スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大物の雰囲気を漂わせるメイケイペガスター



2012_09_11メイケイペガスター

9月9日の阪神5Rで行われた2歳のメイクデビュー阪神(芝1600m)。

このレースを制したのは、1番人気に支持されたフジキセキ産駒メイケイペガスターでした。

スポンサードリンク


●過去最速の末脚


勝ったメイケイペガスターは父フジキセキ、母ストームホイッスル、母の父ブライアンズタイムという血統の2歳牡馬。

母のストームホイッスルは2戦して未勝利で終わったものの、その兄弟にはオープン特別2勝のペニーホイッスル、兵庫ジュニアグランプリを制したモエレソーブラッズがおり、母系はある程度の仕上がり早さと短いところ向きのスピードを内封している。

そこにサンデー系の中でも短距離志向の強いフジキセキを配合することにより、スピードと切れ味に更に磨きがかかった印象を受けました。

事実、今回メイケイペガスターが直線で見せた瞬発力は、ダノンシャンティやキンシャサノキセキといったフジキセキ産駒の一流馬に通ずるモノで、同馬の今後の成長が非常に楽しみですね。

血統的にはやや短距離志向が強いメイケイペガスターですが、デビュー戦を見る限りでは気性的に抑えが利いており距離の融通は利きそうです。古馬になってからはどうか分かりませんが、少なくともNHKマイルCぐらいまでは、マイルも充分こなせるでしょう。

今回メイケイペガスターが使った上がり33秒0の脚は、阪神外回りのマイルで行われた2歳新馬戦では過去最速のモノ。

個人的にこの血統には縁があるので、今後の成長を楽しみに見守って行きたいですね。


 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
競馬ブログランキングに参加しています
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/09/11 12:00 ] 次代のスター候補生たち | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。