スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3度目の正直なるか。戸崎圭太騎手がJRA新規騎手試験に挑戦


2012_09_10戸崎圭太

【デイリー】大井・戸崎が3度目の挑戦 JRA試験
http://www.daily.co.jp/newsflash/horse/2012/09/10/0005368083.shtml
 地方競馬No.1ジョッキーの戸崎圭太騎手(大井・香取和)が10日、JRA新規騎手免許試験の願書をJRAに提出した。

 05年、昨年に続き3度目の挑戦。1次試験は10月3日に行われ、合格すれば13年1月28日から30日にかけて行われる2次試験へと進む。

 1次試験をクリアできなかった昨年の無念さは消えていなかった。「自分の中で納得がいかない部分があった。あきらめ切れない気持ちが今回の挑戦につながった」と熱い心情を吐露した。以前は地方所属の騎手は、中央競馬での年間の勝利数実績などで1次試験を免除される特例があったが、現在は廃止されている。

「ずっと準備だけはしてきた。1回だけで終わるのではなく、道がある限りは改めて挑戦したい」。3度目の正直で不屈のチャレンジが実るか。

大井競馬所属の騎手であり、名実共に地方No.1ジョッキーである戸崎圭太騎手が10日、JRA新規騎手免許試験の願書を競馬会に提出したそうです。

昨年、一次試験で不合格となったあとは『先の事はちょっと考えられない』とコメントし、明らかに落胆していた戸崎騎手。その後はこの事に関しては口を閉ざしており、どういう考えに落ち着いたのかなと思っていましたが、やはり夢は諦めきれないようですね。

戸崎騎手にとって3度目の受験となる今回。彼の望むような結果が出ることを、是非とも期待したいところです。


スポンサードリンク

●地方のトップジョッキーにとって失礼な制度

しかし地方の騎手がJRAの騎手試験を受験するたびに言われる事ですが、なぜ地方競馬で確固たる地位を築き、誰も異を唱えることが出来ない程の実績を挙げた騎手が、まだデビューもしていない騎手候補生と同じ試験を受けなければならないのか・・・。相変わらず理解に苦しみますね。

第一、この試験をパスしなければJRAの競馬場で騎乗できないと言うのなら、そもそも特指戦などでJRAの競馬場に来場した時に、他のレースに騎乗出来ること自体がおかしい訳で・・・。毎度の事ながら不可解な制度だと言わざるを得ません。

これは戸崎騎手だけの話しでは無いですが、地方競馬で確固たる地位を築いた騎手たちに、デビュー前の騎手候補生たちと同じ待遇を強いるのは、非常に失礼な行為ではないでしょうか?彼らの実績を無視するに等しい訳ですからね。

だいたい戸崎騎手以上、もしくは同等程度の騎乗技術を持った騎手が、果たしてJRAに何人存在しているのか?個人的にはJRA生え抜きの騎手で、明らかに戸崎騎手と同等以上の技量を持っていると言える騎手など、片手に満たないとすら思っています。

本来であればJRAのトップ騎手並の待遇を持って迎えるべき人材を、意味の分からぬ試験で排除しようとするとは・・・。競馬会も本当に馬鹿だなぁ~と思います。色々な意味でね。


・・・まったく、ぬるま湯に浸かりきった連中ばかりの騎手会の圧力なんて、競馬会も無視すれば良いのにねぇ。。。(ボソ


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/09/10 22:38 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。