スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遅れてきた大物ムーンリットレイク




土曜日の札幌メインTVh賞を快勝したムーンリットレイク。

緩いペースを逃げ切ったということでその評価が分かれているようだが、個人的には今後にかなり期待をもてる勝ちっぷりだったと思っている。
スポンサードリンク


●厩舎の期待馬


ムーリットレイクは父ディープインパクト、母ムーンリットダンス、母の父Sinndarという血統の4歳牡馬。

元々期待の大きかった馬で、デビュー戦を快勝後2戦目にダービートライアルのプリンシパルSを選択したことからも、同馬に掛けられていた期待の大きさが分かる。

そのプリンシパルSで惜しくもトーセンレーヴの2着に敗れると、その後は自己条件戦を勝ち上がっていくことに方針を転換。このレースまで3連勝を飾っていた。

その後不運にも骨折を負ってしまい、今回のTvh賞がおよそ8ヵ月半ぶりのレース。休み明けの影響が懸念されたが、その懸念も能力の高さで吹っ飛ばしてしまった。


●休み明けの影響も地力で吹っ飛ばす

今回スタートが良く、ハナを切ることになってしまったムーリットレイク。元々前進気勢の旺盛な馬だけにこういう展開も予想されてはいたが、蛯名騎手自身としては控える競馬を試したかったようだ。

道中は気負い気味に逃げていた同馬。1000m通過が60秒1という楽なペースだったとはいえ、あれだけ気負いながら走ってしまうと相当スタミナを消費したと思う。

実際4コーナーで他馬が迫ってきた時はやばいかなと思ったが、そこからの粘り腰がさすがだった。蛯名騎手がゴーサインを出すと、ディープ産駒らしい末脚でグイッと一伸び。

最後リヴェレンテがもう一度迫ってきたが、正直力の差を見せつける内容で先頭でゴール板を駆け抜けたと言って良いと思う。まだまだ余裕を感じさせる競馬内容だった。


●兄弟たちの無念を晴らす活躍を

これで4連勝でオープン入りを果たしたムーンリットレイク。個人的には遅れてきた大物が、ようやく表舞台に出てきた印象を受けている。

このまま一気にスターダムに伸し上るかと言われると、まだまだ幼い面も目立つだけに言葉を濁したくなるが、将来的には間違いなく重賞タイトルを獲得し、G1戦線にも名乗りをあげる逸材だろう。怖いのは故障だけだと思う。

元々この血統はかなり期待をされていたのだが、今までの産駒はみな体質的な弱さを見せるなどして大成できなかった。

ムーンリットレイクには活躍できなかった兄弟たちの無念を晴らす意味でも、今後の大活躍を期待したい。


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/08/01 10:00 ] 次代のスター候補生たち | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。