒の大活躍で、現在ステイゴールドの種付け料は一回500万円とも600万円とも言われている。これは企業体力に乏しい中小の牧場にとっては、正直かなりリスクの大きい金額だろう。

過去にもこういった一発逆転的な生産を行い、結果失敗して潰れていった牧場はたくさんあった。今回の件もその危険を大いに孕んでいることは間違い無い。

挑戦するのは結構だが、しっかりとリスクとリターンを計算し実行して欲しいと思う。牧場が潰れてから気付いても遅いのだから・・・。


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/07/31 22:20 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。