スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メジロは生き続ける…生産事業に専念。。。他、小ネタまとめ(2012/08/29)


2012_08_30小ネタ集


メジロは生き続ける…生産事業に専念 / 日刊スポーツ


昨年5月に、その44年の歴史に幕を下ろし閉鎖された名門メジロ牧場。その後、同地にはメジロ牧場の遺志を継ぐ形でレイクヴィラファームが設立され、メジロ牧場ゆかりの血を残すことの努力が続けられているそうですが、記事を読むと色々なことがあったみたいですね。

記事の中で印象的だったのは、岩崎義久氏が呟いた次の一言。

『メジロの血を走らなくしたのは、自分たちの育成のせいだったのかもしれない』

過去には日本屈指のオーナーブリーダーとして隆盛を誇ったメジロ牧場でさえ、人間が舵取りを少し間違えただけで没落し閉鎖に追い込まれると言う厳しい現実。私は競走馬生産に関しては門外漢ですが、つくづく厳しい世界だなと思いました。

メジロ牧場がレイクヴィラファームと名前を変え、約1年が経ちました。その1年の間に行われた改革は着実に身を結びつつあるようです。

先日はディープインパクト産駒の大物と評判になったサトノノブレスが、新潟の新馬戦で評判に違わぬ勝ち方を見せ、来年のクラシックへ名乗りを挙げる結果になりました。同馬はメジロ牧場名義としては最後の世代の生産馬となるようですが、必然的に『新生メジロ牧場』と言って良いレイクヴィラファームを、引っ張っていく様な存在になるでしょう。

日本の競馬界に旋風を巻き起こし、歴史に確固たる名を刻み込んだメジロの血。その血をもう一度競馬シーンの表舞台に復活させるべく、レイクヴィラファームの挑戦が始まっています。
スポンサードリンク


JRA札幌競馬場でプレミアムトークショーが行われる / 競走馬のふるさと案内所


26日の札幌競馬場で、社台ファーム代表の吉田照哉氏とマイネルの岡田繁幸氏のトークショーが行われたそうですね。

元々昔からプライベートでも親しい友人同士として有名なお二方。色々と派手にぶち上げる岡田氏と、それに突っ込みを入れる吉田氏という関係はある意味定番になりつつ有りますが、今回もそういった場面が見られたようで何よりです(笑)

今回のトークショーでは必然的にアイルハヴアナザーの話題が中心になったようですね。相変わらず岡田氏は熱く語っていたようですが、吉田氏の『岡田さんは最初の3年間くらいは熱い。今日の言葉を忘れずに4年後を楽しみにしてください』という言葉には笑ってしまいました。

吉田氏の言うように、4年後を楽しみにしたいと思います(笑)


トレーニングセールの需要増加か / 東スポweb

確かにトレーニングセールの需要は年々高まっていますけど、『高額馬が歓迎される時代は終息を迎えつつある?』というのは言い過ぎのような気がしますね。

そもそも高額馬の需要が減ってきているのなら、今年のセレクトセールの好況は有り得なかった筈ですから。

確かにリスクの少ないトレーニングセール出身馬の需要は年々高まっていますけど、まだまだ大レースなどで活躍を見せた馬はほんのごく僅か。馬を所有する以上、クラシックなどの大レースを制する夢を見たいという馬主さんは多数存在しますから、そういった夢を託す馬はやはりセレクトセールで購入するという流れはまだまだ続くと思います。

要は棲み分けが為されて来ただけなんでしょうね。リスクを極力減らし末永く馬主を続けたい方はトレーニングセールを重視し、クラシックなど大レースへの夢を見たい方はセレクトセールを重視する。ただそれだけなんじゃないですかね?


障がい者乗馬の実演など 「サンクスホースデイズ」 / 日高報知新聞

馬に親しむ・感謝することを目的とした「サンクスホースデイズ」が26日・27日の二日間、浦河町で開催されたそうです。

以前から栗東の角居勝彦調教師が、馬のボランティアに関することに力を入れているとは聞いていましたが、この「サンクスホースデイズ」に関わっていらしたんですね。この日もボランティアの一人として、参加していた知人曰く『オーラを消して(笑)』色々と動いていらしたそうですが、さすがだなと思いました。

以前に比べれば日本もだいぶ馬に接する機会は増えたと思いますが、それでもまだまだそういう機会が少ないのが現状。こういったイベントを通じて、もっと馬が身近になれば良いのになと強く思います。

馬というのは非常に賢く、それでいて愛嬌のある素晴らしい動物。この素晴らしい馬たちがもっと身近に感じられるような日本になって欲しいと願わずにはいられません。


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/08/30 12:00 ] 小ネタ集 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。