スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダート王スマートファルコンがまさかの電撃引退。社台SSで種牡馬に


2012_09_05スマートファルコン引退

【スポニチ】ファルコン、引退 左後肢飛節腱しょう炎が慢性化
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2012/09/05/kiji/K20120905004043080.html
 交流重賞9連勝を飾るなどダート交流重賞の帝王として君臨したスマートファルコン(牡7=小崎)が引退することが4日、分かった。左後肢飛節の腱しょう炎が慢性化したため。今後は北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬となる。

 ファルコンは07年10月、東京の新馬戦でデビュー勝ち。芝のジュニアCを勝ち、皐月賞にも出走(18着)したが、このレースを最後にダートに専念。08年8月の小倉・KBC杯を勝つと、地方競馬場での交流重賞に活躍の場を求め、08年浦和記念から09年さきたま杯まで6連勝。10年JBCクラシックから今年の川崎記念にかけても武豊とのコンビで9連勝を達成。タイキシャトル、テイエムオペラオーの重賞8連勝を破る新記録を打ち立てた。交流重賞19勝、うちG1は6勝。今年3月のドバイワールドC10着がラストランとなった。

 ◆スマートファルコン 父ゴールドアリュール 母ケイシュウハーブ(母の父ミシシッピアン)牡7歳 栗東・小崎厩舎所属 馬主・大川徹氏 生産者・北海道静内町岡田スタッド 戦績34戦23勝 総獲得賞金9億9073万6000円。

最初に一報を耳にした時には、さすがに信じられませんでした。。。

日本が誇るダート王スマートファルコン、まさかの現役引退、種牡馬入り決定です。

スポンサードリンク


●戦慄を覚えた東京大賞典での走り

スマートファルコンは父ゴールドアリュール、母ケイシュウハーブ、母の父ミシシッピアンという血統の7歳牡馬。1999年の東京大賞典を制したワールドクリークの半弟で、兄弟でダート界の頂点を極めたことになりますね。

スマートファルコンといえば初G1制覇となった2010年のJBCクラシックが有名ですが、個人的にはそれよりもその年の終わりに行われた東京大賞典の方が印象に残っています。

JBCクラシックで逃げ戦法に開眼したスマートファルコンは、この日も『来るなら来い!』といった感じで序盤から先頭に立ちます。

最初の600m通過が34秒8、1000m通過が58秒9という芝並みのペースで逃げるスマートファルコン。さすがに飛ばし過ぎじゃないかと心配になりましたが、当のスマートファルコンと武豊騎手は実に涼しい顔で飛ばして行きます。

勝負どころの4コーナー、馬なりのまま後続を引き離しに掛かるスマートファルコン。この時の姿には痺れましたね。最後の直線に入り後続をさらに引き離すスマートファルコン。フリオーソやバーディバーディなどが必死に追いすがりますが、力の差は歴然としていました。

そのまま余裕に姿でゴール板を通過したスマートファルコン。そして電光掲示板にはダート2000mの日本レコードとなる2分00秒4という驚異的なレコードタイムが。馬場の軽いJRAの競馬場ならまだしも、砂の深くタフな大井の馬場でこの時計が出るとは・・・。

それまでのレコードタイムは2006年の帝王賞で、アジュディミツオーがカネヒキリとの死闘の末に叩き出した2分2秒1。ある意味これが大井競馬場2000mにおける至高の時計だと私は考えていたので、それを超える時計が計時されたことには本当にビックリしましたし、覚醒したスマートファルコンの規格外の強さには、本当に身震いを覚えました。

誰かが同馬の事を評して『砂のサイレンススズカ』と言っていましたが、個人的には言い得て妙だと思いました。挑んでくる者全て受け止め叩き潰す・・・彼こそまさに稀代の名馬だったと思います。


●種牡馬入りしても彼らしい姿で

今後は社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることになったスマートファルコン。父のゴールドアリュール最初の後継種牡馬として重宝されそうですね。

同馬はダートのイメージが強烈ですが、3歳時には芝のオープン特別であるジュニアCで勝利を上げています。元々スピード豊富で芝でもそこそこやれたであろう馬だけに、父の後継種牡馬としてそれなりに頑張れるのではないでしょうか。

今の日本の馬産はダート馬には厳しい世界ですが、あえてその厳しい世界で戦う事を挑んだスマートファルコン。競馬ファンには『スマファル師匠』、『スマファルさん』と呼ばれ親しまれた彼ですが、種牡馬の世界でも現役時代と同じように、彼らしい確固たる地位を確立して欲しいと思います。

ともあれスマファルさん、お疲れ様でした。


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/09/05 12:00 ] お疲れ様 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。